伝説のエルトン・ジョン演説を見よ。映画『ロケットマン』公開開始を前に エイズと社会ウェブ版409

 いよいよ明日23日、公開開始ですか。エルトン・ジョン卿の伝記映画『ロケットマン』。配給会社の方とはなんの関係もございませんが、HIV/エイズ分野の関係者としてもこの際、見逃せない映画でしょうね。公式サイトはこちらです。
 

rocketman.jp

 蛇足ながら彼は英国の爵位を受けているので、権威に弱い私などは呼び捨てにせず、卿をつけるようにしています。以前はエルトン・ジョンさんとか、エルトンとか、なれなれしく呼んでいたけれど・・・(もちろん一面識もありません。わざわざ書くこともないか)
 ま、とにかく。さっそく映画館に駆け付けたいところですが、寄る年波で映画を見るのにも体力を使います。長く座っていると、けっこうお尻が痛いのよ。希望としては、あまりヒットせず、すいた映画館でゆったりとみたい。でも、しばらくはそういうわけにもいかないでしょうね。
 夏休みが終わるのを待って、秋になってから平日の昼間に行けば、そんなにこまないかなあ・・・。考えてみれば、この前、映画館に行ったのは去年の秋の終わりか冬の初めごろでしたか、横浜で『ボヘミアン・ラプソディ』を観ました。
 あのときもそうだったのですが、今回もHIV/エイズについては、あまり映画の宣伝で取り上げることはないでしょうね。この際、エルトン・ジョン卿に関する当ブログの以前の記事を紹介しておきましょう。 

miyatak.hatenablog.com

 2012年に米ワシントンD.C.で開催された第19回国際エイズ会議で行ったエルトン・ジョン卿の演説を日本語に仮訳したものです。ブログの引っ越しなどで埋没してしまった原稿をサルベージし、2016年7月16日に改めて掲載しました。
 その時も書いたけれど、いまはエルトン・ジョン財団のサイトに英文の演説原稿が掲載されています。
 http://newyork.ejaf.org/text-of-sir-elton-johns-address-at-aids-2012/

 演説の中で、エルトン・ジョン卿は自らの薬物使用などの体験を語り、エイズの流行に終わりをもたらすには「医学とお金だけでなく、それ以上のものが必要です。愛が必要です」と強調しています。
 さらに、愛という言葉がいやなら「思いやりでも、親切でも、理解でも、共感でも、好きなように呼んでください。考えていることは同じです。エイズの流行を終わらせたいのなら、もっと人間性や愛が必要です」と繰り返しています。
 2012年のワシントン会議は米国で22年ぶりに開かれた国際エイズ会議でした。政治的に重要性を強調したいという当時のオバマ米政権の思惑もあったのだと思いますが、治療の進歩による「エイズの流行の終わりの始まり」などということが盛んに強調されていました。
 その中で、エルトンは(おっと、呼び捨てにしちゃった)、世界中から集まった医学者を前に、あえて「エイズという病気の原因はウイルスだけど、エイズの流行はそうではない」「流行は偏見や憎しみ、誤解、無知と無関心によって拡大する」と言ったのです。日本にいてネットで会議の情報を収集していたおじさんも、これには感動したね。感動のあまり、うまくもない日本語の仮訳まで作ってしまいました。
 映画はまだ観ていないけれど、この演説を読んでから観ると、理解が深まり、得るところもまた多いのではないかと思うよ。最後は便乗キャンペーンのようになっちゃったけれど、悪しからず。
 

 

 

I’mpossible ありえないと思っていたことが実現できる アイムポッシブル賞創設

  英語でImpossibleといえば、「不可能な」「ありえない」といった意味ですが、Iとmの間にアポストロフィ(’)が入って、I’m possibleだと「私はできる」に変わります。

東京パラリンピック2020の開催を1年後に控え、国際パラリンピック委員会(IPC)チーフマーケティングコミュニケーションオフィサー、クレイグ・スペンスさんらによる「I’mPOSSIBLE Award(アイムポッシブル賞)」の発表会見が8月21日午後、東京・内幸町の日本記者クラブで開かれました。

www.jnpc.or.jp

 例によって、浅学非才のおじさんにとっては、知らないことばかりでした。会見の受け売りですが、順を追って説明しますね。

 

f:id:miyatak:20190821234315j:plain

  ・・・と言っているそばから、順番が逆になりました。まずは会見の後のフォトセッションから。前列中央がスペンスさん、左がIPC教育委員でアイムポッシブル賞日本事務局のマセソン美季さん、右はIPC理事でアギトス財団評議員の山脇康さん。後列左はロンドン、リオ両パラリンピック水泳の銀・銅メダリストの木村敬一さん、右は同じくロンドン、リオ両パラリンピック陸上金メダリストのマルクス・レームさんです。

 

 「I’mPOSSIBLE」は世界の子供たちに学校教育を通じてパラリンピックの魅力を伝えるためのIPC公認教材です。すべての人にとってのインクルーシブ社会への貢献を目指し、パラスポーツの普及を担う国際組織であるアギトス財団が開発しました。教材の名称は「不可能と思えたことも、考え方を変えたり、少し工夫をしたりすればできるようになるというメッセージが込められた造語」ということです。スペンスさんによると、その由来は2014年ソチ冬季パラリンピックの閉会式に遡ります。

 閉会式会場の壁にImpossibleの文字が登場し、車いすのアスリートが15メートルのロープをよじ登って、その文字に到達する。アスリートはそこで、自らIとmの間に入ってアポストロフィとなり、不可能を可能に変えた・・・。

 う~む、ソチもなかなかやりますね。この演出を出発点として教材開発が進められ、国際版をもとにして、日本の授業に組み込みやすくする工夫をした日本版もつくられています。

 日本版教材はすでに全国の小・中・高校、特別支援学校3万6000校に無償配布されているそうです。また、教員や関係者を対象にした研修も全国で行われ、実際に授業でも使われています。

 8月21日付けで公式サイトも開設されたので詳しくはそちらをご覧ください。

www.parasapo.tokyo

 「I’mPOSSIBLE Award(アイムポッシブル賞)」はその教材の普及と活用を進めるために設けられました。この教材を効果的に活用している学校を国内から2校、海外から1校、選出し、来年のパラリンピック閉会式で表彰します。国内申請の応募期間は2019年10月1日(火)~2020年1月31日(金)。応募資格や必要な書類など詳細情報は先ほどのサイトで、こちらのページをご覧ください。

https://www.parasapo.tokyo/iampossible/award/

 

ささやかな快挙のご報告 エイズと社会ウェブ版408

 あまり目立たちませんが、国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに《Key messages — Global AIDS update 2019》という資料の日本語訳が紹介されています。

https://www.unaids.org/en/resources/documents/2019/2019-global-aids-update_key-messages

f:id:miyatak:20190819220803j:plain

 実はこの日本語訳は、API-Netに《UNAIDS「コミュニティを主体に」》と題して掲載されているもので、リンクでつながるようになっています。

http://api-net.jfap.or.jp/status/world.html#a20190815

 UNAIDSサイトにも《This document is also available in Japanese (courtesy of API-Net)》と紹介していただきました。海外情報を国内に伝えたいという公益財団法人エイズ予防財団のささやかな努力が、UNAIDSとの信頼関係の構築を通して実を結んだものであります。

 新しい事務局長の任命も決定し、再出発の時を迎えつつあるUNAIDSとの間で、こうした協力が成立したことは、エイズ予防財団の最末端の理事である私にとっても、うれしい成果であります。

 関係者の皆さん、ご支援ありがとうございました。

 なお、キーメッセージに続いて、Global AIDS Update 2019で使われている最新のパワーポイント・スライドについても、いくつか翻訳を進めています。その日本語版スライドについても、公表方法を検討しているところなので、いずれHIV/エイズ分野に関心を持たれる国内のNGO/NPO/CBOの皆さんにも活用していただけるのではないかと思います。

 とはいえ、「いっちょかみ」で気まぐれの代名詞のような私が進めていることなので、どこまで成果が上げられるか、正直いって自信がありません。もともとプレッシャーには極端に弱いタイプでもあります。あまりあてにせずに、それでも少しは期待してお待ちいただければ幸いです。

『安心して集える場所』 エイズと社会ウェブ版407

 現代性教育研究ジャーナルの連載『多様な性のゆくえ One side/No side』の28回目です。No101(2019年8月15日発行)に掲載されました。

 

f:id:miyatak:20190818103220j:plain

 画像は文字が小さくて読みにくいかもしれませんね。
 日本性教育協会のサイトでPDF版をダウンロードしてご覧ください。10ページ目に載っています。

www.jase.faje.or.jp

 前回に続いてラグビーW杯関連の話題です。
《「ラグビーはすべての人のためのゲームであることを私たちは強調してきました。ジェンダーや人種、出身、宗教、セクシュアリティに関わりなく、誰もが安全に、そして喜んで迎え入れられていると感じられなければならないのです」》
《勝利よりも優先する価値を自覚的に示すこの発言により、プライドハウス東京 2019 もまた、予行演習にはとどまらない存在感を持つ施設になろうとしている》
 あと1か月で開幕ですね。日本代表はパシフィックネーションズカップでフィジー、トンガ、米国各代表に3連勝し、優勝しました。着実に力をつけているようです。
 しかし、W杯になると参加各チームも陣容を整えてくるので、これまでの成績はあてにはなりません。もちろんそれは日本代表にも言えること。伸びしろに期待しましょう、といった話は別の機会に譲るとして・・・。
 日本対ロシア戦が行われる9月20日(金)には、東京都渋谷区神宮前のコミュニティスペース subaCO(スバコ)にプライドハウス東京2019がオープンします。巨大スポーツイベント開催時に、性的マイノリティの人たちが安心して集える場所であり、情報発信の拠点にもなる期間限定の施設です。
 どうしてまたこの時期に・・・ま、つもる話はコラムをお読みください。

 

コミュニティを主体に キーメッセージから エイズと社会ウェブ版406

 2019年の国連合同エイズ計画(UNAIDS)年次報告書Global AIDS Update 2019は7月16日に発表されました。 タイトルは『Communities at the center(コミュニティを主体に)』です。すでにプレスリリースの日本語仮訳は当ブログでも7月19日に紹介してあるので、ご覧いただければ幸いです。

 http://miyatak.hatenablog.com/entry/2019/07/19/001241

  報告書全体は量が多いので、とても全部は訳しきれなあと思いつつ、UNAIDSの公式サイトをよく見たら、メッセージ部分の内容を要約した『キーメッセージ』という10ページほどの冊子もPDF版で掲載されているではないか。

f:id:miyatak:20190816171301p:plain

  これなら、と思い、日本語仮訳を作ってみました。API-Net(エイズ予防情報ネット)に『コミュニティを主体に キーメッセージ』の日本語仮訳PDF版を掲載していただきましたのでご覧ください。

 http://api-net.jfap.or.jp/status/world.html#a20190815

 この冊子には10項目のキーメッセージとその説明が載っています。サブタイトルは

  権利を擁護し

  障壁を打ち破り

  必要なサービスを届ける

 

 具体的には本文をあたっていただくとして、ちょっと興味深い指摘もあったので、そこだけ紹介しておきましょう。二番目のキーメッセージです。

 

 2. 新規HIV感染とエイズ関連の死亡を減らすという成果は一様ではなく、時間は尽きようとしている。HIVに影響を受けた人たちがサービスを確実に受けられるようにするには、エビデンスを踏まえたサービスを積極的に広げる政治の指導力が必要である。

 

 この説明部分に次のような記述があります。

 『国によって成果がまちまちな地域もある。例えば、ラテンアメリカでは、多くの国で新規HIV感染が大きく減少しているが、ブラジルで22%も増えたことから、地域全体の新規感染は増加する結果になった。一方で、東欧・中央アジアでは新規HIV感染が29%も増加したが、実はロシアを除くと4%の減少になっている』

 

 そうかあ、国にしても地域にしても、感染の動向を全体的にまるめて把握しようとすると、現実に起きている(あるいは起きつつある)課題に対応できなくなってしまうことがしばしばある。

 以前から指摘されてきたことですが、改めてそれを肝に銘じる必要がありそうです。

 ここではロシア、ブラジルという2つの大国の危機が指摘されています。

 ロシアの流行は本当に深刻ですね。個人的にはロシアという国を訪れたことは一度もなく、流行の様子も伝え聞く程度にしか分かっていないのですが、報道やUNAIDSの報告などから判断すると、性的少数者や薬物使用者に対するスティグマと差別が依然、流行の大きな拡大要因となっているようです。

 ブラジルはかつて、HIV/エイズ対策の輝かしい成功事例として言及されることがしばしばありました。でも、現在は「かつて、そうだった」という状態になっているのでしょうか。ブラジルのHIV/エイズ対策に詳しい方がいらしたら教えてください。

 政治の指導力、社会の安定、流行の影響を大きく受けているコミュニティへの支援といったものの重要性を改めて認識する必要があります。

「コミュニティを主体に」というメッセージはその意味でも重要です。

 アジアではどうなのか。香港の混乱した状態を見ていると、中国本土では本当にHIV/エイズ対策がうまく機能できているのかどうか、非常に疑問になります。

 日本は流行が低く抑えられている国ではありますが、それはコミュニティベースの涙ぐましい努力が何とか必要な対策を支えてきた結果です。ただし、その涙に接することもなく、「エイズはもういんじゃね」だとか「ほらね、治療の進歩で流行は抑えられているじゃないか」みたいな自己満足にお医者さんや行政の担当者が浸り始めているのではないかという危惧も私には感じられます。

UNAIDSの新事務局長にウィニー・ビヤニマ氏 エイズと社会ウェブ版405

 空席になっていた国連合同エイズ計画(UNAIDS)の新事務局長にオクスファム事務局長のウィニー・ビヤニマ氏が任命されました。ウガンダ出身の女性で、UNAIDSのプレス声明には「公衆衛生上の危機としてのエイズを2030年までに終結に導くことは世界にとって到達可能な目標ではありますが、そのためにこれから取り組まなければならない課題を軽視することはできません」「UNAIDSは取り残された人たちのために声を上げ、人権こそが流行を終結に導く唯一の道であることを先頭に立って示し続けなければならないのです」とのコメントが紹介されています。

新事務局長については、これまでの経緯およびUNAIDSの展望も含め、今後も折に触れて書く機会があると思いますが、とりあえずプレス声明の日本語仮訳を紹介します。

 

f:id:miyatak:20190815124201j:plain

ウィニー・ビヤニマ氏の事務局長任命を歓迎 UNAIDSプレス声明

https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2019/august/20190814_unaids-exd

 

ジュネーブ 2019.8.14 国連合同エイズ計画(UNAIDS)は、新事務局長にウィニー・ビヤニマ氏が任命されたことを歓迎します。Msビヤニマは政治の指導者および外交、人道分野において30年以上の経験を有しています。

 「HIV対策が極めて重要な局面を迎えている時期に、事務局長としてUNAIDSに加わることは大きな栄誉です」とビヤニマ氏は語っています。「公衆衛生上の危機としてのエイズを2030年までに終結に導くことは世界にとって到達可能な目標ではありますが、そのためにこれから取り組まなければならない課題を軽視することはできません。すべてのパートナーと協力してUNAIDSは取り残された人たちのために声を上げ、人権こそが流行を終結に導く唯一の道であることを先頭に立って示し続けなければならないのです」

 国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、UNAIDSのプログラム調整理事会メンバーで構成する選定委員会の包括的な選定プロセスを踏まえ、MsビヤニマをUNAIDSの事務局長兼国連事務次長に任命しました。任命に関する最終提言はUNAIDSの共同スポンサー委員会が事務総長に提出しています。

 Msビヤニマは世界のエイズ流行終結に向けて、これまでに政府、国際機関、民間企業、市民社会組織などで培った豊富な経験と能力を生かすことになります。2013年からオックスファム・インターナショナルの事務局長を務めてきました。その前の7年間は、国連開発計画(UNDP)のジェンダーと開発局長でした。

 社会から排除されやすいコミュニティや女性の権利を守る担い手としてのキャリアは30年前にウガンダの国会議員となったことからスタートしています。2004年にはアフリカ連合委員会の女性と開発局長となり、アフリカの女性の権利に関する議定書策定に取り組みました。アフリカ女性の生命を脅かすHIVの極端な影響を減らしていく手段となった重要な国際人権文書です。

 機械工学の上級学位(省エネルギーと環境)をクランフィールド大学工科大学院で取得、マンチェスター大学で航空工学の学位を得ています。

 国連事務総長は、UNAIDSのグニラ・カールソン経営管理担当局次長(国連事務次長補)が事務局長代行を務めてきたことに改めて感謝の意を表しました。

 

 

UNAIDS welcomes the appointment of Winnie Byanyima as its new Executive Director

 

GENEVA, 14 August 2019—UNAIDS warmly welcomes the appointment of Winnie Byanyima as its new Executive Director. Ms Byanyima has more than 30 years of experience in political leadership, diplomacy and humanitarian engagement. 

 

 “I am honoured to be joining UNAIDS as the Executive Director at such a critical time in the response to HIV,” said Ms Byanyima. “The end of AIDS as a public health threat by 2030 is a goal that is within the world’s reach, but I do not underestimate the scale of the challenge ahead. Working with all its partners, UNAIDS must continue to speak up for the people left behind and champion human rights as the only way to end the epidemic.” 

 

The United Nations Secretary-General, António Guterres, appointed Ms Byanyima as the UNAIDS Executive Director and United Nations Under-Secretary-General following a comprehensive selection process that involved a search committee constituted by members of the UNAIDS Programme Coordinating Board. The UNAIDS Committee of Cosponsoring Organizations made the final recommendation on the appointment to the Secretary-General. 

 

Ms Byanyima brings a wealth of experience and commitment in harnessing the power of governments, multilateral agencies, the private sector and civil society to end the AIDS epidemic around the world. Ms Byanyima has been the Executive Director of Oxfam

 International since 2013. Prior to that, she served for seven years as the Director of Gender and Development at the United Nations Development Programme.

 

Ms Byanyima began her career as a champion of marginalized communities and women 30 years ago as a member of parliament in the National Assembly of Uganda. In 2004, she became the Director of Women and Development at the African Union Commission, working on the Protocol on the Rights of Women in Africa, an international human rights instrument that became an important tool for reducing the disproportionate effect of HIV on the lives of women in Africa.

 

She holds an advanced degree in mechanical engineering (in energy conservation and the environment) from the Cranfield Institute of Technology and an undergraduate degree in aeronautical engineering from the University of Manchester.

 

The Secretary-General wishes to extend his appreciation and gratitude to the UNAIDS Deputy Executive Director, Management and Governance, Gunilla Carlsson, for her service as the Executive Director, a.i.

 

のど自慢から広がる豊饒な世界 エイズと社会ウェブ版404

 2か月か3か月に1回のペースで開かれている『Living Together のど自慢』の特別編でしょうか。顔で笑って、心で泣いて・・・じゃなかった、カラダで聴いて、心で謳おう! であります。

 東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)で8月16日(金)~18日(日)、20日(火)に開催されるTURNSフェス5のプログラムの一つです。

   ◇ 

f:id:miyatak:20190812133056j:plain   

『Theのど自慢 YES!FUTURE -性について語ろう-』

 多彩で豪華なゲストを出演者とコメンテーターに迎え、性(セクシュアリティ)について言葉にしたり、カラオケ♪したり。1人ひとりの多様な性のありようを知って考える。カラダで聴いて、心で謳おう!

 日時:2019年8月17日(土)15:00~16:30
 場所:東京都美術館ロビー階 第2公募展示室
パフォーマンスエリア
    (東京都台東区上野公園8-36)
 入場:無料
 Facebook: https://www.facebook.com/johnj.bonjour

   ◇

 TURNフェス5については公式サイトをご覧ください。 

turn-project.com

《今年のTURNフェスのテーマは、「Pathways 身のゆくみち」。ひとりひとりが異なる行き方/生き方を、人や表現との出会いを通して見つけていきます。時には振り返り、時には遠回り。誘いに身を任せながら、生まれていく出会いと経験を通して、新しいモノの見方と知覚を発見していきます》
《TURNの参加アーティスト、福祉施設やコミュニティのほか、今回のために呼びかけた多彩な人たちが集結し、様々なプログラムを繰り広げる4日間。参加を通して、それぞれの「みち」を体感してみませんか?》

 公式サイトからはフライヤーもダウンロードできるようですね。そのフライヤーにこんな記述もありました。

《TURNとは、障害の有無、世代、性、国籍、住環境などの背景や習慣の違いを超えた多様な人々の出会いによる相互作用を、表現として生み出すアートプロジェクトです。これまでに約60の施設や団体が参加しています。年間を通して展開している多彩なプログラムをもとに、国内外で広くその意義を発信していきます》
《東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団はオリンピック・パラリンピックが開催される2020年の東京を文化の面から盛り上げるため、Tokyo Tokyo FESTIVALとして様々な文化プログラムを展開しています。TURNはその一環として、特定非営利活動法人Art's Embrace及び国立大学法人東京藝術大学と実施しています。また、東京2020公認文化オリンピアードでもあります》

 知らなんだ、早く言ってよ。後半部分はかなり小さな文字ですが、それなりに重要だと思います。
 とはいえ、知らないことばかりで恐縮です。自らの不明を恥じるばかりではありますが、そもそも東京2020公認文化オリンピアードって何?

 東京2020は公益財団法人東京オリンピックパラリンピック組織委員会のことでしょう。ネットで検索すると『東京2020文化オリンピアードについて』 というPDF版の資料が見つかりました。昨年の3月にまとめたもののようです。

 オリンピック・パラリンピックはスポーツだけじゃないよということですね。その公認のプログラムであることはこの際、強調しておきたい。そもそも公認されることが少ないおじさんとしては、非常にまぶしく感じられます。