読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ダーバンへの道とその先』 国際エイズ学会(IAS)年次書簡2016 その1

(解説) 16年ぶりに南アフリカのダーバンで国際エイズ会議が開かれます。

     第21回国際エイズ会議(AIDS2016) 2016年7月18日(月)~22日(金)

     http://www.aids2016.org/

 6月8日(水)~10日(金)にニューヨークで開かれる「エイズ終結に関する国連総会ハイレベル会合」およびその1カ月半後にダーバンで予定されている第21回国際エイズ会議(AIDS2016)という2つの大会議は、今年からスタートした15年間の『持続可能な開発目標』(SDGs)体制のもとでの世界のHIV/エイズ対策の方向性を決定づける重要な機会でもあるでしょう。

 その第2次ダーバン会議に先立ち、 会議の主催団体である国際エイズ学会(IAS)の執行部が『THE ROAD TO DURBAN AND BEYOND』と題した年次書簡を発表し、公式サイトに掲載しました。その日本語仮訳です。

 SDGsの中でのHIV/エイズ分野のターゲットは「2030年までに公衆衛生上の脅威としてのエイズ流行を終結させる」ことです。この「公衆衛生上の脅威としての」という部分はちょっと曲者ではあるのですが、それについては別の機会に検討します。ただし、そうした条件付きではあったとしても、極めて野心的な大目標であることは変わりません。実現できるかどうかも激しく危ぶまれています。

 書簡の書き出しでも「エイズ終結は本当に可能なのか」とカマしているくらいです。

《15年前に新千年紀が始まったばかりの頃を振り返ってみましょう。町で知らない人に声をかけ、世界最大の保健問題は何かと尋ねれば、答えはおそらく「エイズ」でした。

 いま同じ質問をしてもエイズはたぶん、その回答リストには入りません。素晴らしいことです。HIVとの闘いの劇的な成果といえます。それでもなおエイズは続き、広く信じられているよりも多くの人命が奪われています》

 この現実の中で、過去15年間の貴重な経験を引き継ぎ、さらに大きな成果に結びつけることができるのかどうか。もちろん、いま結論を出せるわけではありませんが、IASはこうしようと考えています・・・ということは、ある程度、整理して説明されているように思います。書簡は実は、かなり前から掲載されていたのですが、気が付くのが遅れ、なおかつ翻訳にも時間がかかって少し遅れてしまいました。もうすぐ会議が始まっちゃいますね。悪しからず。少々長いので、3回に分けて紹介します。

 (注:エイズソサエティ研究会議HATプロジェクトのブログにも同じものを掲載してあります)

 

f:id:miyatak:20160602232704p:plain

 

『ダーバンへの道とその先』 国際エイズ学会(IAS)年次書簡2016

http://www.iasociety.org/Annual-Letter-2016

 

エイズ終結は本当に可能なのか

 15年前に新千年紀が始まったばかりの頃を振り返ってみましょう。町で知らない人に声をかけ、世界最大の保健問題は何かと尋ねれば、答えはおそらく「エイズ」でした。

 

 いま同じ質問をしてもエイズはたぶん、その回答リストには入りません。素晴らしいことです。HIVとの闘いの劇的な成果といえます。それでもなおエイズは続き、広く信じられているよりも多くの人命が奪われています。

 

 2014年だけで120万人がエイズで死亡しました。残念ながら10代のHIV関連の死者は2000年当時の3倍に増えています。世界全体の新規HIV感染は減少傾向にあるとはいえ、増え続けている国も多いのです。そのほとんどは途上国であり、男性とセックスをする男性、トランスジェンダーの人たち、セックスワーカー、注射薬物使用者といったキーポピュレーションが中心になっています。

 

 包括的予防、ケア、治療のサービスへのアクセスは拡大しているのに、それでも多くの人がその恩恵を受けていません;若い女性や女児は自らの健康について決定するのに必要な支援を受けていません;男性とセックスをする男性の多くが迫害や逮捕、投獄を恐れ、保健医療従事者に自らの状態を正直に告げられずにいます;多くの国で国外からの移住者が国の保健システムから排除されています;男性の健康管理サービスが適切ではないので成人男性や少年が必要なHIV治療を受けられないでいます;懲罰的な法律のためにセックスワーカーとその客は医療を受けようとしません;トランスジェンダーの人たちにとっては、偏見が強く、理解のない保健医療従事者の存在がサービスを受ける妨げになっています;そして薬物使用者がケアを受けようとすれば、拘留のおそれがあるのです。

 

 その意味で「世界的なHIVの流行」という呼び方は誤っています。一種類の流行があるわけではありません。歴史的な成果があがっている集団や地域はあります。生命にかかわるHIV予防や治療の様々な選択肢を手頃な価格で得ることができ、自らの権利と自由を自覚しながら生活できるのです。しかし、HIVに対する政治的な対応が弱く、保健システムは機能せず、人権は侵害され続け、悲惨な状況の地域も数多くあります。

 

政治の舞台では、エイズを終結に導くツールはすでにあるといった議論がさかんです。目標達成の期限を設定し、ターゲットを定め、最新の治療、ケア、予防のガイドラインも更新されています。世界的な議論は慎重な楽観主義と決意に溢れています。

 

 

◎だが、世界にはいまなお、エイズの終わりが幻想に過ぎないところも多い

 

 期待したほどの成果が得られていないというだけでなく、世界は本当にこの流行を終わらせようとしているのかということも疑われているのです。

 

 世界的な宣言がなされても、なかなか実行されない。それが現実です。エイズとの闘いにおいて実行の遅れは敗北と同じです。本当にエイズを終わらせようとするなら、人びとのために、とりわけ社会的に無視されたり排除されたりしがちな人びとのために、具体的な成果を達成する必要があります。人権アプローチを基盤にして、しっかりとした科学的手法で迅速かつ徹底的に対策を進めていかなければなりません。流行の最前線にいる人たち、政治の議論にはなかなか声が届かない人たちが、科学的、医学的に証明された最新の成果を利用できるようにならない限り、エイズが終わることはないのです。そして、HIVとは切り離すことのできない人権の尊重が基本になければ、そうした成果を活用することはできません。エイズは終わらないのです。すべての場所で、すべての人にその成果が届くよう努力し、それが実現して初めて、私たちは勝利を宣言することができるのです。

 

 大きな試練が待ち受けていることを認識し、国際エイズ学会(IAS)は世界のエイズ対策における自らの役割と目的と立場を再点検します。過去1年、私たちは何が求められているかをより明確にするため、何百人もの会員やパートナーと話をしました。その結果、新たな方向性を2016-20年の組織戦略として具体化させることになったのです。3つの柱があります。

 

科学:基礎科学から実施研究にいたるすべての領域で成果を追求し、IASの組織力を精力的かつ革新的な研究に集中させていく。

人材:科学を実践へとつなげていく人たち― 研究者、医師、看護師、検査技師、コミュニティワーカー、市民社会 ― がその役割を果たせるようにするための資金を確保する。

進歩:科学を政策に反映させ、確実に流行を変えていける政策になるようIASの権威を活用し、保健分野の迅速かつ持続的な改善を進める。

 

 会員制組織として、IASにはこの流行に対し、言葉だけでなく、世界中のすべての場所でエビデンスに基づき、人権尊重を中心に据えた解決策を示していく責任があります。最前線の現場で働く人たちを含めた会員を代表し、最大限の効果を生み出すための組織規範と規則と方針を示すことは私たちの責任です。変化を求める声を上げ、科学とコミュニティが出会える場所をつくっていきましょう。時間はありませんが第21回国際エイズ会議(AIDS2016)までの数カ月に意見を出してください。

 

 IASはAIDS2016の幹事役として、その組織力を各国および各地域レベルの変革の推進力にしていきます。ダーバンで開かれた2000年の国際エイズ会議が世界規模で治療の普及促進の触媒となったように、今年、再びダーバンに戻ってきた会議が、誰も置き去りにしないエイズ対策への明確な道筋を示す決定的な機会となるでしょう。

 

 世界的な目標と政治的なコミットメントについて格調の高い演説を行うだけですませるわけにはいきません。ダーバンで再会するときには、私たち自身に、そして互いに、厳しく困難な問いかけを行い、実体のある答えを求めて、率直に語らなければなりません。

 

 以下の文書は、ダーバンに向けてIASが重視している優先課題を概括しています。重要な質問と話題に関するリストをともに作り、この歴史的な機会を活用しましょう。

 

慎んで

 オーウェン・ライアン IAS事務局長

 クリス・ベイヤー   理事長

 リンダ-ゲイル・ベッカ― 次期理事長

 アントン・ポズニアク 会計担当

 フランソワーズ・バレ-シヌシ 前理事長

 

 

IAS ANNUAL LETTER 2016 

THE ROAD TO DURBAN AND BEYOND

 

Can we really end AIDS?

 

Think back 15 years ago, just after the turn of the millennium. Picture yourself walking down the street, turning to a stranger and asking him or her to name the biggest health problem in the world. The likely answer: AIDS.

 

If you tried that same experiment today, AIDS probably wouldn’t make their list. That’s a good thing. We’ve made dramatic progress in the fight against HIV. But AIDS still continues to claim many more lives than most people realize.

 

In 2014 alone, 1.2 million people died of AIDS. Worryingly, HIV-related deaths among adolescents have tripled since 2000 – an alarming increase, and, while new HIV infections are falling globally, they are on the rise in many countries – mostly in the developing world and among key populations, such as men who have sex with men, transgender people, sex workers and people who inject drugs.

 

 Today, many people aren’t benefiting from increased access to comprehensive HIV prevention, care and treatment services: young women and girls are not adequately supported to make their own health decisions; many men who have sex with men are unable to be honest with health care providers for fear of being harassed, arrested or jailed; migrants are excluded from many national health systems; men and boys are not accessing HIV treatment as readily as they should because health services are not adequately promoted as avenues for managing men’s health; sex workers and their clients are discouraged from seeking healthcare by punitive laws; transgender people find both prejudicial and uninformed health care workers a barrier to accessing services; and people who use drugs frequently risk detention if they seek out care.

 

 In this way, the “global HIV epidemic” is a misnomer. There is not just one epidemic. Some people in some places are witnessing historic success – they can access and afford a variety of lifesaving HIV prevention and treatment options and live knowing their rights and freedoms are protected. In many other places, where political commitment to HIV is weak, health systems are deficient and human rights are persistently violated, the picture is bleak.

 

There has been a great deal of discussion in policy circles about already having the tools we need to end AIDS. We’ve set a deadline, created targets and updated global treatment, care and prevention guidelines to help us reach our goal. At the global level, our discourse is infused with cautious optimism and determination.

 

 

BUT IN FAR TOO MANY PLACES IN OUR WORLD, THE END OF AIDS IS STILL AN ILLUSION

 

 Not only are there fewer signs of progress, there is growing scepticism around whether the world will follow through on commitments to bring the epidemic to an end.

 

The reality is that our global pronouncements are often slow to be taken up in the real world. And in the fight against AIDS, delay is tantamount to defeat. If we are to truly end AIDS, we must ensure that sound science grounded in human rights approaches is more rapidly and thoroughly put to use to achieve concrete results for people – especially those who are marginalized and socially excluded. AIDS will not end until those at the very forefront of the epidemic – those whose voices are all too frequently insufficiently heard in the hallways of political power and influence – have access to the latest scientific and biomedical advancements that we know are so critical. And access to these will not be attained until human rights considerations, and their inextricable links to HIV, are squarely addressed. Unless this is done, AIDS will not be over. We must be sure our efforts succeed in all places and for all people. Only then can we declare victory.

 

Recognizing the profound challenges ahead has led us to re-examine the role, purpose and position of the International AIDS Society (IAS) in the global response to AIDS. Over the past year, we consulted with hundreds of our members and partners to better understand what they need from us. The result is a new direction for the IAS, embodied by our organizational strategy for 2016-2020. It rests on three pillars:

 

 

    Science: Pushing for the full spectrum of scientific achievement – from basic science to implementation research – and using IAS’ convening power to highlight dynamic, innovative work.

 

    People: Ensuring that those responsible for putting science into practice – researchers, physicians, nurses, laboratory workers, community workers and civil society – have the resources they need to do their jobs.

 

    Progress: Driving rapid and sustained improvement in health outcomes by using IAS’ scientific authority to move science into policy and policy into tangible impact against the epidemic.

 

 As a membership-driven organization, we have a responsibility to move beyond rhetoric and spotlight evidence-based, human rights-centred solutions to the epidemic everywhere in the world. It is our responsibility to represent our members – including frontline HIV workers – to the normative, regulatory and policymaking bodies that impact their work. To be a collective voice for change and a place where science and community meet. That voice is urgently needed during the next several months leading to the 21st International AIDS Conference (AIDS 2016).

 

IAS will use its convening power to push change on a national and regional level as the steward of AIDS 2016. Just as the 2000 International AIDS Conference in Durban served as a catalyst for global treatment advocacy and access, the return of the conference to Durban this year will be a defining moment to establish a clear path toward guaranteeing that no one is left behind in the AIDS response.

 

 We must not settle for noble speeches about global targets and political commitment. Instead, when we meet again in Durban, we must speak directly, ask the hard and uncomfortable questions and demand tangible answers – of ourselves and of each other.

 

The document that follows outlines the issues IAS is prioritizing on the road to Durban. We hope you’ll join us, develop your own list of essential questions and topics and take full advantage of the historic moment before us.

 

Sincerely,

OWEN RYAN   IAS Executive Director

CHRIS BEYRER   President

LINDA-GAIL BEKKER President-Elect

ANTON POZNIAK      Treasurer

FRANÇOISE BARRÉ-SINOUSSI  Immediate Past President