♪過ぎた日の思い出は~ まだ間に合う 『モスキートウィーク2017 日本の夏。蚊と暮らす夏』(8月30日)

 もう過ぎてしまいましたが、820日は「世界蚊の日」(World Mosquito Day)です。え、そうだったの・・・と、実はわたくしも昨日、知りました。

 いたずらに年齢ばかり重ねてきても、世の中、知らないことばかりですね。

 日本ではその前後の数日間を「モスキートウィーク」とし、イベント開催やツィッターによるキャンペーンなどが行われています。

 といってもウィークの方は 特定非営利活動法人Malaria No More Japanマラリア・ノーモア・ジャパン)が提唱して昨年からスタートしたばかりのようです。したがって、こちらはまあ、知らなくてもしょうがない面もあるか・・・でも、せっかく頑張っているのだから側面支援ぐらいはしたい。

 マラリアエイズ結核と並び世界の三大感染症と位置付けられ、グローバルファンド(世界エイズ結核マラリア対策基金)を中心に流行制圧を目指す活動が展開されています。

 感染経路は病原体である原虫を蚊が媒介して感染するマラリアと、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の性感染や血液感染で広がるエイズHIV感染症では異なりますが、流行の背景にある社会的、政治的、経済的、文化的な要因や医療基盤整備の必要性などを視野に入れて考えれば、きわめて広範な共通領域があるというべきでしょう。

 三十有余年に及ぶHIV/エイズ対策の困難でかつ輝かしく、なおかついまもまた困難な歴史の教訓は(ややこしいね)、こういうところにもあるのですが、話し始めると長くなるので、こちらは別の機会に譲るとして、今回はマラリアです。

 

f:id:miyatak:20170822113601j:plain

 世界蚊の日の関連イベントとして、マラリア・ノーモア・ジャパンは830日に『モスキートウィーク2017 日本の夏。蚊と暮らす夏』を東京で開催します。

 コミュニティアクションのイベント情報欄でも紹介したのでご覧ください。より詳しく知りたい方は、そこからマラリア・ノーモア・ジャパンのサイトに跳ぶこともできます。コミュニティアクションの公式サイトの周知をはかりたいという下心もありますので、ひと手間、余分にかかりますが、そこんところはよろしく。

 

www.ca-aids.jp

『日本の夏と云えば「蚊」。日本人と蚊との戦いの歴史は古い。平清盛の死因はマラリアという説も』

 かなりダイナミックですね。感染症の流行を制圧するのは、それほど困難だということでもあります。そういうことならこちらにも考えがありますよ、と主催者が思ったかどうかはつまびらかではありませんが、イベントでは『そんな日本では長い歴史が証明するように、日本の伝統芸能でも蚊に関する演目があります。今回はその中でも落語の演目「蚊相撲」』を落語家の桂歌助さんが演じるそうです。

  ところで、どうして820日が「世界蚊の日」なのでしょうか。マラリア・ノーモア・ジャパンのサイトによると、インド医務官を務めていたイギリスの医学者・内科医 ロナルド・ロス(Ronald Ross)が、1897年(明治30年)にハマダラカの胃からマラリアの原虫を発見したのが820日だったそうです。

 ロス先生は翌98年に鳥を使った吸血実験で蚊がマラリアを媒介することも証明し、一連の功績によって1902年に第 2ノーベル賞(生理学・医学)を受賞しています。

 参考までに付け加えておくと、その前年の第1回はエミール・アドルフ・フォン・ベーリングというドイツの方、そして1904年の第4回受賞者が例のパブロフの犬で有名なロシアのイワン・パブロフ、翌05年の第5回がドイツのロベルト・コッホです・・・ぼろがでそうなので、この辺でやめておきましょう。

 とにかく世界中の優秀な先生方が全身全霊を捧げて研究に打ち込んでこられたわけですが、それでもマラリアの流行はなかなか制圧できません。

 その困難な課題に挑むべく、2030年に向けた国際社会の共通課題である「持続可能な開発目標(SDGs)」では、「2030年までにアジア地域でのマラリア制圧」、そして「2040年にマラリアによる死者数を世界全体でゼロにする」という意欲的な数値目標が掲げられています。

 詳しくはZEROマラリア2030キャンペーンのサイトをご覧ください。

zero2030.org

 SDGsでは、2030年までに公衆衛生上の脅威としてのエイズ流行終結を目指しています。そして結核対策では来年、国連総会のハイレベル会合が予定されています。

 エイズ結核マラリア対策の成果が保健基盤強化につながり、高い相乗効果を生み出していくことを期待したいですね。

 

 

 

百日紅つわものどもが夢のあと・・・ 

 8月の日照時間が少なく、涼しい日が続いていたせいか、鎌倉駅に近い本覚寺百日紅が今年はいま一つという感じだったのですが、ようやく見ごろになってきました。

 

f:id:miyatak:20170820221845j:plain

 かっと照り付ける太陽を跳ね返す。そんな強烈な紅色ではなく、今年はちょっと穏やかな印象・・・ではありますが、それもまた悪くありませんね。

 

f:id:miyatak:20170820222017j:plain

  枝がまた見事。幹に夏草が生え、つわものどもが夢のあと状態といいますか・・・。やはり花があった方がいいか。

 

f:id:miyatak:20170820222134j:plain

 こちらは鉢植えのハスの迫力。でかいです。

 

f:id:miyatak:20170820222252j:plain

 

 本覚寺は東身延と呼ばれる日蓮宗の名刹。境内には夷堂があり、お正月には初えびす、本えびすが開かれ、商売繁盛を願う人たちでにぎわいます。

 先日、紹介した妙本寺との間の道路を午後6時に歩くと、両方のお寺の鐘が交互に鳴り響くという贅沢な音の饗宴も楽しめます。

 

新学期を前に緊急メッセージ

 前回の書き込みで『夏はうんざりするほど長いのに、もう終わりかなと思うとなぜか物悲しくもある。小学生の頃の記憶がまだ、皮膚のどこかに残っているせいでしょうか』と書きましたが、そんな遠い昔の懐かしくもある思い出が、懐かしいなどと言っていられない場合もあるということを改めて思い知らされました。つらさをうまくやり過ごせるかどうか、一律には語れません。そのことは重々承知です。でも、何かのきっかけでやり過ごせる回路が発動することもあります。
 
 女優の東ちづるさんからFacebookでメッセージ拡散のお願いが送られてきました。私宛に届けられたわけではなく、広く拡散を呼びかけるために発信したメッセージが、たまたまこちらでも受信できるようになっていたということに過ぎないのですが、そのたまたまに期待をかけて発したメッセージだろうなという推測もできます。したがって・・・と、いちいち理屈にもならない理屈をつけて恐縮ですが、温泉若女将シリーズのファンでもあったことだし、拡散にはご協力したいと思います。
 メッセージはこちらを見ていただいた方がよさそうですね。 

futoko.publishers.fm


 『不登校新聞』の緊急号外(無料)です。多くの学校で夏休みが終わり、新学期が始まる9月1日は18歳未満の自死が最も多い日ということです。
 
 なお、2015年には鎌倉市中央図書館が夏休み中に「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい」とツィッターで呼びかけています。
 このツィートには当時、賛否の意見がありましたが、図書館ではツィートの削除などはせず、いまも、静かに居場所を提供する対応を継続しているようです。
 その後、どうなったのかなとネットで検索してみると、HUFF POSTには今年6月2日付けで、図書館の館長さんのインタビューが掲載されていました。参考までにこちらも紹介しておきましょう。

www.huffingtonpost.jp

 

鎌倉に夏が戻って秋の七草


 夏が戻ってきました。昨日あたりから海水浴場に向かう人の流れも少しにぎやかになっています。その流れに逆行して・・・。
 

f:id:miyatak:20170818224321j:plain

 鎌倉駅に近い大町の妙本寺です。参道を歩くと、束の間、原生林に分け入るような気分。ヒグラシの声が降り注いできます。
 

f:id:miyatak:20170818224455j:plain

 石段を上がり、二天門の向こうに見えるのは日蓮上人を祀る祖師堂です。
 9月になると秋なのに変に暑い日というのがありますね。今日あたりはどちらかというとそんな感じかなあ、などと思っていると。
 

f:id:miyatak:20170818224618j:plain

 こちらは自宅近くの和田塚です。萩は秋の七草なんだけど、もう・・・。
 

f:id:miyatak:20170818224725j:plain

 咲いていました。夏はうんざりするほど長いのに、もう終わりかなと思うとなぜか物悲しくもある。小学生の頃の記憶がまだ、皮膚のどこかに残っているせいでしょうか。汗を拭きながら、ついつい物思いにふけったりする季節でもあります。
 

『虹の旗はなぜ6色なのか』 エイズと社会ウェブ版281

 現代性教育研究ジャーナルNo772017815日)が発行されました。巻頭は大阪府立大学の東優子教授が『性の健康への権利について 学ぶ、語る、国際会議』です。5月にチェコプラハで開かれた第23WASWorld Association for Sexual Health)国際会議の参加報告ですね。

 http://www.jase.faje.or.jp/jigyo/kyoiku_journal.html#anch77

f:id:miyatak:20170815095828p:plain

  重厚かつ臨場感あふれる巻頭報告のすぐ後では少々、荷が重いのですが、不肖私のコラム『One Side/No Side 多様な性の行方』も掲載されています。青息吐息の連載も何とか5回目までこぎつけました。今回のタイトルは『虹の旗はなぜ6色なのか』です。

《日本にいると虹は7色と思いがちだが、実はレインボーフラッグは6色ですよ・・・と例によって知ったかぶりをしながらネットで検索してみると、あれ? 最初は8色だったという》

相変わらず頼りない書きぶりで申し訳ありません。多様性のシンボルであるレインボーフラッグは、いつ、どのようにして生まれ、どんな経緯で8色から7色、そして現在の6色に定着していったのか。そのレポートです。

《変遷の背景には大量生産上の都合があり、暗殺という悲劇を乗り越えようとする強い意思もあった。ベイカー氏自身はオリジナルの8色に強いこだわりがあったようだが、6の普及を否定していたわけではない。その柔軟さもまた、世界中にレインボーな行動が広がる大きな支えになったのではないかと改めて思う》

なぜか猛暑も一段落。涼しさの徒然にお読みいただければ幸いです。

 

過激主義を超えるSDGsの可能性 アヒム・シュタイナーUNDP総裁記者会見

 国連開発計画(UNDP)のアヒム・シュタイナー総裁が810日(木)午後、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見を行いました。その会見リポート『過激主義を超えるSDGsの可能性』(注:タイトルは私がリポート用につけたもので、記者会見のタイトルではありません)を日本記者クラブ公式サイトに掲載していただきました。

www.jnpc.or.jp

 

 個人的な事情で恐縮ですが、記憶も注意力も散漫なうえ、メモを取るスピードも遅く、記者としては三拍子そろってダメなので、不正確な部分も一部あるかもしれません。ま、だいたいこんなことを語っていたんだな、といったレベルでお読みいただければ幸いです。

 

f:id:miyatak:20170814185918j:plain

 SDGsにおけるパラダイムシフトを簡潔に説明し、多分野のプレーヤーの参加を歓迎する一方で、過激主義台頭の背景にも言及する。「資本を持つ人がどんどん富を蓄積し、働く人には回ってこない。これはどの国にもあてはまる」ということで、そうか日本にも当てはまりそうだなとついつい感じてしまいました。

 

 日本もそうだと思うか、なんだ日本だけじゃないんだとかすかな安堵を感じるのか、これはそれぞれの方の立場によって受け止め方が異なるかもしれません。どっちにしろ、日本も世界の課題を共有しているということにはなります。

 

 穏やかな口調なので、けっこうすごいことも淡々と言っているような印象になります。国際開発の修羅場もこのように動じることなく切り抜けていくのでしょうね、きっと・・・と思わせる安定感。地球上にうず高く堆積している危機を前に特効薬はない。それがわかっているからこそ逆に、この安定感と手腕には期待したいですね。

 もうすぐ会見の動画も併せて掲載されると思います。

♪馬鹿言ってんじゃないよ~、3年前の・・・ エイズと社会ウェブ版280

 暑いですね。と思ったら今日は涼しい朝でした。現金なもので、昨日の暑さすら忘れてしまうそうですね。

ましてや、3年前の夏のことなど・・・、どんな様子だったっけ、と思い出そうとしても、すっかり忘れてしまっている情けない状態です。これはまずいね。備忘録的な意味もこめて、当時のブログから感染症関連の書き込みを紹介しておきましょう。

 

 3年前の今日の前の日、つまり201489

 《感染研もリスクアセスメントを発表しました WHOエボラ緊急事態宣言》

 http://miyatak.hatenablog.com/entry/2014/08/09/004700

 続いて822

 《エボラ対応で945日に世界保健機関WHO)が新たな専門家協議》

 http://miyatak.hatenablog.com/entry/2014/08/22/145232

 WHOはかなり出遅れ、対応が後手にまわっていました。

 826日 《あえて、「特効薬」がすべてではない》

 http://miyatak.hatenablog.com/entry/2014/08/26/105800

 医療の提供体制の格差が浮き彫りになります。国内では再興感染症としてのデング熱感染症例報告があり、にわかに感染症の流行に対する不安が広がっていきました。

 《デング熱、流行国支援が対策助ける》

 http://miyatak.hatenablog.com/entry/2014/08/30/100900

 

 いろいろと心配事の多い世の中ですが、何かが話題になれば、他の心配事は消えてしまうというようなわけにはいかない・・・けれど、とりあえず忘れておくのもまた、生活の知恵? ときどきは思い出そう。

 こちらももちろん、終わっていません。現在進行形です。お忘れなく。

f:id:miyatak:20170810094206j:plain