就任初日、性自認または性的指向に基づく差別防止・撤廃に関する大統領令 エイズと社会ウェブ版538

 バイデン大統領は就任初日の1月20日、17本の大統領令、大統領覚書に署名しました。米国の大統領が就任早々、これほど多くの行政文書に署名をしたのは初めてだそうで、脱トランプの姿勢を鮮明にしました。当然のことながら、すでにたくさんの報道がなされていますが、ここでは17行政文書の一覧が載っているAFP通信の日本語版を紹介しておきましょう。 

www.afpbb.com

《署名された大統領令の中には、連邦政府の施設でのマスク着用義務化、イスラム教徒が多数を占める国々からの入国禁止の解除、環境保護新型コロナウイルス対策の強化、メキシコとの国境の壁建設の中止、連邦政府における民族的少数派の多様性と平等性の拡充するための取り組みなどが含まれた》

 

 英文ですが、ホワイトハウス公式サイトのブリーフィングルームのページには1月20日付けで《Executive Order on Preventing and Combating Discrimination on the Basis of Gender Identity or Sexual Orientation》(性自認または性的指向に基づく差別防止および差別との闘いに関する大統領令)も載っています。 

www.whitehouse.gov

 

 HIV/エイズ対策にも関わることなので、部分的に日本語仮訳を作ってみました。ちょっとだけ紹介しておきましょう。あくまで私家版です。誤訳もあり得るので何かの参考にするときには、できるだけ英文も確認してください。

 

セクション1 ポリシー 誰であるか、誰を愛しているかに関わりなく、すべての人が尊敬と尊厳を持って扱われ、恐れを抱くことなく生きることができなければならない。子供たちはトイレや更衣室の使用、および学校スポーツに関し、アクセスの拒否を心配せずに学べなければならない。大人は、生活または服装が性別に関する固定観念に適合していないことを理由に解雇、降格、不当な扱いを受けないということを知ったうえで、生計の手段および職業の選択ができるようになっていなければならない。性自認性的指向に関わりなくすべての人が法の下で平等に扱われなければならない。

 

(注というか感想)こういうポリシーが大統領自身によって、就任初日にきちんと明示されることは大切ですね。

 

セクション2 性自認または性的指向に基づく性差別禁止の実施体制

(a)各機関の長は、可能な限り迅速に、かつ必要に応じて司法長官と協議し、既存のすべての命令、規制、ガイダンス文書、ポリシー、プログラム、およびその他の機関行動の確認を行う:

 (1)タイトルVIIまたは性差別を禁止する他の法令または規制に基づいて公布され、または政府機関によって管理されているもの(政府機関自身のコンプライアンスに関するものも含む)。

 (2)この命令のセクション1に記載されたポリシーと矛盾または矛盾している可能性があるもの。

(d)この命令の日付から100日以内に、各機関の長は、必要に応じて司法長官と協議し、適用される法律と一致するかたちでサブセクション(b)および(c)に従って機関が特定した行動を実行する計画を作成する。

 

 (またしても注というか感想)ここでも「最初の100日」が出てきました。いまは米国でも新型コロナウイルス感染症COVID-19対策が最優先でしょうが、そうした中でHIV/エイズ対策に関連する政策方針がどんなかたちで打ち出されるか(例えば、グローバル・ギャグルールの撤廃など)。この辺りにも注目しておきたいと思います。

 

罰則より納得を 『感染症法等の改正』に対する見解 エイズと社会ウェブ版537

 日本エイズ学会の公式サイトに1月18日付けで『感染症法等の改正について』とする見解が示されています。

 https://jaids.jp/

 こうした見解を示したことは、評価したいと思います。ただし、どうも持って回った言い方が気になります。日本医学会連合などが先に声明を出してしまったので、出遅れ感から歯切れが悪くなったのかもしれません。こういうものは先に出そうが、後から出そうが、考え方をはっきりと示し、立場を明確にする必要があると個人的には思うのですが、いかがでしょうか。

 参考までに、PDF版の本文はこちらで読むことができます。

https://jaids.jp/wpsystem/wp-content/uploads/2021/01/99b5ffff1e3989dc4e1ce423a95ded0a.pdf

 

 私は感染症の専門家というわけではまったくありませんが、HIV/エイズに関する取材は新聞記者として一応、長期にわたって続けてきました。いわば「いたずらに馬齢を重ね、ひねた門前の小僧」のような、つまり吹けば飛ぶような存在ですが、感染症法改正の経緯については多少の知識もあります。長いけれど、乏しくもあるその経験からすると、感染症の流行に対しては罰則ではなく、医療の提供を含めた支援こそが基本になるべきだと考えます。

 パンデミック期には感染への不安や恐怖の感情が社会に広がります。そうした感情を克服し、効果的かつ妥当な対策をとるためには、感染症に苦しむ人を排除し、社会的により苦しい立場に追い込むのではなく、治療が必要な人には治療を提供し、対策への協力をお願いしたい人たちには安心して協力をすることができるような条件を整え、支援を提供することが必要です。そうしなければ、社会を構成する多様なプレイヤーが理解を広げ、対策に協力することもできなくなってしまいます。

 ここが踏ん張りどころです。罰則化に反対ですというエイズ学会としての意図は、他の組織に判断の下駄を預けたような難解な声明からも、工夫して読もうと思えば、読み取ることができます。これからは、その趣旨を分かりやすく伝える努力を重ねていくことを、末端の会員としては期待しています。

 なお、日本医学会連合、日本公衆衛生学会・日本疫学会の声明も参考までに紹介しておきましょう。

日本医学会連合『感染症法等の改正に関する緊急声明』
https://www.jmsf.or.jp/news/page_822.html

日本公衆衛生学会・日本疫学会『感染症法改正議論に関する声明』
 https://www.jsph.jp/files/seimei20210114.pdf

 

 

 

 

 

エイズ対策史をエピソードで綴る エイズと社会ウェブ版536

 HIV/エイズ関連の情報をまとめた特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議のTOP-HAT Newsは、東京都の委託を受け、2006年6月に第1号が発行されています。今年は15周年ですね。最初はけっこう跳び跳びの発行でしたが、2008年9月の第10号から隔月刊、2010年4月の第20号からは月刊となって現在に至っています。
 毎号の巻頭に掲載されている「はじめに」では、その時点のHIV/エイズ分野の重要テーマや注目の話題を取り上げ、解説してきました。その「はじめに」を集めて紹介しているのがウェブサイトTOP-HAT Forum(HIV/AIDS談話室)の資料室欄に設けられている《「はじめに」で綴るエイズ対策史》のページです。

 http://www.tophat.jp/material/d.html

 15年の重みと言いますか、その時、その時の関心に基づいて取り上げてきたレポートも、振り返って見ると、積もり積もって「エピソードで綴るエイズ対策史」を形成する内容になっているのではないかと思います。
 これまでに、その1(2006年6月~11月)から、その15(2013年8月~11月)まで掲載されていので、ぜひご覧ください。

「ギャグ」はもう終わりにしたい Oneside / Noside45

 20日に行われる米大統領就任式は2万1000人規模の州兵が投入され、厳重警戒にあたるようです。 

www.sankei.com

 いったいどこの国のニュースなの?と疑いたくなることも、最近は珍しくなくなってしまいましたね。当日はどうなることやら。
 現代性教育研究ジャーナルNo118(2021年1月15日発行)の連載コラムOneside / Nosaide第45回のタイトル《「ギャグ」はもう終わりにしたい》も、米国の政権交代に関連した話題です。
 

www.jase.faje.or.jp

 

f:id:miyatak:20210116130542j:plain

 12ページに掲載していただきました。本当に最後ぐらい穏やかな政権交代であってほしいとささやかながら希望しておきます。

トップリーグは開幕延期

 ラグビートップリーグはすでに開幕2試合の中止が決まっていましたが、さらに他の3チームでも14日、新型コロナウイルス感染症COVID-19の検査で選手やスタッフの陽性者が確認されていることが発表されました。
 このため16日(土)と17日(日)に予定されていた第1節の試合はすべて中止となり、開幕日も延期されるということです。残念ではありますが、致し方ありません。 

www.top-league.jp

《本日時点で、新たにトップリーグ所属チームの選手・スタッフ計18名(NECグリーンロケッツ3名、神戸製鋼コベルコスティーラーズ10名、東芝ブレイブルーパス5名)の新型コロナウイルス感染症陽性者が確認され、現状況では選手、関係者の安心・安全を守った上での大会開催が困難であると判断しました》

 
 大会はフォーマットを変更して行われる方針で、《代替フォーマットおよび開幕日は、現在関係者と調整中であり、決定次第お知らせいたします》ということです。

 この状態だと、3~4週間の延期ではちょっと難しそうですね。2月中に開けるかどうか。選手には万全の体調管理で臨んでもらい、末端のファンは再開の日をゆっくり待つことにしましょう。
 それにしても・・・。こうなると大学選手権の準決勝、決勝も、よく開けたなあと改めて感じると同時に、好試合を展開した選手、およびスタッフの皆さんの努力に改めて感謝したいと思います。

 

ラグビー・トップリーグ、第1節2試合が中止に

 ラグビートップリーグはいよいよ1月16日(土)に開幕します。待ちに待った・・・と思っていたら、3チームで新型コロナウイルスの集団感染が確認され、第1節(16、17日)に予定されていた8試合のうち2試合の中止が決まりました。
 

www.top-league.jp


 《ジャパンラグビー トップリーグは、第1節 トヨタ自動車ヴェルブリッツ vs サントリーサンゴリアス(1月16日(土)/豊田スタジアム)、リコーブラックラムズ vs キヤノンイーグルス(1月17日(日)/駒沢オリンピック公園陸上競技場)の2試合の開催中止を決定しましたのでお知らせいたします》
 《本日までにトヨタ自動車ヴェルブリッツにて13名、サントリーサンゴリアスにて7名、キヤノンイーグルスにて24名の新型コロナウイルス感染症陽性者が確認され、各チームに於いて試合開催に必要な体制が整わないことから、ジャパンラグビー トップリーグ チェアマン 太田治は、関係者と協議の上、2試合の開催中止を決定しました》

 

 残念ですが、致し方ありません。ここは流行の拡大防止を優先させましょう。同時に、感染した方を非難するようなことは避け、隔離や自粛という試練の時期を過ごす選手やスタッフの皆さんを静かにそして暖かく応援する気持ちを持ちましょう。

 感染は誰にも起こり得ます。その起こり得る事態を避けるための努力は必要ですが、同時に感染は罪でも罰でもありません。感染した人が罰則を受けるのではなく、必要な治療やケアが受けられる社会でなければならない。流行の拡大期には不安のあまり、そうした当然のことが忘れられてしまうこともあるかもしれません。だから忘れないようにしよう。トップアスリートへの応援は「不安が拡大をほしいままにすることを防ぐ」という意味もあります。困難な時間を過ごしている人たちを気づかうことも、流行と闘うための大切な行為ではないかと思います。

天理強し 堂々の初優勝

 全国大学ラグビーフットボール選手権の決勝が11日、国立競技場で行われました。結果は日本ラグビーフットボール協会の公式サイトでご覧ください。 

www.rugby-japan.jp

 今年の天理大学は強かったですね。8月には新型コロナウイルス感染症COVID-19の集団感染という試練に直面し、9月9日に大学が終息宣言を行うまで、選手たちは隔離や経過観察で練習もままならない日々が続いたようです。 

www.tenri-u.ac.jp

 その試練を乗り越え、関西リーグで優勝し、さらに大学選手権では、準決勝で明治、決勝は早稲田と、関東の強豪校に圧倒的な力の差を見せつけて初優勝を飾っています。
 本日は恐ろしく寒い一日でしたが、テレビ観戦で決勝戦をたっぷり楽しませていただきました。両チームの選手たち、そして首都圏に緊急事態が宣言される中で、コロナ対策に万全を期しつつ、試合実施を決断したラグビー協会の皆さんにも感謝します。