読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CDC HIVの基礎知識 検査

 こちらは米疾病予防管理センター(CDC)のサイトから。HIV検査基礎知識。 

www.cdc.gov

 『HIVに感染しているかどうかを確認する唯一の方法は検査を受けることです。CDCは13歳から64歳までのすべての人に健康管理の一環として、少なくとも一度はHIV検査を受けることを推奨しています。自らのHIV感染の有無を知ることは、自分自身とパートナーの健康状態を保つための重要な情報になります。このセクションでは利用可能な検査の種類とその検査が受けられる場所、検査の結果、予想されることなど、HIV検査に関し最もよくある質問に答えます』

 

HIV検査101』というPDF版もあります。『101』は入門講座といった意味でしょうか。

f:id:miyatak:20170503205315p:plain

以下、日本語仮訳

 

HIV検査101

現在のHIV検査の多くは、迅速かつ無料で痛みもありません。

 

検査は受けるべきですか?

 13歳から64歳までのすべての人は少なくとも一度は検査を受けるべきです。

 ・性的に活発なゲイ、バイセクシャル男性はもっと頻繁(3~6カ月ごと)に検査を受けた方がいいでしょう。

 ・妊娠しているか、妊娠予定の人は、赤ちゃんを守るためにできるだけ早く検査を受けて下さい。

 ・以下の人は少なくとも年に1回は検査を受けるべきです;

     -性的に活発なゲイ、バイセクシュアル男性

  -HIV陽性のパートナーとセックスをした人

  -最後にHIV検査を受けた後で1人以上の相手とセックスをした人

  -薬物注射の針や用具を共有した人

  -薬物やお金を得てセックスをした人

  -他の性感染症や肝炎、結核にかかっている人

  -上記該当者とセックスしたか、過去の性体験が分からない相手とセックスした人

 

 検査はどこで受けられますか。

 主治医に尋ねるか、以下の方法で近くの検査サイトを探して下さい。

 ・gettested.cdc.gov を見る。

 ・郵便番号でKNOW IT (566948)を探す。

 ・1-800-CDC-INFO (232-4636)に電話する。

 検査所の多くは無料、匿名です。また、薬局やオンラインで自己検査キットを購入することもできます。ほとんどのHIV検査は健康保険でカバーされます。

 

 検査結果が陰性だったら

 ・それでもHIVに感染している可能性は残ります。「ウィンドウ・ピリオッド」について主治医に尋ねて下さい。HIVに感染しても検査では陽性と出ない期間です。

 ・陰性を維持するために、HIV予防策をとりましょう。

  さらに詳しい情報は www.cdc.gov/hiv/basics で。

 

検査結果が陽性だったら

確認検査を受けることになります。

HIV感染を知るのは恐ろしいかもしれません。しかし、きちんと対応すれば健康な日々を過ごすことができます。

HIVに感染していたら、すぐに治療を始めます。HIV治療により何年も健康な状態で暮らし、他の人にウイルスが感染する可能性も減らすことができます。

 さらに詳しい情報は www.cdc.gov/HIVTreatmentWorks で。

 

 詳細情報は www.cdc.gov/hiv でご覧下さい。

 

 

CDC HIV Basics Testing

https://www.cdc.gov/hiv/basics/testing.html

 

The only way to know for sure whether you have HIV is to get tested. CDC recommends that everyone between the ages of 13 and 64 get tested for HIV at least once as part of routine health care. Knowing your HIV status gives you powerful information to help you take steps to keep you and your partner healthy. This section answers some of the most common questions related to HIV testing, including the types of tests available, where to get one, and what to expect when you get tested.

 

 

HIV Testing 101 

Many HIV tests are now quick, FREE, and painless.

 

Should I Get Tested For HIV?

Everyone ages 13 to 64 should get tested for HIV at least once.

  • Some sexually active gay and bisexual men may benefit from more frequent testing (every 3 to 6 months).
  • If you’re pregnant or planning to get pregnant, get tested as early as possible to protect your baby.
  • You should get tested at least once a year if:

ºYou’re a sexually active gay or bisexual man.

ºYou’ve had sex with an HIV-positive partner.

ºYou’ve had more than one partner since your last HIV test.

ºYou’ve shared needles or works to inject drugs.

ºYou’ve exchanged sex for drugs or money.

ºYou have another sexually transmitted disease, hepatitis, or tuberculosis.

ºYou’ve had sex with anyone who has done anything listed above or with someone whose sexual history you don’t know.

 

Where Can I Get Tested?

Ask your doctor for an HIV test, or find a testing site near you by

  • visiting gettested.cdc.gov
  • texting your ZIP code to KNOW IT (566948), or
  • calling 1-800-CDC-INFO (232-4636).

Many testing locations are FREE and confidential. You can also buy a home testing kit at a pharmacy or online. Most HIV tests are covered by health insurance.

 

What If My Test Result Is Negative? 

  You could still have HIV. Ask your doctor about the “window period,” a period of time after a person is infected during which they won’t test positive.

  • To stay negative, take actions to prevent HIV.

Visit www.cdc.gov/hiv/basics to learn more.

 

What If My Test Result Is Positive?

You may be given a follow-up test to confirm the result.

  • Finding out you have HIV can be scary, but you can still live a healthy life if you take action.
  • If you have HIV, start medical care right away. HIV treatment can keep you healthy for many years and reduce your chance of transmitting the virus to others. Learn more at www.cdc.gov/HIVTreatmentWorks.

 

For more information please visit www.cdc.gov/hiv