読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『HIV検査革命』を提唱 UNAIDS科学技術専門委員会

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の科学技術専門委員会が4月9、10日に会議を開き、2020年の90-90-90ターゲット実現に向けて「HIV検査革命」の必要性を強調する勧告をまとめました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。

 HIV検査の革命とは何か。リリースを読むと、新たな検査技術の進歩を受け、検査の主体を保健医療施設からコミュニティに移すということのようです。

 委員会は勧告でUNAIDSに検査革命に向けたロードマップをまとめるよう求め、7月の次回会議で検討するとしています。おそらく次回はパリの第9回国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議(IAS2017)にあわせて開かれるのでしょうね。

 巻末のコメントなどを見ると主にアフリカを念頭に置いた議論が展開されている印象ですが、日本でも例えば、新宿二丁目のコミュニティセンターaktaで行われていたHIVCheckのような先進的事例もあります。「革命」の波はすでに押し寄せているといいますか・・・。

 

www.unaids.org

f:id:miyatak:20170415231729j:plain

 

HIV検査革命を提唱 UNAIDS科学技術専門委員会  2017年4月13日

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の科学技術専門委員会(STAC)の参加者はUNAIDSに対し、世界がHIV検査革命に積極的に取り組むよう指導力を発揮することを求めた。2020年までにHIV陽性者の90%が自らの感染を知るようになることが目標だ。

 委員会は4月9、10日の2日間、ジュネーブで90-90-90ターゲットの中間検証会議を開催し、出席者らはその中で、ウイルス量抑制を妨げる最大の要因はHIV診断の遅れであるとの報告を受けた。検査の新規技術は開発されているものの、それを生かすにはHIV検査サービスを必要とする人たちに届けられるプログラムが必要になるからだ。

 個人のリスク認識の欠如、スティグマ、法的・社会構造的な障壁、検査施設までの旅費など関連する費用、そして症状がない状態でHIV感染を知っても意味がないという思い込みなどが検査普及を妨げる大きな障壁となっている。保健施設での検査を避ける人が多いという報告もあった。施設に行くのに時間がかかったり、待ち時間が長かったりするからだ。若者や男性、キーポピュレーションの人たちが検査サービスを受けにくいと感じることも多い。

 HIV検査のための財政的支援を大きく増やすこと、HIV検査サービスの中心は保健医療施設からコミュニティに移す必要があることに会議の参加者は合意した。そのコミュニティ中心の検査拡大戦略では、コミュニティワーカーが重要な役割を担っている。STACはUNAIDSに対し、7月の次回会議までにHIV検査革命に向けたロードマップを作成するよう勧告し、次回会議でその検証を行うことにしている。

 また、勧告ではHIV対策を持続可能な保健の広範な課題とつなげるために90-90-90ターゲットを活用することもUNAIDSに求めている。HIV検査サービスが他の健康上の問題のスクリーニングのためのプラットフォームになるとの認識からだ。90-90-90ターゲットを達成するための動きが保健医療分野の人材不足に取り組む機会となることもあわせて指摘している。

 

コメント集

 現状に満足してはいけません。確かにエイズ対策は大きな成果をあげてきましたが、それでもまだ、やらなければならないことがたくさんあります。とりわけ取り残された人々への対応は重要です。

ダイアン・ハブリア UNAIDS科学技術専門委員会共同委員長、カリフォルニア大学サンフランシスコ校医学部教授

 

HIV検査革命は私たちが取り組むべき大きな課題です。若い男性にHIV検査サービスを届けることにもっと力を入れなければなりません。HIV検査は保健医療施設からコミュニティへと移していく必要があります。

ミシェル・シディベ UNAIDS事務局長

 

 治療提供の規模拡大ペースを速める必要があります。2015年には240万人が新たにHIV治療を受けられるようになりました。2013年と14年はあわせて220万人でした。新たに治療を開始する人が年間300万人ずつ増えれば、2020年までに3000万人にHIV治療を提供するという世界目標を達成することができます。

 シャロナン・リンチ STAC委員、国境なき医師団HIV/結核政策顧問

 

 人口に占めるウイルス抑制の割合は、90-90-90の成果を見る究極的な指標です。優先課題として、抗レトロウイルス治療を受けている人のウイルス量を確実にモニタリングする必要があります。

 マックス・エセックス STAC委員、ハーバードエイズ研究所長

 

 ジンバブエで現在の検査率が続けば、最初の90は達成できません。しかし、検査モデル推計によると、自己検査のような新たな形式の検査を導入すれば、最初の90は実現できるのです。

 オーウェン・ムグルンギ ジンバブエ保健・児童ケア相

 

 マラウィでは男性と若者のウイルス抑制率が極めて低い。抗レトロウイルス治療を受けていないからです。

 アンドレアス・ジャン マラウィ保健相

 

 

 

 

UNAIDS Scientific and Technical Advisory Committee calls for HIV testing revolution

          13 April 2017

 

The participants of a meeting of the UNAIDS Scientific and Technical Advisory Committee (STAC) have called on UNAIDS to lead global efforts to galvanize an HIV testing revolution. The target is to achieve 90% of people living with HIV knowing their HIV status by 2020. In 2015, only 60% of people living with HIV knew their HIV status.

 

In a mid-term review of progress towards the 90–90–90 targets, held on 9 and 10 April in Geneva, Switzerland, the participants heard that late HIV diagnosis represents the single greatest barrier to increasing rates of HIV viral suppression globally. New testing technologies have emerged, but programmes must reach the people who need HIV testing services.

 

Key barriers to HIV testing uptake include lack of individual awareness of risk, stigma, legal and structural barriers, associated costs such as travel to facilities and the perception that there is little benefit from diagnosing HIV infection if no symptoms are present. The participants heard that many people avoid seeking HIV testing services at health facilities, since both travel and waiting times can often be long. Barriers to testing are often experienced by young people, men and members of key populations.

 

The participants agreed that political and financial support for HIV testing must be significantly increased and that the central focus of HIV testing services should be moved from the health facility to the community. Community workers have a critical role in scaling up these community-centred strategies. The STAC recommended that UNAIDS develop a road map for the HIV testing revolution, for review and comment by the STAC at its next meeting in July.

 

The STAC recommended that UNAIDS emphasize leveraging the 90–90–90 targets to better link the HIV response to the broader agenda for sustainable health. It was noted that HIV testing services provide a platform for screening for other health problems. Likewise, momentum towards the 90–90–90 targets also offers opportunities to address health workforce shortages.

 

Quotes

 

We need to be discontent. Although we have made considerable progress in our response to AIDS, we have much more to do, especially for those who are being left behind.

Diane Havlir UNAIDS STAC Co-Chair and Professor of Medicine, University of California, San Francisco

 

 

The HIV testing revolution must be a major element of our agenda. We must do a better job of reaching young men with HIV testing services, and we need to move HIV testing from the facility to the community.

Michel Sidibé Executive Director, UNAIDS

 

We need to increase the pace of treatment scale-up. We added 2.4 million new people on HIV treatment in 2015, in both 2013 and 2014 the increase was 2.2 million. If we could increase annual enrolment in HIV treatment by 3 million, we could reach our global goal of having 30 million people on HIV treatment by 2020.

Sharonann Lynch UNAIDS STAC Member and HIV/Tuberculosis Policy Adviser, Médicins Sans Frontières

 

The rate of complete viral suppression in the population is the ultimate indication of how well we are doing with 90–90–90. We need to prioritize, ensuring that people on antiretroviral therapy receive viral load monitoring.

Max Essex UNAIDS STAC Member and Chair, Harvard AIDS Institute

 

If we continue with the current rate of testing in Zimbabwe, that will not get us to the first 90. However, modelling indicates that we can reach the first 90 if we implement new forms of HIV testing, such as HIV self-testing.

Owen Mugurungi Ministry of Health and Child Care, Zimbabwe

 

Males and younger people have much lower rates of viral suppression in Malawi. Much of that is driven by their lower rates of antiretroviral therapy uptake.

Andreas Jahn Ministry of Health, Malawi