読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際エイズ学会(IAS)第2次ダーバン宣言 エイズと社会ウェブ版233

エイズと社会 国際感染症関係論

 7月18日(月)から22日(水)まで南アフリカのダーバンで第21回国際エイズ会議(AIDS2016)が開催されます。その会議に向けて国際エイズ学会(IAS)が第2次ダーバン宣言をまとめ、公式サイト上で賛同の署名を呼びかけています。その日本語仮訳です。

 「第2次」となっているのは、ダーバンで2000年7月に第13回国際エイズ会議が開かれ、そのときにもIASの医学者らが中心になって宣言を発表しているからです。

 南アフリカは当時、ネルソン・マンデラ氏が引退し、ターボ・ムベキ大統領が政権を担っていました。そのムベキ大統領がどういうわけか、「HIVエイズの原因ではない」という説を唱えるアメリカの学者に傾倒し、したがって抗レトロウイルス薬に効果はないと言い出しました。ムベキ氏の第1次ダーバン会議におけるメッセージはひと言で言えば、アフリカのエイズの原因はHIVではなく、貧困だというものでした。

おそらくはアフリカの指導者として、様々な思惑もあったうえでの発言だったのではないかとは思います。確かに貧困はエイズの流行の大きな拡大要因でもあります。

ただし、それがなんで「エイズの原因はHIVではない」という話につながるのか。治療を求めていた南ア国内のHIV陽性者にとっては差し迫って生きるか死ぬかの問題です。激しい抗議行動が展開されました。

世界中のHIV/エイズ研究者も、ムベキ氏の見解に異を唱え、エイズの原因はHIVであるとする宣言に世界中の5000人の医学者が署名しています。

その第1次ダーバン宣言から16年。新宣言はそれほど長いものではないので、詳しくは本文を読んでいただきたいのですが、冒頭では次のように指摘しています。

『世界のHIVコミュニティが前回、ダーバンに集結した2000年以来、エイズ対策は目覚ましい成果をあげてきました。HIVの拡大に歯止めをかけたのはその最初のステップです。次のステップでは、人権と社会正義の課題にしっかりと対応するため、投資を増やし、活動をさらに広げていかなければなりません』

2000年からの第1段階を経て、16年後のいまは「人権と社会正義の課題」にしっかりと対応すべき第2段階に入ったという認識ですね。これまでの科学的成果と今後の課題をそれぞれ5項目ずつあげ、「いまこそ」と署名を呼びかけています。

 

f:id:miyatak:20160614143528p:plain

 

国際エイズ学会(IAS)第2次ダーバン宣言

  いまこそ公平な権利へのアクセスを!

http://www.iasociety.org/Second-Durban-Declaration

 

 世界のHIVコミュニティが前回、ダーバンに集結した2000年以来、エイズ対策は目覚ましい成果をあげてきました。HIVの拡大に歯止めをかけたのはその最初のステップです。次のステップでは、人権と社会正義の課題にしっかりと対応するため、投資を増やし、活動をさらに広げていかなければなりません。

 科学的には大きな進歩があったにもかかわらず、私たちは依然として、現実の世界においてその進歩を妨げる構造的な障壁に直面しています。科学的な成果が可能にした将来を実現するには、発見と実践との間に立ちはだかる障壁を取り除くより大きな約束を果たす必要があります。第21回国際エイズ会議(AIDS2016)では、そのピース ― エイズ流行終結に必要となる重要な科学的成果と前進を妨げる主な構造的障壁 ― を持ち寄り、必要な資金の確保を含め、より大きな政治的約束を確実に実現していけるようにしなければなりません。

 

注目すべき5つの科学的成果

  1. HIV陽性者のために抗レトロウイルス治療へのアクセスを確保

抗レトロウイルス治療(ART)の早期開始と継続は、HIV陽性者の健康に大きな利益をもたらし、社会全体に対しても予防としての治療の効果があることは、否定できない成果として広く認められています。資金の制約があるとはいえ、すべてのHIV陽性者が診断を受けARTへのアクセスを確保できる状態を実現しなければなりません。

  1. 最新のコンビネーションHIV予防パッケージの普及

曝露前予防投与(PrEP)と男性の自発的な割礼手術は、HIV予防科学の大きなブレークスルーです。ユニバーサルなART実現がもたらす利益の中に位置づけ、重要な課題としてとらえる必要があります。PrEPの注射剤など長期作用型のより便利な予防方法も、現在のコンビネーションHIV予防パッケージの不可欠な一部となるよう開発を進めるべきです。

  1. 感染症、併存症の治療と管理

HIV陽性者の疾病罹患率と死亡率は、重感染症と併存症が高くなっています。新たな技術と治療薬の開発が進み、とりわけC型肝炎結核HIVの重感染では現在、その選択肢が大きく普及拡大をはかるべき段階に達しています。糖尿病や高血圧のような非感染症も関連を注意深くみておくべきもうひとつの重要な領域です。

  1. ワクチンと完治療法への研究の強化

予防ワクチン戦略およびART中断中の持続的なHIV緩解は依然、流行を制御するうえで最も信頼性が高く、経済的にも持続可能な手段と考えられています。ワクチン開発とHIV完治研究の最近の成果は、必要な資金を確保し、エイズを過去の歴史的出来事にしたいという強い動機を持つことで、もっと加速していかなければなりません。

  1. 実施研究の活用

実施研究はHIVカスケードの全段階を通じ、アクセス、容認、理解、継続、服薬の維持を実現するための基礎として重要性を増しています。ケアの区別化モデルその他の革新的アプローチを生かし、科学研究を長期の持続的かつ公正な成果につなげていくものです。

 

 

5つの大きな構造的障壁への対応

 

  1. HIV流行のさまざまなシナリオにあわせキーポピュレーションに焦点をあてる

キーポピュレーション ― 男性とセックスをする男性、トランスジェンダーの人たち、セックスワーカー、注射薬物使用者 ― はHIVから極端に大きな影響を受けており、これらのグループの間では最近、HIV感染の再増加も見られています。国の対策は10代のキーポピュレーションも含め、こうしたグループが自らの力で流行に対応できる環境を整え、カスケードの全段階においてHIVサービスを利用しやすいようにしなければなりません。

  1. ジェンダーの不平等に取り組み、若い女性、女児の地位向上をはかる

社会に根強く残る不平等のために、若い女性や女児 ― トランスジェンダーの女性を含む ― はとりわけHIVに感染しやすい状態に置かれています。若い女性や女児の流行を終結させるには、多部門にわたる政策とプログラムが相乗効果を発揮できるようにし、性と生殖に関する健康と権利を含んだ世界規模の計画が必要です。

  1. HIV陽性者とキーポピュレーションに対するスティグマと差別を生み出す法律、政策、慣行を変える。

キーポピュレーションやHIV陽性者に対し、さまざまな場面で不適切な規制(性と生殖に関する権利の侵害など)や制限(入国、滞在、居住規制)、罰則(HIV非開示、曝露、感染に対する犯罪化)、誤った防護策(同性愛、セックスワーク、薬物使用に対する犯罪化;暴力防止策の欠如)のある法律や政策、慣行が存在し、それを修正し、取り除くためには、これまでも長い時間がかけてきました。

  1. 市民社会とコミュニティ主導の対策に対する投資を拡大する。

アクティビスト、アドボケート、サービス提供者として市民社会は長くエイズ対策の中心であり、政治の指導者が流行にきちんと対応するように説明責任を求め、行動を促してきました。こうしたグループは多くの場面で、規制法や資金カットに包囲され、活動を妨げられることもありました。グローバルなHIVコミュニティは市民社会と連帯し、HIV対策における役割を再確認しなければなりません。

  1. 最前線の保健医療従事者の能力を強化する

就労前および就労中の研修を全国的に実施し、患者中心のケアを提供するために最前線の保健医療従事者が必要とするもの身につけられるようにします。この研修には、スティグマや差別に対応することも含まれる。保健医療従事者のスティグマや差別は、HIVサービスへのアクセスを妨げる最も大きな障壁の一つと考えられていることがしばしばあるからです。

 

 ダーバンに今年、国際エイズ会議が帰ってきたことは、エイズ対策において誰も置き去りにしないという方針に明確な道筋をつける重要な瞬間に立ち会うことであり、私たち署名者はそれに同意します。私たちがこの流行の歴史について書くことがあれば、2016年のダーバンで、私たちは流行の流れを永遠に変える機会をつかんだと書けるようにしましょう。

 ほかのどの時期よりもいまが、いまこそが公平な権利へのアクセスを確実にするときです。

 

 

 

 

The Second Durban Declaration

Access Equity Rights - Now!

 

There has been remarkable progress in our response to AIDS since the global HIV community last convened in Durban in 2000. Curbing the spread of HIV was the first step. Accelerating investment and action on a robust human rights and social justice agenda is the next.

 

Despite significant scientific advancements, we continue to encounter structural barriers that impede real world progress. Realizing the promise of scientific achievement requires a greater commitment to removing barriers between discovery and implementation. The 21st International AIDS Conference (AIDS 2016) must bring these pieces together – the key scientific advances needed to end the epidemic and the key structural barriers impeding progress – and secure greater political commitment including financial resources to get the job done.

 

 

Focussing on the five key scientific advances

 

  1. Ensure access to antiretroviral therapy for all people living with HIV

The benefits of early and sustained antiretroviral therapy (ART) for the health of people living with HIV and treatment as prevention in the overall population are undeniable and broadly recognized. We must ensure that on diagnosis ART access for all people living with HIV becomes a reality despite resource constraints.

 

  1. Scale up modern combination HIV prevention packages

Pre-exposure prophylaxis (PrEP) and voluntary medical male circumcision are major breakthroughs in HIV prevention science. They should complement the benefits of universal ART and must remain a priority. Long-acting and more convenient prevention methods such as injectable PrEP should be further developed to become an integral part of today’s combination HIV prevention package.

 

  1. Treat and manage co-infections and co-morbidities

Morbidity and mortality in people living with HIV is increasingly driven by co-infections and co-morbidities. A range of new technologies and drug options have been developed which now need to be fully scaled up, notably, for hepatitis C and tuberculosis HIV co-infections. Non-communicable diseases like diabetes and hypertension are another important area of linkage requiring attention.

 

  1. Amplify research efforts for a vaccine and a cure

Preventive vaccine strategies and sustained HIV remission while off ART remain paramount to achieving definitive and economically-sustainable epidemic control. The recent progress in vaccine development and HIV cure research should be accelerated, driven by the necessary resources and motivation to consign AIDS to history.

 

  1. Optimize implementation research

Implementation science should increasingly become the cornerstone for realising access, acceptability, uptake, and sustained adherence across the HIV cascade. This will include leveraging differentiated models of care and other innovative approaches to translate science into long-term, sustainable and equitable progress.

 

 

Addressing the five key structural barriers

 

  1. Focus on key populations within and across various HIV epidemic scenarios

Key populations – men who have sex with men, transgender people, sex workers and people who inject drugs – are disproportionately affected by HIV and among these groups there has been a recent resurgence in HIV infections. National responses should create an enabling environment and increase their access to HIV services across the cascade – including for adolescent key populations.

 

  1. Address gender inequality and empower young women and girls

Socially-embedded inequalities render young women and girls – including transgender women - particularly vulnerable to HIV infection. We need a global plan for ending the epidemic among them that includes ensuring multi-sectoral policy and programmatic synergy and embraces sexual and reproductive health and rights.

 

  1. Challenge laws, policies and practices that stigmatize and discriminate against people living with HIV and key populations

It is long past time to amend and remove laws, policies and practices that inappropriately regulate (e.g. violation of sexual and reproductive rights), control (e.g. entry, stay and residence restrictions), punish (e.g. criminalization of HIV non-disclosure, exposure and transmission) and/or fail to protect (e.g. criminalization of homosexuality, sex work and drug use; lack of protection from violence) key populations and people living with HIV in many contexts.

 

  1. Increase investment in civil society and community lead responses

Civil society – as activists, advocates and service providers - has long been the backbone of the AIDS response, ensuring greater accountability and action from political leaders to address the epidemic. In many settings, these groups are under siege by restrictive laws and funding cuts. The global HIV community must stand in solidarity with civil society and reaffirm its place in the HIV response.

 

  1. Enhance capacity of frontline healthcare workers

Ensure that frontline healthcare workers have what they need to provide client-centred care through national roll out of quality pre- and in-service training. This should include addressing stigma and discrimination which is often considered one of the most significant barriers to accessing HIV services.

 

 

We, the undersigned, agree that the return of the conference to Durban this year will be a defining moment to establish a clear path toward guaranteeing that no one is left behind in the AIDS response. When we write the history of the epidemic, let it be that in Durban in 2016 we seized the opportunity to alter the course of this epidemic forever.

 

Now, more than ever we must ensure Access Equity Rights – Now!