読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイズ&ソサエティ研究会議(JASA)第125回フォーラム『エイズ予防指針見直し傍聴報告』 3月21日(火)

 昨年12月から続けられているエイズ予防指針の改訂に向けた議論をテーマにフォーラムを開催します。

 日時:2017年3月21日(火)午後7時~8時半
    場所:ねぎし内科診療所(地下鉄丸ノ内線四谷三丁目1番出口)
    東京都新宿区四谷三丁目9 光明堂ビル5階
     http://www1.odn.ne.jp/negishi-naika/basho.html
参加費:1000円
問い合わせ:エイズ&ソサエティ研究会議事務局 yz235887@za3.so-net.ne.jp

 

f:id:miyatak:20170228084252g:plain

 

 《感染症法に基づくエイズ予防指針は1989年に告示されて以来、ほぼ5年をメドに見直しが行われています。医学研究の成果や社会的環境の変化などを踏まえ、流行の現状により即した対策を実施していくための見直しです。これまでに2度にわたる改訂があり、今回が3度目の見直しとなります。
 昨年12月に厚生科学審議会エイズ性感染症小委員会で検証作業がスタートし、今年2月までに3回の会合が開かれました。4回目の会合は4月になる見通しです。
 今回はエイズ性感染症の2つの予防指針の見直しが同時に進められていることが大きな特徴です。また、エイズ予防指針については最近のHIV治療の進歩と研究の成果を踏まえ、予防としての治療(T as P)の考え方をどこまで指針に反映させるか、HIV感染にまつわる社会的な諸課題への対応にそうした発想がどのように影響していくのかが焦点となっています》

 厚生科学審議会エイズ性感染症小委員会については、厚労省の公式サイトに資料や議事録が掲載されています。こちらから。