セクハラ疑惑の影響か? ルイス・ロレスUNAIDS事務局次長が退任へ

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)のルイス・ロレス事務局次長(プログラム担当)が3月末で退任することになりました。UNAIDSの公式サイトにプレス発表が掲載されています。

www.unaids.org

 3月末で任期満了となり、再任を求めないことをミシェル・シディベ事務局長に伝えたということです。
 ブラジル出身のお医者さんで、UNAIDSではシディベ事務局長に次ぐNo2の立場の方です。22年間、UNAIDSで働いていたそうですから、発足当時からのスタッフだったことになります。そうか、そろそろ引き際なのかなと思って発表文を読んでいたのですが、念のために最近のニュースを検索してみると、どうもそうではなさそうですね。
 職員に対するセクシャルハラスメントの疑いがかけられ、内部調査では一応、その疑いは晴れたということになっていますが、報道では調査に対する疑問も出ていて、そうしたことが今回の退任劇の背景にはあるようです。

 参考までに英紙ガーディアンのウェブサイトに掲載されている記事も紹介しておきましょう。
 『Top UN official accused of sexual harassment stands down』(セクシャルハラスメントの疑いをかけられた国連幹部が辞任へ)
 

www.theguardian.com

 記事は英文ですが、悪しからず。

 ロレス事務局次長は昨年11月の第31回日本エイズ学会学術集会・総会にも招かれ、全体会議で講演を行っています。HIV陽性者のグループやHIV/エイズ関係のNPOのメンバーとの交流にも積極的で、私もお会いして好印象を受けていたのですが、う~ん、つらいですね。
 日本記者クラブで22日に開かれたUNAIDSの記者会見は会見者が急遽、ミシェル・シディベ事務局長からカッカティル局長に代わっています。理由がよく分からなかったのですが、こういう事情だったのかと改めて想像する次第。ジャーナリストとしてはあまりにもうかつでありました。ま、うかつなのは今に始まったことではないし、個人的にはそれを認めざるを得ないことも含め、重ねて、つらいなあと思っています。

 

『エイズはまだ終わっていない。でも終結は可能』 UNAIDSドナー関係・パートナーシップ局のカッカティル局長が会見 


 国連合同エイズ計画(UNAIDS)ドナー関係・パートナーシップ局長のプラディープ・カッカティルさんが昨日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見を行いました。
 その会見報告とYou tube日本記者クラブチャンネルの会見動画がこちらに載っているのでご覧ください。

 『エイズはまだ終わっていない。でも終結は可能』

www.jnpc.or.jp


 1994年の第10回国際エイズ会議(横浜)についても言及し「あの会議がターニングポイントだった」と語っています。うわ、懐かしいね(私は出ていなかったけれど)。

 実はこの会見は当初、ミシェル・シディベUNAIDS事務局長にお願いしていたのですが、事務局長が急遽、ジュネーブに戻らなければならなくなり、ドタキャンならぬ、ドタチェンでカッカティルさんにお願いすることになりました。
 トークが苦手なことでは定評がある司会者が、状況に対応できず、おろおろ、おたおたしているのとは対照的にカッカティルさんのお話は見事なものでした。シディベ事務局長には申し訳ありませんが、代わってもらって、かえってよかったかも(それはないか)。
 会見報告は昨夜、大急ぎで書き、出稿しました。スペースの関係もあり、紹介し損ねている話題もあるので、そのあたりはいずれまた、当ブログで書きたいと思います。
 私の方もなんだか、仕事がどかどかと舞い込んで(もちろん一時的だとは思いますが)急に忙しくなってしまったので、とりあえず会見のご紹介だけ。

 

待ちかねて 素足の砂浜 水平線

 今日はお天気がいいし、風も穏やかだし、材木座の魚屋さんでアジのお刺身でも買ってこよう・・・と海岸に出ました。

 

f:id:miyatak:20180220164943j:plain

 滑川河口も人が多いですね。使用言語から察するに中国、台湾からの春節旅行の方もけっこういらっしゃったようです。

 

f:id:miyatak:20180220165059j:plain

 水ぬるむといいますか。靴は脱いで、靴下も脱いで・・・。

 

f:id:miyatak:20180220165141j:plain

 あれ、この方はいつも素足。先日も書きましたが、すっかり主です。

第2回調査結果のサマリー(概要)を公表 「Futures Japan~HIV陽性者のためのウェブ調査~」

 HIV陽性者の大規模なウェブアンケート調査「Futures Japan~HIV陽性者のためのウェブ調査~」の第2回調査結果のサマリー(概要)がウェブ上で公表されています。

Futures Japan HIV陽性者のためのウェブ調査

f:id:miyatak:20180219173656j:plain

 

 HIV陽性者への支援ニーズを把握するために『HIV陽性であることが検査ですでにわかっている日本国内在住のHIV陽性者』を対象にして実施したアンケート調査で、調査項目はかなり詳細かつ広範です。
 第2回調査は最初の調査(2013~14年)から3年を経て、2016年12月25日から2017年7月25日までの間に行われ、1110人の回答がありました。集計では『不正回答・重複回答・日本国外在住者の除外の作業を行い、1038人の回答を有効回答と判断し、分析対象』としたそうです。

 サマリーとはいえ、報告は以下のように多くの項目にわたっています。したがって、ここでサマリーのサマリーを試みるというような暴挙にはあえて挑まず、「公表されましたよ」という報告にとどめたいと思います。詳しくは公開されている報告書をご覧ください。

1 あなたご自身のこと
2 健康状態
3 通院・入院
4 恋愛・性の健康
5 薬物使用
6 子どもを持つこと
7 周囲の人々や社会との関係
8 こころの健康
9 健康管理・福祉について


 いずれ報告会もあるでしょうね。

 

 

『ポジティブトークは何を伝えたか』 エイズと社会ウェブ版323

 

 現代性教育研究ジャーナルNo.83(20182)15日からネット配信されています。

 

www.jase.faje.or.jp

f:id:miyatak:20180215094027j:plain

 6ページに連載コラム『多様な性の行方 One Side/No Side』の第10回目『ポジティブトークは何を伝えたか』が掲載されています。

 昨年11月の第31回日本エイズ学会のプログラムの一つである『ポジティブトーク』について紹介しました。前号のエイズ学会報告の続編的内容でもあります。

『疾病の予防や治療への アクセスを阻む要因」を考えれば、日本が抱える問題 もまた、国際的に孤立してなどいないことが分かる』

ポジティブトークは学会最終日の朝のセッションで、6人のHIV陽性者が登壇(正確には1人の方は体調を崩して参加できず、代読になりました)し、自らの経験や考え方などを語りました。当然のことなのかもしれませんが、それぞれの方のお話はみな異なっており、驚きや発見もたくさんありました。

『ふだんはLiving Togetherなどと言っているのに、なんで驚くのか。これこそが「HIV陽性者はそこにはいない人」という私の勝手な思い込みの結果である ことに思い至る』

 このコラムも青息吐息で10回目まで到達いたしました。前人未到ではもちろんありませんが、個人的にははや未踏の領域。お読みいただければ幸いです。

 

絶景かな つかの間の春 大富豪

 

 昨年5月のオープン以来、一度はと思いつつ何となく先延ばしにしていた鎌倉市扇ガ谷の鎌倉歴史文化交流館訪問を本日、敢行しました。

どうしてまた今日なの?と聞かれると、理由はありませんが、多忙を極める日常の中で、ちょっと隙間ができたというか・・・。ま、ちょっと暖かくなったもので。

 

f:id:miyatak:20180214180015j:plain

 鎌倉市がセンチュリー文化財団から寄贈を受けたこの建物は『著名な建築家ノーマン・フォスター氏が代表を務めるフォスター+パートナーズの設計』で、いまは『鎌倉の歴史・文化を通史的に紹介し、あわせて鎌倉で発掘された出土品などを公開』する施設となっています。どうも性格がはっきりしないという印象もあったのですが、訪れてみると、映像による紹介もあわせ、なかなか楽しめました。鎌倉を訪れる人が街歩きの前にとりあえず予備知識を仕入れておく。そんな利用の仕方ができるのではないでしょうか。

 

f:id:miyatak:20180214180148j:plain

建物もさることながら、裏庭も一見の価値ありちょっと案内板も紹介しておきましょう。

 

f:id:miyatak:20180214180253j:plain

以前は建物の前に鳥居があり、なんだか面妖な館といった印象だったのでしたが、あれは槌稲荷社という神社の鳥居でしたか。元は三菱財閥・岩崎家の別荘があったのですね。鎌倉市の施設になったので鳥居と社祠は葛原岡神社に移されたそうです。察するに政教分離ということでしょうか。

 

f:id:miyatak:20180214180528j:plain

 長い石段で稲荷社跡まで登ることができます。これは素晴らしい。先ほどの写真にも見える3つの横穴は、やぐらではなく、岩崎家所有時代に掘られたもののようです。

 

f:id:miyatak:20180214180707j:plain

 何かをしまっておく場所でしょうか。上から見ると岩肌から染み出す地下水で、池のような水たまりができています。小さな動植物の宝庫でもあるとか。いや、すごいね・・・ということで、上まで行くと、またびっくり。

 

f:id:miyatak:20180214180841j:plain

 鎌倉の町と海が一望のもと。昔の金持ちはもう・・・とひがんでもしょうがないですね。いまはこうやって、しがない老人も絶景を楽しむことができます。しかも、福寿手帳で入場料も無料(われながら感覚がせこい)。風に吹かれて、それなりに時代は変わるもんです。そういえば、今日は暖かいねと思っていたのも束の間、午後はやたらと風が強くなってきました。再びあわただしい日常に帰るとしますか。小人閑居してなお、貧乏暇なし。ああ、忙しい。

 

 

『#PEPFAR15:アメリカ人の寛容とパートナーシップが多くの人の生命を救った15年』 エイズと社会ウェブ版322

米国の国際的HIV/エイズ政策の基本となる米大統領エイズ救済緊急計画(PEPFAR)が発足から15周年を迎え、米国務省のサイトにデボラ・バークス大使(グローバル・エイズ調整官)が『#PEPFAR15:アメリカ人の寛容とパートナーシップが多くの人の生命を救った15年』という文章を掲載しています(下の方の◇から後はその日本語仮訳です、参考までに)。

 英文はこちらでご覧ください。blogs.state.gov

 

 PEPFARは世界エイズ結核マラリア対策基金(グローバルファンド)と並んで、この15年、世界のHIV/エイズ対策が目覚ましい成果をあげる原動力となってきました。

 PEPFARの起点は『ジョージ・Wブッシュ大統領2003128日、一般教書演説で「アフリカの人たちを助けるために現在の国際支援を大きく超えた慈悲の心を示さなければならない」』と述べたことであり、米議会は『この歴史的な発表から4カ月もたたないうちに、PEPFARを承認する超党派の法案を可決』しています。

3政権にわたり、超党派の議会による強い支持のもとでPEPFAR15周年(#PEPFAR15)を迎え、米国政府は何百万という人の命を救い、生活の質を改善しただけでなく、危機の状態から制御に向けてHIV/エイズ対策の在り方を大きく変えてきました』

これはまあ、その通りだと思います。でも、こちらはどうなんでしょうか。

『私たちはワクチンも完治療法もなく、パンデミックを制御する機会を迎え、HIVの実質的な排除または根絶するための基礎を築こうとしているのです』

抗レトロウイルス療法だけで、ワクチンもなしにエイズ流行を「公衆衛生上の脅威としての」という条件付きでも、終結に導くということは困難なのではないでしょうか。流行の制御には、治療の普及も、ワクチン開発もどちらも必要なのではないでしょうか。もちろん、そうした医学上の進歩を支え、また逆にその進歩に力を得ていくための、社会的な支援の充実も不可欠です。そんなことは百も承知で書いていらっしゃるのではないかと拝察しますが、政治の言葉は何かを強調するためには無茶ぶりも辞さないということなんでしょうね。

何かと気苦労も多いであろう政治環境の中で、バークス大使も1年、何とか持ちこたえました。個人的にはそれだけでもすごいと思います。

 

     ◇

 

#PEPFAR15:アメリカ人の寛容とパートナーシップが多くの人の生命を救った15

  201826日、デボラ・バークス

 

 ドナルド・トランプ大統領のリーダーシップのもとで、そしてアメリカの人たちの広い心のおかげで、HIVの流行に最も深刻な影響を受けてきた13カ国が現在、2020年に流行の制御が可能なところに到達しつつあります。レックス・ティラーソン国務長官が発表した米国大統領エイズ救済緊急計画(PEPFAR)のHIV/エイズ流行制御推進戦略(2017-2020)で概要を示したように、こうした成果の積み重ねによってPEPFARが支援する50カ国以上の流行を制御するロードマップが生み出されていくのです。

 15年前には、HIV感染の診断は多くの国で死の宣告に等しいものであり、家族やコミュニティ全体が病に落ちたのも同然でした。グローバルヘルスと開発分野の成果も失われてしまうのです。最も深刻な打撃を受けているサハラ以南のアフリカ地域では、新生児死亡が2倍、子供の死亡は3倍も増加し、平均余命は20年も短くなりました。南部アフリカのいくつかの国では、成人の3分の1HIVに感染し、何百万という子供たちが親を失って遺児となりました。

 このようなおびただしいた死と惨状を目の当たりにして、米国政府は決然と対応しました。ジョージ・Wブッシュ大統領2003128日、一般教書演説で「アフリカの人たちを助けるために現在の国際支援を大きく超えた慈悲の心を示さなければならない」と述べ、米国の思いやりと希望に向けた姿勢を示しました。それがすなわちPEPFARです。米国議会も素早く対応し、この歴史的な発表から4カ月もたたないうちに、PEPFARを承認する超党派の法案を可決したのです。

 3政権にわたり、超党派の議会による強い支持のもとでPEPFAR15周年(#PEPFAR15)を迎え、米国政府は何百万という人の命を救い、生活の質を改善しただけでなく、危機の状態から制御に向けてHIV/エイズ対策の在り方を大きく変えてきました。死と絶望から希望と生に大きく取って代わっているのです。私たちが単独で実現したわけではありません。他国政府や民間企業、慈善団体、国際機関、市民社会、宗教関連団体、HIV陽性者その他の多くの人たちとの緊密な協力により実現できたのです。

 PEPFARが始まった当時、アフリカで生命を救う治療を受けられる人は5万人にとどまっていました。現在は世界で1330万人がPEPFARの支援で治療を受けています。HIV陽性のお母さんから生まれた220万人以上の赤ちゃんがPEPFARによりHIVに感染することを免れました。そしてHIVで親を失った子供、弱い立場に置かれている子供、およびその世話をしている人たちに対する支援提供は640万人を超えています。

 PEPFARの投資は透明性が高く、責任ある説明ができ、費用対効果の高いことがこうした成果に反映されています。アメリカ人が持つ大きな思いやりの心を具現化しているのです。米国の二国間援助資金は、世界エイズ結核マラリア対策基金(グローバルファンド)や対象国自身の資金ともあわせて活用されています。米国政府はグローバルファンドの最大のドナーでもあるのです。

 PEPFARが米国による最も効果的、効率的な海外援助プログラムの一つとして広く認められていることを私たちは誇りに思っています。最新のデータと科学を活用することで、託されたお金の1ドル1ドルが最大の効果を得られるように努めていきます。また、最も流行が大きく、必要性の高いところに力を注ぐことで、流行終結を早めるだけでなく、HIV/エイズ対策の持続に必要な将来的な費用も削減することもできるのです。

 #PEPFAR15の機会に、しっかりと将来を見据え、かつて不可能なことを可能にしていきます。近代史上初めて、私たちはワクチンも完治療法もなく、パンデミックを制御する機会を迎え、HIVの実質的な排除または根絶するための基礎を築こうとしているのです。アメリカの人たち、そしてアメリカのリーダーシップのおかげで、世界はかつてなく公衆衛生上の脅威としてのエイズ終結に近づいています。