読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『 LGBTIの人権をまもるために国連が新たな独立専門家ポストを創設』 国連人権理事会 (追加情報あり)

(解説) 国連人権理事会(UNHRC)が性的指向性自認に関する暴力や差別をなくすことを任務とする独立の専門家を任命することになったという短いレポートが国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されていました。その日本語仮訳です。7月1日の理事会で決議が採択されたということですが、人選はまだのようですね。

 国連広報センターの公式サイトで「人権理事会」の項を見ると、『理事会は必要に応じて広範にわたる専門家グループや作業グループの独立性や専門的知識を活用する』と書かれています。

 http://www.unic.or.jp/activities/humanrights/hr_bodies/hr_council/

『個人の資格で務め、任期は最高6年であるが、報酬は受けない』ということで、割に合わないポストのような気もしますが、それでも任務を果たしたいという使命感のようなものが支えなんでしょうね。

(追加)

  人権理事会の決議の内容や背景がよく分からないまま、とりあえずUNAIDSのサイトの記事を訳しましたが、南さんがFace BookでHuman Rights Watchのサイトの記事を紹介しています。
 決議の内容や背景、投票結果(賛成国、反対国、棄権国)などが分かり、参考になります。

www.hrw.org


 

 

f:id:miyatak:20160708214829p:plain

   

LGBTIの人権をまもるために国連が新たな独立専門家を任命へ (UNAIDS公式サイトから)

 http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2016/july/20160704_UNHRC

 国連合同エイズ計画(UNAIDS) Feature Story  2016年7月4日

 

 国連人権理事会(UNHRC)は性的指向性自認に対する暴力と差別を防ぐための独立専門家を置くことになった。7月1日に採択した決議の中で、UNHRCはレズビアン、ゲイ、トランスジェンダーインターセックス(LGBTI)の人たちの人権に専門に取り組む初の世界人権メカニズムの創設を決めた。

 「UNAIDSはこの地位の創設を歓迎します。レズビアン、ゲイ、トランスジェンダーインターセックスの人たちの人権と健康の促進に独立の専門家は極めて重要な役割を果たすでしょう」とUNAIDSのミシェル・シディベ事務局長はいう。「性的指向性自認に基づく暴力と差別をなくし、誰も置き去りにせずにエイズ終結を目指すために緊密な協力関係のもとで独立専門家と活動できることを期待しています」

 世界のすべての地域で、暴力行為や差別、およびその他の人権侵害がLGBTIの人びとに加えられている。こうした事案は、LGBTIの人びとのHIVに対する脆弱性を増し、保健およびその他の社会サービスへのアクセスを制限するなど極めて広範な影響を社会に及ぼしている。社会一般の成人人口と比べると、ゲイ男性および男性とセックスをする男性は24倍、トランスジェンダーの人たちは49倍もHIV陽性率が高い。

 独立の専門家は、性的指向性自認に基づくすべての暴力と差別に対応することが任務となっている。彼もしくは彼女は、暴力と差別の根本原因を突き止め、技術支援と能力強化支援を提供するため、各国政府および関連関係機関の担当者と対話および協議を行う。任務を果たすために独立専門家はLGBTIの人たちが直面している重大な保健課題に光をあてていくことになる。

 

 

New United Nations independent expert for the human rights of LGBTI people

          04 July 2016

 

The United Nations Human Rights Council (UNHRC) has established the position of independent expert on protection against violence and discrimination based on sexual orientation and gender identity. In a resolution, adopted on 1 July, the UNHRC created the first ever global human rights mechanism specifically dedicated to the human rights of lesbian, gay, bisexual, transgender and intersex (LGBTI) people.

 

“UNAIDS welcomes the establishment of this position. The independent expert will be critical for advancing the human rights and health of lesbian, gay, bisexual, transgender and intersex people,” said Michel Sidibé, UNAIDS Executive Director. “We look forward to working closely with the independent expert to end violence and discrimination based on sexual orientation and gender identity and to ensuring that no one is left behind in ending AIDS.”

 

In all regions of the world, acts of violence, discrimination and other forms of human rights violations are committed against LGBTI people. These violations have a far-reaching impact on society, including by contributing to increased vulnerability to HIV among LGBTI people and limiting their access to health and other social services. Compared with adults in the general population, gay men and other men who have sex with men are 24 times more likely to acquire HIV, and transgender people are 49 times more likely to be living with HIV.

 

The independent expert is mandated to address all violence and discrimination faced by people on the basis of their sexual orientation and gender identity. He or she will engage in dialogue and consult with states and other relevant stakeholders to address the root causes of violence and discrimination and will provide technical assistance and capacity-building in support of national efforts. In fulfilling the mandate, the independent expert will help shed light on the serious health challenges faced by LGBTI people.