読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

力強い科学、果敢なアクティビズム  国際エイズ学会(IAS)年次書簡2017

エイズ・感染症

 国際エイズ学会(IAS)の公式サイトに2017年の年次書簡が掲載されました。時期的に見て年頭にあたってのメッセージという感じでしょうか。その冒頭のオーウェン・ライアン事務局長あいさつの日本語仮訳です。

《地球上のいくつかの地域がナショナリズムと外国人嫌悪へとシフトしつつあるという懸念の中で、私たちの世界的な闘いの将来はどうなるのでしょうか。同時代における最大のパンデミックと闘い、獲得してきた成果がするりと手の内から滑り落ちてしまうのでしょうか》

世界の現状に対するかなり厳しい認識が示されています。当然というべきでしょうか。2016年の「エイズ終結に関する国連総会ハイレベル会合」からまだ1年もたっていません。どうなるのか。書簡の表紙写真の女性のマスクには、ACT UPのスローガン

『SILENCE=DEATH』のピンクトライアングルが書き込まれています。

科学とアクティビズムの連帯。それはそれで力強くはあるのだけど、私などはその「連帯」のしかたが科学に引きずられすぎているような印象もぬぐえません。事務局長メッセージには賛同しつつも、書簡全体で現状をどうとらえているのか、そのあたりを見ていく必要もありそうです。ちょっと長いけど時間を見つけながら全文を少しずつ訳していくか。

 

 f:id:miyatak:20170306203047j:plain

力強い科学、果敢なアクティビズム

 国際エイズ学会(IAS)年次書簡2017

http://www.iasociety.org/Annual-Letter-2017

 

2017年を行動の年に

親愛なるIASメンバー、パートナーの皆さん

 2017年の年頭、私たちのコミュニティは心配と不安でいっぱいでした。政治的、社会的な変化は期待を裏切り続け、前途に何が待ち受けているのか、まったく予想ができなくなってしまうのではないか。人権について、難民や移民の窮状について、ジェンダーの平等について、そして人としてかわした約束の効力について、心配なことばかりです。

 そのどれもが私たちのHIVとの闘いに深く関わっています。HIV/エイズはまさに変化を糧に世界に広がる感染症であるからです。

 地球上のいくつかの地域がナショナリズムと外国人嫌悪へとシフトしつつあるという懸念の中で、私たちの世界的な闘いの将来はどうなるのでしょうか。同時代における最大のパンデミックと闘い、獲得してきた成果がするりと手の内から滑り落ちてしまうのでしょうか。

 いいえ、そんなことはありません。少なくとも、いまはまだ、そうなっていません。

  不安と懸念のまさにその中にあって、ようやく勝ち得た成果を守ろうとする動きが起きています。世界各地で何百万という人が1月のウーマンズマーチに加わりました。助けを必要とする人たちを危険視したり、孤立させたりするような新たな世界秩序に決然と反対し、無関心ではいられないという大きな意思を示したのです。

 私たちは歴史を観察したり、生き延びたりしているだけではありません。そうではなく、歴史をどう作るのか、その方法を知っていることも活動を通して明らかにしてきました。それが私たちの強みです。単なる歴史の旅行者ではなく、コンダクターでもあるのです。

 2016年が目覚ましい成果をあげた年だったことを忘れてはなりません。世界エイズ結核マラリア対策基金は、今年から3年間の資金が補充されました。エイズ終結に関する国連総会ハイレベル会合では、すべてのレベルでエイズと闘うことを世界が約束しました。第21回国際エイズ会議(AIDS2016)が南アフリカのダーバンで開催され、再びHIV/エイズ分野の歴史的な会議となりました。

 長時間作用型抗レトロウイルス薬開発、南部アフリカにおけるこの10年で初の大規模HIVワクチン臨床試験開始、HIV治療を受けている人が1800万人を突破、世界保健機関(WHO)勧告にも後押しされたHIV自己検査の普及拡大など、さまざまな分野で私たちは引き続き成果をあげています。

 ダーバンへの帰還は、2000年の治療アクセス運動の誕生から私たちがどれほど大きな成果をあげてきたのか再認識する機会となり、エイズコミュニティは再会と再生を果たしました。AIDS2016にはエイズ会議史上最多の若者が参加し、その若いリーダーたちによって科学とアクティビズムの団結は一段と強固なものになりました。

 しかし、ダーバンは注意喚起の機会でもあります。UNAIDSが発表した報告書は、国際的な予防対策の成果があがっていないことを警告しています(注1)。資金動向に関する別の報告書は、国際ドナーがエイズから離れつつあるという恐るべき事態を指摘しています(注2)。キーポピュレーションのニーズにどう対応するかをめぐり、国連ハイレベル会合で国際社会の議論が大きく揺れ動いてからわずか数週間後には、こうした問題が指摘されているのです。

 2016年が自己満足に対する警告の年だったとしたら、2017年はエイズコミュニティが自らの課題を受け止め、医学研究とコミュニティのリーダーシップがもたらした歴史的なチャンスをつかみ取るために、決意を新たにする年としなければなりません。

 また、今年は多分野と真に連帯すべき年でもあります。初の国連ハイレベル会合に向けて準備を進める結核コミュニティ;グローバル・ギャグ・ルール復活に反対して闘うセクシュアル・アンド・リプロダクティブ・ヘルスアンドライツ(性と生殖の健康と権利)コミュニティ;手頃な価格の治療薬へのアクセスを拡大し、予防可能な疾病による死亡を減らすべく闘っている肝炎コミュニティ;私たちが生きているうちにHIV、がんの治癒実現を目指す、がんコミュニティ、と連携していかなければなりません。最終的にわたしたちすべてが一つの国際保健コミュニティの一員として、人権と社会正義を実現し、健康を追求するために連帯していく必要があります。

 今年7月には第9回国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議(IAS2017)が、パリで開催されます。HIV研究史上で最も重要なブレークスルーのいくつかが生まれた都市です。この会議こそが、内向きになる世界と闘い、トンネルの向こうに光が見えてきたこの瞬間に、何千万というHIV陽性者およびHIVに影響を受けている人びとへの信義を守る最も重要な機会となるでしょう。

 パリで皆さんにお会いできることを期待しています。

 

 IAS事務局長、オーウェン・ライアン

 

 

 

STRONG SCIENCE, BOLD ACTIVISM

 

Making 2017 a year of action

 

Dear IAS Members and Partners

 

As 2017 begins, our community is anxious and concerned. Political and societal changes continue to upend our expectations and generate uncertainty about what is ahead of us. We worry about human rights, the plight of refugees and migrants, progress towards gender equality, and the strength of our commitment to each other as human beings.

 

Deeply wrapped up in all of this is our fight against HIV – a disease that has shown itself adept at exploiting the very changes that seem to be dominating our world.

 

As corners of the planet shift towards nationalism and xenophobia, we wonder where the future of our global cause lies. Is the progress we have made against the greatest pandemic of our time slipping through our hands?

 

 

No, it’s not – at least not yet.

 

In the midst of this anxiety and uncertainty, we’ve seen action and defiance against rolling back hard-won gains. The millions of people who participated in Women’s Marches around the world in January are proof that apathy doesn’t rule, that a collective determination is there to resist a new world order that demonizes and isolates those in need.

 

Our movement has shown that we know how to make history, not merely observe or survive it. That is our strength. We are not history’s passengers. We are its conductors.

 

And let’s remember: 2016 was a remarkable year for our work. In those 12 months: The Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria was replenished; the world demonstrated its political commitment at all levels to fight AIDS at the United Nations General Assembly High-Level Meeting on Ending AIDS; and we returned to Durban for the 21st International AIDS Conference (AIDS 2016) for a, yet again, historic meeting on HIV and AIDS.

 

Continued progress can be seen across our work – in the development of long-acting antiretrovirals; the launch of the first large-scale HIV vaccine trial in southern Africa in nearly 10 years; the more than 18 million people receiving HIV treatment; and growing momentum for the scale-up of HIV self-testing, spurred in part by the World Health Organization’s (WHO) recommendation.

 

The return to Durban reunited and rejuvenated the AIDS community, reminding us how far we have come from the birth of the treatment access movement in 2000. AIDS 2016 sparked a revitalized union between science and activism led by a new generation of leaders as demonstrated by one of the largest youth participation levels ever seen at an AIDS conference.

 

But Durban was also a wake-up call. UNAIDS released an alarming report detailing how our prevention efforts have faltered1. And a separate report on funding trends gave rise to genuine fears that international donors are moving on from AIDS2. These signs of trouble came only weeks after the global community wavered in its commitment to address the needs of key populations at the UN High-Level Meeting.

 

If 2016 served as a wake-up call from complacency and premature congratulations, 2017 must be the year when the AIDS community confronts our challenges and renews our determination to grasp the historic opportunities that scientific research and community leadership have given us.

 

This must also be the year we truly join arms with our colleagues in other disciplines. We must align our cause with the TB community as it prepares for the first-ever High-Level Meeting on TB at the United Nations; with the sexual and reproductive health and rights community as it grapples with the reinstatement of the Global Gag Rule; with the hepatitis community as it works to increase access to affordable medicines and reduce mortality to preventable illness; and the cancer community as we together look for a cure to end HIV and cancer in our lifetimes. Finally, we must all as one global health community work to solidify and entrench human rights and social justice in the pursuit of health.

 

In July this year, we reconvene for the 9th IAS Conference on HIV Science (IAS 2017) in Paris, the home of some of the most important breakthroughs in HIV science. The meeting offers a critical opportunity for our community to resist a world turning inward, and to demand that at this pivotal moment – when we can actually see the light at the end of the tunnel – we must keep faith with the tens of millions of people living with and affected by HIV.

 

I hope to see you there.

Sincerely

 

OWEN RYAN

IAS Executive Director