読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キーポピュレーションのHIV予防

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)のキーポピュレーションに関するFeature storyの日本語仮訳です。前半は先日紹介したHANDS UPキャンペーンの「キーポピュレーションと予防」と同じ文章でした。後半もどこかで訳したような記憶がありますが、ともかく紹介しておきます。

 

f:id:miyatak:20161128203741p:plain

キーポピュレーションのHIV予防

   2016.11.22

http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2016/november/20161121_keypops

 

 2010年以降、成人(15歳以上)の年間新規HIV感染者数は世界全体で推定190万人のまま横ばいの状態が続いている。2015年には、セックスワーカー、注射薬物使用者、トランスジェンダーの人びと、受刑者、ゲイ男性その他の男性とセックスをする男性およびこの人たちの性パートナーを含むキーポピュレーションのメンバーが、新規感染全体の45%を占めていた。

 国または地域によっては、キーポピュレーションの感染率が極めて高いところがある。南部アフリカの数カ国におけるセックスワーカーHIV陽性率は50%から70%だった。ジンバブエでの調査の一つによると、男性受刑者で27%、女性受刑者で39%、セックスワーカーで60%に達しており、このうちの9.6%は2009年から2014年の間に感染していた。ゲイ男性その他の男性とセックスをする男性の間での新規感染は近年、すべての地域で増加している。各国を通じ、キーポピュレーションの人たちは他の人たちと比べて、10倍から50倍も高いHIV感染のリスクにさらされている。

 同性間の関係やセックスワーク、薬物所有と保持に対し、犯罪として扱ったり、保健部門を含めた社会のスティグマが強かったりすることが、キーポピュレーションをHIV予防サービスの利用から遠ざけている。政府による効果的な支援、および各グループの実情にあわせたサービスを提供しうるコミュニティベースで実効性の高いHIV予防、治療プログラムが現状ではあまりにも少なく、規模も小さい。このことが新規感染を減らせない結果を招いている。

 キーポピュレーションの新規HIV感染を2020年までに75%減らすという目標を達成するには、プログラムの大規模な拡大とそれを可能にする社会的、法的環境の創出が必要となっている。

 

 

キーポピュレーションの新規HIV感染を減らさなければならない

 成人の新規HIV感染は2010年以降、世界全体で推定190万人のまま横ばいの状態が続いており、エイズ流行終結に向けたさらなる前進を困難なものにしている。

 ゲイ男性その他の男性とセックスをする男性の間での新規HIV感染は世界中で増加している。セックスワーカートランスジェンダーの人びと、注射薬物使用者、受刑者の間でも新規感染のはっきりとした減少は認められない。南部アフリカで行われた調査では、成人全体に比べ、セックスワーカーHIV陽性率は10~20倍も高い。検査を受けたセックスワーカーの50%がHIVに感染していた。ジンバブエで行った調査の一つでは、HIV陽性率が86%に達していた。世界中で1万1000人以上のトランスジェンダーの人びとを対象にした調査の結果を総合すると、推定HIV陽性率は19.1%だった。

 キーポピュレーションは依然、HIV感染に対して最も脆弱な状態のままだ。UNAIDSが得ているデータを分析すると、2014年には中央アジア、ヨーロッパ、北米、中東、北アフリカの新規HIV感染の90%以上が、キーポピュレーションおよびその性パートナーの感染だった。2015年には世界全体の新規HIV感染の45%がキーポピュレーションの感染で占められている。

 キーポピュレーションのHIV予防対策を強化するには、コンドームと潤滑剤、曝露前予防服薬(PrEP)、消毒した注射器・注射針、検査と治療といったツール提供するために各国の国内投資と国際資金投資の両方を増やす必要がある。しかし、そうしたコンビネーションHIV予防サービスの設計と実施は制限されることが多い。キーポピュレーションへの保健投資やキーポピュレーションとの協力に社会があまり積極的ではないためだ。

 スティグマや同性間の関係、薬物使用、セックスワークに対し、社会的なスティグマが強かったり、犯罪として扱ったりすることから、キーポピュレーションは社会の周縁へと押しやられている国が多い。保健分野における差別を含め、キーポピュレーションを追い出そうとする動きが、効果的なHIVサービスの提供を妨げている。キーポピュレーションをエイズ対策の中に十分なかたちで受け入れること、そしてサービスを利用できるようにすることが緊急に必要である。

 コミュニティの力を高め、コミュニティ主導の市民社会組織と政府との開発パートナーが協力してコンビネーション予防サービスを提供していくためにはキーポピュレーションの参加が必要であり、それを可能にするガイドラインやツールも、すでに用意されている

 これまでに得られたエビデンスによれば、スティグマや差別がなく、キーポピュレーションのコミュニティが参加しやすい環境のもとでサービスが提供されることで、新規HIV感染は大きく減ることが明らかになっている。たとえば、サンクトペテルブルクでは、ストリートの若者たちのHIV陽性率が、2006年から2012年の間に73%も下がっている。注射薬物使用を始めないようにしたことがその主な要因だった。ストリートの若者のHIV流行がこれほど顕著に減少したのは、集中的な支援プログラムと社会経済的条件の改善に取り組んでからだった。

 キーポピュレーションが生活し、働いている都市や場所で、それぞれの国やコミュニティ組織のネットワークがこうした成功事例を広げ、コンビネーション予防プログラムの規模を拡大していくことができれば、2020年までに新規HIV感染を75%減らすという予防目標達成の高速軌道に乗ることが可能になる。

 

『いま直面している問題はは、社会がインクルージョンの意識に欠け、広く差別が存在していることです。キーポピュレーションのニーズに対応できなければ、エイズ流行の終結は望めません。これは明らかなことです』(UNAIDSのルイス・ローレス副事務局長)

 

 

HIV prevention among key populations

 22 November 2016

 

Since 2010, the annual global number of new HIV infections among adults (15 years and older) has remained static, at an estimated 1.9 million. Members of key populations, including sex workers, people who inject drugs, transgender people, prisoners and gay men and other men who have sex with men, and their sexual partners accounted for 45% of all new HIV infections in 2015.

 

In some countries and regions, infection rates among key populations are extremely high—HIV prevalence among sex workers varies between 50% and 70% in several countries in southern Africa. One study from Zimbabwe found HIV prevalence rates of 27% for male inmates, 39% for female inmates and 60% for sex workers, with 9.6% of these getting newly infected between 2009-2014. New infections among gay men and other men who have sex with men have been increasing in all regions in recent years. Across countries, key populations are between 10 and 50 times in greater risk of HIV infection compared to other adults. 

 

Criminalization and stigmatization of same-sex relationships, sex work and drug possession and use, and discrimination, including in the health sector, are preventing key populations from accessing HIV prevention services. Effective government support and community-based and implemented HIV prevention and treatment programmes that provide tailored services for each group are currently too few and too small to result in a significant reduction in new infections.

 

In order to achieve the target of reducing new HIV infections among key populations by 75% by 2020, a large-scale increase of programmes and the creation of an enabling social and legal environment are needed.

 

 

We must reduce new HIV infections among key populations

 

The global number of new HIV infections among adults has remained static, at an estimated 1.9 million, since 2010, threatening further progress towards the end of the AIDS epidemic.

 

New HIV infections among gay men and other men who have sex with men are rising globally, and there has been no apparent reductions of new infections among sex workers, transgender people, people who use drugs or prisoners. Studies conducted in southern Africa have found HIV prevalence 10–20 times higher among sex workers than among adults in the general population, with rates of HIV infection reaching 50% of all sex workers tested, and HIV prevalence reaching 86% in one study in Zimbabwe. A synthesis of studies including more than 11 000 transgender people worldwide estimates HIV prevalence to be 19.1%.

 

Key populations remain among the most vulnerable to HIV. Analysis of the data available to UNAIDS suggests that more than 90% of new HIV infections in central Asia, Europe, North America, the Middle East and North Africa in 2014 were among people from key populations and their sexual partners, who accounted for 45% of new HIV infections worldwide in 2015.

 

Reinvigorating HIV prevention among key populations requires domestic and international investments to provide key populations with tools, such as condoms and lubricants, pre-exposure prophylaxis and sterile needles and syringes, and testing and treatment. However, the design and delivery of such HIV combination prevention services is often limited by a reluctance to invest in the health of key populations and to reach out to them.

 

In many countries, key populations are pushed to the fringes of society by stigma and the criminalization of same-sex relationships, drug use and sex work. Marginalization, including discrimination in the health sector, limits access to effective HIV services. There is an urgent need to ensure that key populations are fully included in AIDS responses and that services are made available to them.

 

Guidelines and tools have been developed for and with the participation of key populations in order to strengthen community empowerment and improve the delivery of combination prevention services by community-led civil society organizations, governments and development partners.

 

The available evidence shows that when services are made available within an environment free of stigma and discrimination and involving key population communities, new HIV infections have declined significantly. For example, street youth in St Petersburg had a 73% decrease in HIV seroprevalence from 2006 to 2012, primarily due to decreased initiation of injection drug use. This marked reduction in the HIV epidemic among street youth occurred after implementation of extensive support programs and socio-economic improvements.

 

The replication of such successes and the scale-up of combination prevention programmes in all cities and sites where key populations live and work, implemented by countries and community organization networks, will help prevention efforts get back on track to achieving the target of reducing new HIV infections by 75% by 2020.

 

Quotes

 

“WHAT MATTERS IS THE LACK OF INCLUSION AND WIDESPREAD DISCRIMINATION. IT IS CLEAR THAT WE CANNOT END THE AIDS EPIDEMIC WITHOUT TAKING CARE OF THE NEEDS OF KEY POPULATIONS.”

LUIZ LOURES DEPUTY EXECUTIVE DIRECTOR, UNAIDS