読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『力強い科学、果敢なアクティビズム』 IAS2017年次書簡その5

 IAS書簡2017の最後のまとめの部分です。書簡全体のタイトルもここから取ったのですね。IASが今年取り組む優先事項を「科学」「人」「前進」の3点にくくって示しています。

エイズ運動の歴史はクライアントと保健医療従事者、アクティビストと政策決定者、研究者とコミュニティの間の協力の物語です。協力することこそがスティグマと差別と排除に終止符を打つ唯一の方法です》

 協力と言ったって、なにせ相手が相手だし・・・などとは言いません。協力の努力も惜しみません。日本のHIV/エイズ対策に対しては、個人的に文句や皮肉や嫌みや愚痴をことあるごとにまき散らしてきたような印象があることは自ら否定はしませんが、それも理解しあえる部分が確実に広がっているという手応えがあっての話です。つまり協力の物語が着実に積み重ねられてきているという実感はあります。希望は(とわざわざ書かなければならないほど痛々しくはありますが)失っていません。

 最後の方に出てくる《人権と社会正義の課題に取り組む投資、アドボカシー、行動を強化するための世界声明「犯罪化の科学」》はどんな声明になるのでしょうか。《Co-develop》となっているので、どこかと一緒に発表するのでしょうね。発表時期は7月のパリ会議(IAS2017)の前ぐらいでしょうか。具体的な評価は内容次第なので、発表を待ちましょう。

 

f:id:miyatak:20170327233932j:plain

 

力強い科学、果敢なアクティビズム

 

 国内の行動は各国それぞれの対応に任せることを理解したうえで、IASは科学、人、前進という基本指針に則し、2017年の主要課題に取り組むための優先事項をまとめました。

 

科学:

 HIVの流行を良い方向に変える科学の成果を支持し、理解を広める必要があります。

画期的な科学的成果は、会議場で議論しているだけでなく、その成果が必要なクリニックやコミュニティで使えるようにしなければなりません。新たな手法と重要な科学的情報を会員やパートナーに伝え、知識を実践や効果的な政策につなげていくのです。

IASは2017年に・・・

・IAS教育基金を利用し、各地域の科学、コミュニティ分野の地元パートナーと協力しながら少なくとも6つの地域サミットを開催します。すでにモロッコ、ブラジル、ケニア、カナダの会議日程が決まっており、他地域の準備も進んでいます。2016年にはウクライナセネガル、トルコ、ナイジェリアで開き、国および地域レベルの政策変更に結びつけるために最新の科学的成果を伝えました。

・IAS2017で、上記重要課題を積極的に取り上げ、学際的な意見交換の必要性を強調します。パリ会議のプログラムはHIV予防、治療薬の価格とアクセス、流行に対応するための資金見通しなどが重要課題となります。また、HIV完治とがん研究、新たなHIVC型肝炎研究の画期的成果といった分野横断的な課題の重要性も強調されています。

・メンバーには科学を行動につなげるために必要なツールを提供します。具体的には、会議で報告される最新の科学的成果をプレゼンテーションパッケージとして使いやすくまとめた知識ツールキットを作成、配布します。AIDS2016でも作成したこの資料集シリーズは、IASメンバー限定で提供し、専門的な発表やそれぞれの地元でブリーフィングを行う際に使用できます。

 

人:

 流行終結に不可欠なHIV分野の労働力、とりわけ次世代のHIV専門家の能力向上をはかるために投資します。

 保健医療従事者は、より健康的な将来を実現する要です。各国政府や国際ドナー、医療の専門家団体、市民社会と協力して、最前線の医療従事者の処遇を改善し、エイズ対策における貢献を認め、設備が整った環境で働けるようにし、成長とキャリアを積む機会を提供しなければなりません。政策やプログラムの策定には、保健医療従事者が初期段階から参加すべきです。生死に関わるサービスを提供するには何が必要なのか、それを最もよく理解しているのは、サービスを受けるコミュニティの人びとと医療従事者なのです。

IASは2017年に・・・

・臨床医や他の保健医療従事者がHIVケアのスキルを向上させるよう奨学生の数を増やします。奨学制度は現在、小児HIV臨床医学では認められています。HIVケアの専門的な技術を身につけられる機会を今後1年で拡大していきます。

・各国の計画策定者や臨床医、コミュニティメンバーがHIV陽性の患者のケアをしっかりと行えるよう利用者本位の世界的な枠組みを作っていきます。保健医療従事者が様々な人びとや地域の条件を踏まえて働けるよう、IASは2016年に資源を使いやすくする手引きを作成しました。その手引きの充実をはかります。

・コミュニティの成功事例を紹介する「私と私の保健医療提供者」を通して保健医療の最前線で働く人たちの活動を認め、質の高いケア実現の業績をたたえる国際的な基盤を確立します。

 

前進:

 世界的なリーダーシップの継続とエイズ投資の拡大を後押しし、同時に私たちの活動の中心を担うスティグマや差別との闘いを続けていきます。

 エイズ運動の歴史はクライアントと保健医療従事者、アクティビストと政策決定者、研究者とコミュニティの間の協力の物語です。協力することこそがスティグマと差別と排除に終止符を打つ唯一の方法です。IASは2017年に・・・

IASは2017年に・・・

・薬の価格やアクセスに関する課題の解決に向けて、言葉だけでなく行動を起こし、ケアの質を改善できる現実的な解決策を導き出すために、エビデンスに基づき、開かれた会話を進めます。

・人権と社会正義の課題に取り組む投資、アドボカシー、行動を強化するための世界声明「犯罪化の科学」の策定に加わります。

・科学研究の価値、プログラムの実施、コミュニティの参加とアドボカシーなど、HIV投資による世界変革の力を強化します。IASはパートナーと協力し、エイズ資金が世界に与えている影響の大きさを政策決定者が理解するよう働きかけを続けます。

 

 

 

 

STRONG SCIENCE, BOLD ACTIVISM

 

Understanding that “action” starts at home, the IAS has outlined specific priority commitments to address key challenges in 2017 in line with our core guiding principles: Science. People. Progress.

 

 

SCIENCE:

Support scientific advancements that positively alter the course of the HIV epidemic and promote greater understanding of these discoveries.

 

Urgent scientific breakthroughs must move out of plenary halls and into clinics and communities where they are needed most. We will continue to push for new methods to reach our members and partners with vital scientific information to ensure that knowledge is translated into best practice and effective policies.

 

In 2017, the IAS will….

 

 

Host at least six regional summits through the IAS Educational Fund with local scientific and community partners. Already scheduled for this year are meetings in Morocco, Brazil, Kenya and Canada – with other locations to follow. These meetings build on those hosted in Ukraine, Senegal, Turkey and Nigeria in 2016 – educating audiences about the latest science and tying that knowledge to policy change on a national and regional level.

 

Ensure IAS 2017 prioritizes the major challenges outlined above and emphasizes the importance of cross-discipline learning. The programme in Paris will feature essential discussions on HIV prevention, drug pricing and access, and the future of financing the response to the epidemic in addition to showcasing the important intersections between HIV cure and cancer research and new HIV and HCV breakthroughs.

 

Give our members the tools they need to translate science to action. Specifically, we will develop and distribute knowledge toolkits to our members that adapt all of the conference’s best science into an easily shared and adaptable presentation package. This series of resources, which was already developed from AIDS 2016 and is available exclusively to IAS Members, can be used for professional presentations and at-home briefings .

 

 

PEOPLE:

Invest in professionalizing and promoting the HIV workforce – particularly the next generation of HIV professionals – to build the skills and resources that are needed to end the epidemic.

 

Health workers are the linchpins of our hopes for a healthier future. With the collaboration of national governments, international donors, professional medical associations and civil society, we must ensure these frontline workers are adequately compensated, recognized for their contribution to the AIDS response, surrounded by the infrastructure and commodities they need, and provided with opportunities to grow and thrive in their careers. Health workers must be involved from the beginning in setting policy and planning programmes, since they, along with the communities they serve, know how best to link life-saving services with the people who need them.

 

In 2017, the IAS will….

   Support an increasing number of educational fellowships for clinicians and other frontline healthcare workers that help them advance their skills in HIV care. Fellowships are currently available in paediatric HIV clinical science. More opportunities for specializing and professionalizing in HIV care will follow throughout the year.

 

Develop user-friendly global frameworks that support national planners, clinicians and community members to differentiate care for clients living with HIV. These resources will expand upon those created by the IAS in 2016 to ensure health workers have an easy-to-use resource to guide their work across a wider array of populations and geographies.

 

Recognize frontline healthcare workers who represent the gold standard of working with key populations through Me & My Healthcare Provider – a community of best practice providers that establishes an international platform for celebrating their work and recognizing achievements in standard of care.

 

 

 

PROGRESS:

Advocate for sustained global leadership and increased investment on AIDS while keeping the fight against stigma and discrimination at the heart of our work.

 

 

The history of the AIDS movement is a story of the collaboration between clients and healthcare workers, activists and policymakers, and researchers and communities. Working together in the face of seemingly undeniable odds is the only way to end stigma, discrimination and exclusion. In 2017, the IAS will…

 

 In 2017, the IAS will….

 

    Facilitate an open, evidence-based conversation on the linked challenges of drug pricing and access to move beyond rhetoric and describe real solutions that lead to improved quality of care.

    Co-develop a global scientific statement on the “science of criminalization” in order to accelerate investment, advocacy and action on a robust human rights and social justice agenda.

Reinforce the transformational impact of HIV investments across the world including the value of scientific research, programme implementation and community representation and advocacy. The IAS will work with partners to ensure that political decision-makers understand how much AIDS funding has positively impacted the world.