読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ダーバンへの道とその先』 国際エイズ学会(IAS)年次書簡2016 その3

 

『ダーバンへの道とその先』(国際エイズ学会IAS年次書簡2016)日本語仮訳の3です。

 

 

◎AIDS2016:

 行動のための大きな課題

 

AIDS2016では、会場の廊下や全体会議、グローバルヴィレッジ対話から、閣僚会議、役員会議、コミュニティグループまで、すべての参加者に真剣な議論を通し、具体的な成果を生み出すよう求めたい。「本当にエイズ終結を目指すには、何をしなければならないのか。現在のエイズ疲れの雰囲気にどう対応していくのか。現在のギャップを埋めるために安定した資金をきちんと確保するにはどうしたらいいのか」

 

以下はIASが自らと世界の指導者、各国政治家、保健分野の指導者、開発パートナー、そしてエイズ流行終結を実現できるかどうかの鍵を握る人たちへの10項目の質問である。

 

1 現場のHIVワーカーへの支援

  現場のワーカーが最新のエビデンスを得て、実践に生かせるようにするにはどうしたらいいのか。HIV予防、ケア、治療のへアクセスを性と生殖に関する健康など他の保健課題や結核マラリア、肝炎などの併存疾患関連のサービスと切れ目なくつなげていくにはどうしたらいいのか。

2 検査と治療提供

  世界保健機関(WHO)による最新の治療ガイドラインを実現するにはどうすればいいのか。各国の治療アクセス拡大に責任を持つのは誰か。さまざまな治療提供モデルをどう拡大していくのか。「ゼロ目標の達成」に向けて民間部門や職場が担う役割はなにか。

3 予防概念の再構築

  包括的予防策について、各国政府およびドナーはどのように必要な資金を確保し、実行し、評価するのか。曝露前予防投与(PrEP)の規制評価を各国はどのように進めるのか。次世代予防オプションの早期利用を可能にするためのHIV予防研究に対し、十分な資金が確保できるのか。コンドーム使用や行動変容プログラム、同僚間の働きかけなど、すでに効果が証明されている予防対策を妨げずに、新たな予防ツール開発を続けていくにはどうしたらいいのか。

4 人権重視

  人権アプローチを引き続きHIV対策の主要原則として維持していくにはどうしたらいいのか。法改正のための闘いを乗り越え、セックスワーカーや男性とセックスをする男性、トランスジェンダーの男女、薬物使用者を含め、すべての人の人権がまもれる環境を生み出すにはどうしたらいいのか。HIV対策から得た教訓を社会正義の遺産として継続的に伝えるにはどうしたらいいのか。

5 完治研究とワクチン開発

  どうすれば完治療法やワクチン開発のための基礎研究を支え続けられるのか。研究者と企業が知識を共有し、研究を促進するために協力していけるのか。次世代研究者に仕事を確保、継続し、若手研究者がHIV研究に積極的に取り組めるようにできるのか。

6 女性、女児のニーズへの対応

  10代の若者やセックスワーカートランスジェンダー、薬物使用者らを含むすべての女性、女児の流行終結に向けたロードマップはあるのか。最近の膣内リング臨床試験の有望な成果を踏まえ、女性主導の予防策を選択肢として追加するにはどうしたらいいのか。女性、女児のHIV感染リスクを高めるようなジェンダー規範に対し、意味のある成果を出せるように取り組むにはどうしたらいいのか。

7 乳幼児へのニーズ対応の改善

  HIV治療の次世代小児用製剤の開発を促進するにはどうしたらいいのか。製薬企業や研究機関が小児用に質の高いスクリーニング方法と治療オプションの開発を進めるには、どのようなインセンティブが必要か。すべてのHIV陽性の子供に対し、新技術が手ごろな価格で迅速に届くようにするにはどうしたらいいのか。

8 男性、男児の健康管理

 男性、男児に対するHIV治療の拡大を進める戦略はあるか。HIV陽生および陰性の10代の少年にもっと直接的に届く若者向けサービスを開発し、提供するにはどうしたらいいのか。男性、男児を社会変革の担い手にすることができるのか。

9 キーポピュレーションへの持続的関与

  HIVカスケードのそれぞれの段階でキーポピュレーション(男性とセックスをする男性、トランスジェンダーの人びと、セックスワーカー、注射薬物使用者など)にアクセスしていく方法をどのように改善していくか。キーポピュレーションが自らの生存にかかわる保健、就労分野の政策やサービスに実質を伴うかたちで関与していけるようにするにはどうしたらいいのか。

10 市民社会および利用者主導の機関への支援強化

  エイズとの闘いにおける市民社会およびアドボカシー活動の価値を最も効果的に伝えるにはどうしたらいいのか。慈善団体とその他の組織のどちらが市民社会への資金支援を増やしていけるのか。エイズ対策にかかわるすべての機関でGIPA(HIV陽性者のより積極的な参加)原則を反映させるにはどうしたらいいのか。コミュニティ主導のサービスをHIV対策のつづれ織りの中でどう広げていくのか。

 

 

 

◎IASの約束

 資金抑制の動きが強まる中で、最大の成果をあげるには、対策の優先順位をつけることがこれまで以上に重要になる。IASの戦略的アプローチでは、すべての行動が科学に基づき、キーポピュレーションの人権を尊重し、適切な資金確保を目指す。

 

 研究を進め、会員のネットワークとアドボカシーの経験を通して必要な支援を行うIASの能力は独特である。その集合的なパワーは依然として強く、現実に働きかける力はむしろ増している。科学、人材、進歩に関する戦略ビジョンのもとで、エイズ対策の変革を求める声に応え、その力を生かしていきたい。これまでにも増して、いまそれが必要である。

 

 2016年を出発点として、IASは以下の5項目を直ちに行動に移すことを約束する。

 

・それぞれの地域の事情を踏まえてエビデンスを生かす。ラテンアメリカ、西アフリカ、東ヨーロッパ、東南アジアの4地域で科学的シンポジウムを開催する。政策とその実行、現場のワーカーが必要とするもののギャップについて、実のある議論を行うため、会合はIAS会員および各国政策担当者が対象となる。こうした議論は、科学的な成果によってHIV流行の流れを変え、新たな発見に対する理解を広げることを助ける。

・現場の保健医療従事者には、国際的および全国レベルの会議への直接のアクセスを提供する。新設のIAS教育基金により、臨床医や応援者がIAS主催の会議に出席するのを助け、そこで学んだことを持ち帰ってコミュニティや職場にしっかりと伝えてもらう。その中には、ピア学習ツールや応用医学プレゼンテーション、最新の医学データなどが含まれ、HIV分野で働く人たち、とりわけ次世代人材の専門能力の強化を助ける。

・治療アクセスを改善し、10代の若者が実質的に参加できるようにする。セクター間の交流と協力、および若者が運営する対話シリーズにより、若者のHIV予防とケアの間のギャップ解消に取り組む。こうしたメカニズムを作ることで、諸課題の専門家と若者の意見の交流をはかり、地球規模のHIV対策に関する情報を交換し、現在の地球規模の対策では対応できていない研究のギャップを埋め、若者の研究能力を高めることになる。

・すべてのHIV陽性者が患者中心のケアを受けられるようにすることを支持する。保健システムの負担を軽減し、HIVケアの改善をはかれるようケア提供者向け基本ツールのセットを開発する。資金の限られた国でケアのアクセス改善と効率化を助けるために、様々なHIVケアの条件に対応できるよう抗レトロウイルス治療提供の多様なモデルを示すことに力を入れる。

HIV完治に向けた研究のロードマップを作る。多分野の国際学術分科会の手引きに基づき、IASは医学研究の世界戦略を更新する作業を開始する。その中で完治研究推進の現実的な時系列見通しを示し、全体的な選択肢の中に位置づけることになる。この戦略は最終的に、研究者、ドナー、その他の関係者が完治を追求するための資金を確保し、研究を促進するツールとして使えるようにするものだ。

 

 上記のようなステップを直ちに踏み出すことは、世界的なアドボカシーの場としての機能を強化し、IASの結集力を行動につなげ、具体的な成果を現場に届けるための広範な努力の一環である。

 

 そうした活動の中心となるのは、流行に大きな打撃を受けている各地のコミュニティに対し、ダーバンの国際エイズ会議で示される新たな科学的エビデンスを伝え、実際の活動につなげていくことだ。

 

 ダーバンは、世界のコミュニティが結集し、これまでの成果を生かして科学的なブレークスルーを達成していく重要な機会になる。私たちが正しい方向に進んでいることを確認する機会にもなる。そうならなければ、私たちがエイズの終わりを真剣に考えることはできないだろう。

 

以下の方々に感謝します:

 この文書作成のための協議や討論に時間と労力を費やしてくれた多数のパートナー、友人たち。Annette Sohn, Ben Plumley, Cate Hankins, Ian Grubb, Jamie Forrest, Judy Auerbach, Karen O’Malley, Mauro Schecter, Mitchell Warren, Pedro Cahn, Rob Caruano and Stefano Vella, さらにフォーカスグループや個別インタビュー、調査に協力していただいた何百人ものIAS会員の皆さん。

 

 

 

AIDS 2016:

BIG QUESTIONS TO DRIVE ACTION

 

From the AIDS 2016 conference hallways, plenary sessions and Global Village conversations to cabinet meetings, boardrooms and community groups, we urge all delegates to challenge each other and to get specific: “What must be done if we really are to end AIDS? How do we address the current AIDS fatigue environment? How can we ensure predictable and sustained financing to close the remaining gaps?”

 

Below are 10 sets of guiding questions we, as the IAS, will be asking – of ourselves, of global policymakers, of national politicians and health leaders, of development partners and of you, who ultimately will be the ones who make the end of AIDS a reality:

 

  1. Supporting frontline HIV workers

How can we ensure that frontline workers have easy access to the latest evidence and the ability to implement it? How can access to HIV prevention, care and treatment be seamlessly integrated with other priority health issues, including sexual and reproductive health and other comorbidities including tuberculosis, malaria and hepatitis?

  1. Realizing test and offer

What are we doing to move the latest World Health Organization treatment guidelines from goal to reality? Whose responsibility is it to ensure countries have what they need to expand access to treatment? How can we scale up differentiated models of HIV treatment delivery? What role should the private sector and workplace play in “getting to zero”?

  1. Reimagining prevention

What are national governments and donors doing to ensure comprehensive prevention is well-funded, implemented and evaluated? What steps can countries take to expedite regulatory review of PrEP? Are we adequately funding the HIV prevention research pipeline to ensure next generation prevention options are available as soon as possible? How do we continue to drive progress on new prevention tools without losing focus on other proven methods, like condoms, behaviour change programmes and peer-to-peer interventions?

  1. Foregrounding human rights

How can human rights approaches remain the key principle of HIV work? How can we move beyond fighting legislation to building environments that support the rights of all, including sex workers, men who have sex with men, transgender men and women and people who use drugs? How can the lessons of HIV be used to build a lasting legacy of social justice?

  1. Advancing a cure and a vaccine

How do we make sure there is continued support for the robust basic science needed to find a cure and a vaccine? How can researchers and private industry better collaborate to share knowledge and expedite the search for a cure and a vaccine? How are we promoting and sustaining careers for the next generation of researchers and ensuring young researchers have a place in the future of HIV science?

  1. Addressing the needs of women and girls

Where is our road map for ending the epidemic among all women and girls, including adolescents and those who are sex workers, transgender and/or who use drugs? How can we build on the promising findings of the recent vaginal ring trials to ensure women have access to additional female-controlled prevention options? How do we meaningfully address some of the gender norms that place women and girls at increased risk of HIV?

  1. Better serving the needs of infants and children

How can we accelerate the development of the next generation of paediatric formulations for HIV treatment? What is needed to incentivize industry and research institutions to develop high-quality screening tools and treatment options for children? How do we ensure that new technologies are affordable and rapidly reach all children living with HIV?

  1. Making health care meaningful for men and boys

How can HIV treatment expansion efforts be more strategically positioned to reach men and boys? How can we develop and implement adolescent-friendly services that more directly reach adolescent males – both HIV positive and negative? How can men and boys become agents of social change?

  1. Renewed and sustained focus on key populations

How can access across the HIV cascade for key populations (men who have sex with men, transgender people, sex workers and people who inject drugs) be improved? How should the meaningful engagement of key populations in policies and services that affect their lives be advanced in the health sector and across the workplace? Are we doing enough to reach adolescent key populations?

  1. Reinvigorating support for civil society and constituency-led agencies

How can we most effectively communicate the value of civil society and advocacy in the fight against AIDS? Which agencies, philanthropies and other institutions will commit to increase funding for civil society? How can we ensure that the GIPA (Greater Involvement of People Living with HIV) Principle is actively put into action by all agencies involved in the AIDS response? How can community-led services increasingly become part of the HIV tapestry?

 

 

THE IAS COMMITMENT

 

 In an environment of increasingly constrained resources, it is more important than ever to prioritize the actions that will have the greatest impact. IAS’ strategic approach is to ensure that every action is grounded in science, respects the rights of key and priority populations and is adequately funded for success.

 

IAS has a unique ability to reach and support key stakeholders through our membership network and the advocacy platform we are building. Our convening power remains as strong as ever and is a catalytic force that is increasingly harnessed. Under the strategic vision of Science. People. Progress. we will match that strength with a representative voice for progressive change in the response to AIDS. Now more than ever.

 

Starting in 2016, IAS is taking its commitments forward with these five immediate actions:

 

    Translate evidence to a regional context. Convene tailored scientific symposia across four regions: Latin America, West Africa, Eastern Europe and Southeast Asia. The meetings will be accessible to IAS members and national policymakers in order to lead practical discussions of the gaps between policy, implementation and what frontline workers need to realize their full potential. These efforts will support scientific advancements that positively alter the course of the HIV epidemic and promote greater understanding of new discoveries.

 

    Provide direct access for frontline health workers to global- and national-level meetings. The newly created IAS Educational Fund will provide support to health clinicians and advocates that allows them to attend IAS-convened meetings and then bring that learning home in tangible ways to their community and workplace. This will include access to peer-learning tools, translational presentations and the latest scientific data to support the professionalization of the HIV workforce – particularly the next generation.

 

    Improve treatment access and the meaningful engagement of adolescents. Identify and address gaps in adolescent HIV prevention and care programmes through increased cross-sector partnerships and a series of youth-run dialogues. By hosting these mechanisms, issue experts and adolescent voices will jointly inform the global HIV response, fill the research gaps that are not being addressed by existing global initiatives and build adolescent research capacity.

 

    Support the adoption of patient-centred care for all people living with HIV. Develop a set of key tools to be used by implementers that will help reduce the burden on health systems and improve the quality of HIV care. To help resource-limited countries improve care access with greater efficiency in-country, we will focus our efforts on differentiating models of antiretroviral therapy delivery that will have far-reaching benefits across the HIV continuum of care.

 

    Develop a road map for research towards an HIV cure. Under the guidance of a multidisciplinary International Scientific Working Group, IAS will launch an updated Global Scientific Strategy. The document will provide clarity on a realistic scientific timeline for cure research and contextualize it within the current landscape of options. The strategy will ultimately serve as a tool for researchers, donors and other stakeholders to drive funding and research to accelerate the search for a cure.

 

 These immediate next steps are one part of IAS’ broader effort to strengthen and build its global advocacy platform, ensuring that the organization’s convening power motivates action across the globe and delivers concrete results on the ground.

 

Central to that effort is moving the new scientific evidence that will be presented in Durban from the conference halls to the local communities that disproportionately face the brunt of the epidemic.

 

Durban offers us that moment to gather as a global community and determine how to harness our past gains, build on bold scientific breakthroughs and ensure we’re making the right strategic choices for the future. Only then will we truly be able to contemplate the end of AIDS.

 

Special thanks:

Many partners and friends contributed time and effort into consultations and discussions that led to this document. Briefly we would like to thank Annette Sohn, Ben Plumley, Cate Hankins, Ian Grubb, Jamie Forrest, Judy Auerbach, Karen O’Malley, Mauro Schecter, Mitchell Warren, Pedro Cahn, Rob Caruano and Stefano Vella, in addition to the hundreds of IAS members who participated in focus groups, one-on-one interviews and surveys.