読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

米国内の新規HIV感染は6年前より18%減少 CDC

エイズ・感染症

 全米のHIV新規感染は《2008年には推計4万5700人だったのが14年には3万7600人になっている》ということで、年間ベースの比較では18%の減ということです。

 米国政府のエイズ啓発サイトAIDS.govのブログに2月14日付で掲載されたCDC報告の日本語仮訳。昨年末か今年の初めにすでに公表されていたように思いますが、2月13日~16日にシアトルでレトロウイルス・日和見感染症会議(CROI2017)が開かれたのを機会に資料を整理して発表したようですね。

 米国内のHIV新規感染の減少についてはハイ・インパクト予防(HIP)アプローチが機能しているとして、(自画自賛とまではいいませんが、ともかく)自ら評価するとともに、成果には集団や地域によるばらつきがあるため、このアプローチをさらに進めていく必要があることも指摘しています。

 HIPは簡単に説明すると《最も影響の大きい人口層や地域に特別な配慮をしつつ、科学的に証明され、費用対効果が高く、効果の測定が可能な対策》ということだそうです。HIPの成果をさらに高めるため、今後は以下のような対応に力を入れるようですね。

 ・HIV検査の簡素化し、利便性を高め、ルーティン化する;

 ・HIV感染が判明したその日からHIV陽性者がケアと治療を受けられるようにする;

 ・HIVに感染していない人が、包括的注射器サービスやPrEPなどすでに示した予防に関する情報とツールを得られるようにする。

  アメリカはこうなっていますよ(ただし、政治の激震でそれもかわるかもしれませんが、とにかくいまはまだ、こうなっている)ということを知っておく必要はあります。だからこそ、仮訳作りにもいそしみました。

 ただし、アメリカではここまでやっているのに、日本はガラパゴス化しちゃって・・・みたいな方向に話が拡大していくと、ちょっとややこしくなってきますね。

 

blog.aids.gov

  

米国内の新規HIV感染は6年前より18%減少

 この減少は米国のHIV予防と治療普及の努力が成果を上げていることを示している。ただし、コミュニティによってその成果は一様ではない

2017.2.14 米疾病管理予防センター(CDC)  AIDS.govのブログから

 2014年の米国内の年間新規HIV感染件数は2008年当時より18%減ったとする米疾病管理予防センター(CDC)の最新推計が本日、シアトルのレトロウイルス・日和見感染症会議(CROI)で報告された。2008年には推計4万5700人だったのが14年には3万7600人になっている。しかし、国内のすべての集団で同じように成果が上がっているわけではない。

 「わが国のHIV予防ハイ・インパクト・アプローチは機能しています。私たちにはツールがあり、HIVから自由になるためにそのツールを活用しています」とCDCのHIV/エイズ・ウイルス性肝炎・性感染症結核予防センターのジャナサン・マーミン所長はいう。「このデータは、全米、各州、各地方が一丸となった予防と治療の努力の成果です。こうした対策が最も必要とする人たちに届くよう、さらに努力を続ける必要があります」

 米国内の年間新規HIV感染推計の最新分析は、HIV予防の成果を示している。全国的な減少に加え、CDCは、2008年から14年までの感染経路のトレンドも分析、検証したうえで、感染減少の以下のような傾向も確認した。

 

 ・薬物使用者の感染は56%減(3900人から1700人へ)

 ・異性間の性感染は36%減(1万3400人から8600人へ)

 ・13歳から24歳までの若いゲイ男性は18%減(940人から770人へ)

 ・いくつかの州とワシントンDCではかなり減少 ― ワシントンDC(この6年間に毎年10%ずつ減少)、メリーランド州(毎年8%ずつ減少)、ペンシルバニア州(毎年7%ずつ減少)、ジョージア州(毎年6%ずつ減少)、ニューヨーク州ノースカロライナ州(毎年5%ずつ減少)、イリノイ州(毎年4%ずつ減少)、テキサス州(毎年2%ずつ減少)

 

 さらに、年間推計が得られた35州とワシントンDCでは、増加しているところはなく、減少もしくは横ばいだった。

 この減少傾向は主に、HIVの感染を知り、ウイルス量の抑制を果たすHIV陽性者が増えたこと、つまり効果的な治療によりHIV感染のコントロールができるようになった結果であるとCDCの研究者は考えている。これは公衆衛生上の最優先課題である。HIV陽性者の健康が改善されたことに加え、抗レトロウイルス薬による早期治療でHIV陽性者から他の人へのHIV感染のリスクも劇的に減っていることを研究は示している。

 曝露前予防投薬(PrEP)の使用拡大も最近の新規感染予防には大きな役割を果たしているようだ。CDCは2012年にPrEPに関する暫定臨床ガイドラインを発表し、HIVに感染していない人が、抗レトロウイルス薬を毎日、服用することで、性感染のリスクを90%以上、引き下げられるとしている。米食品医薬品局(FDA)も2012年にHIV予防目的でPrEPを承認した。

 「検査や教育の努力と合わせ、これらの新しい予防ツールの力を最大限に生かしていけば、この国のHIV流行終結に希望が生まれます」とCDCのユージン・マックレイHIV/エイズ予防部長は語っている。「HIVに感染している人にも、していない人にも、HIV治療薬が利益をもたらすことの力を科学が明らかにしているのです」

 

 

HIV感染のリスクが大きい人たちのためにこの成果を生かす

 ゲイ、バイセクシュアル男性は、2008年から2014年の間に年間の新規HIV感染件数が唯一、減少していない集団だった。白人および若年のゲイ、バイセクシュアル男性では減少したが、他の層の増加で相殺されている。ゲイ、バイセクシュアル男性全体の年間新規感染は約2万6000人、また黒人のゲイ、バイセクシュアル男性では年間約1万人でほぼ横ばいとなっている。それまでに10年以上、増加が続いていたことを考えると希望の持てる傾向とはいえる。だが、気がかりなのは年齢、民族集団によっては年間の新規感染が増加していることだ。

 

 ・25-34歳のゲイ、バイセクシュアル男性では35%増加(7200人から9700人へ)

 ・ラテンアメリカ系ゲイ、バイセクシュアル男性では20%増加(6100人から7300人へ)

 

 データでは地域的な不均衡も現れている。2014年には新規感染の50%が、全米人口の37%を占める南部諸州で起きたと推定されている。人種、民族別の年間HIV新規感染についてはさらに分析が進められることになる。

 「残念ながらコミュニティや人口層によって成果のばらつきがあります」とマックレイ博士はいう。「ハイ-インパクト予防戦略の成果を州や地方レベルに広げるためには継続が必要です。感染を把握するための検査の普及をはかり、効果的なHIV治療を受けるHIV陽性者の割合を増やし、予防ツールの効果を最大限に高める必要があります」

 2014年の注射薬物使用者のHIV新規感染は、2008年当時に比べると減少してはいるが、その成果もオピオイドの流行によって台無しになるおそれがある。

 「薬物注射使用者のHIV感染を減らした劇的な成果も、わが国のオピオイドの流行で危うくなっています」とマーミン博士は語る。「包括的な注射器サービスプログラムを拡大する必要があります。薬物使用を増やすことなく、HIV感染のリスクを減らし、薬物使用者が薬物使用を止めるのを助けるサービスにつなげるプログラムです」

 

 

CDCは効果が高く、費用対効果の高い対策に焦点をあてる

 CDCはハイ-インパクト予防(HIP)アプローチを実施することで予防対策の成果をさらに高めようとしている。HIPは、最も影響の大きい人口層や地域に特別な配慮をしつつ、科学的に証明され、費用対効果が高く、効果の測定が可能な対策である。その一環として、CDCは全米、各州、地方のパートナーとともに以下の活動を進めている:

 

 ・HIV検査の簡素化し、利便性を高め、ルーティン化する;

 ・HIV感染が判明したその日からHIV陽性者がケアと治療を受けられるようにする;

 ・HIVに感染していない人が、包括的注射器サービスやPrEPなどすでに示したような予防に関する情報とツールを得られるようにする

 

 CDCのHIV予防資金の大半は、最も緊急を要する地元のニーズを反映したプログラムに対応できるよう州や地方の保健部局に提供されている。

 

 

 

 

New HIV Infections Drop 18 Percent in Six Years

  February 14, 2017 • By Centers for Disease Control and Prevention

 

Decline signals HIV prevention and treatment efforts in the U.S. are paying off, but not all communities are seeing the same progress.

 

The number of annual HIV infections in the United States fell 18 percent between 2008 and 2014 — from an estimated 45,700 to 37,600 — according to new estimates from the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) presented today at the Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections (CROI) in Seattle. Progress, however, was not the same among all populations or areas of the country.

 

“The nation’s new high-impact approach to HIV prevention Exit Disclaimer is working. We have the tools, and we are using them to bring us closer to a future free of HIV,” said Jonathan Mermin, M.D., director of CDC’s National Center for HIV/AIDS, Viral Hepatitis, STD, and TB Prevention. “These data reflect the success of collective prevention and treatment efforts at national, state and local levels. We must ensure the interventions that work reach those who need them most.”

 

The most recent analysis of the number of new HIV infections estimated to occur each year in the U.S. provides a sign of progress in HIV prevention. In addition to the national decline, a new CDC analysis also examined trends by transmission route from 2008 to 2014 and found annual HIV infections dropped:

 

    56 percent among people who inject drugs (from 3,900 to 1,700);

    36 percent among heterosexuals (from 13,400 to 8,600);

    18 percent among young gay and bisexual males ages 13 to 24 (from 9,400 to 7,700);

    18 percent among white gay and bisexual males (from 9,000 to 7,400);

    And substantially in some states and Washington, D.C. — Washington, D.C. (dropping 10 percent each year over the six-year period); Maryland (down about 8 percent annually); Pennsylvania (down about 7 percent annually); Georgia (down about 6 percent annually); New York and North Carolina (both down about 5 percent annually); Illinois (down about 4 percent annually); and Texas (down about 2 percent annually).

 

Furthermore, CDC researchers did not find any increases in annual HIV infections in the 35 states and Washington, D.C., where annual HIV infections could be estimated — they decreased or remained stable in all of those areas.

 

CDC researchers believe the declines in annual HIV infections are due, in large part, to efforts to increase the number of people living with HIV who know their HIV status and are virally suppressed — meaning their HIV infection is under control through effective treatment. This is a top public health priority. Studies have shown that, in addition to improving the health of people living with HIV, early treatment with antiretroviral medications dramatically reduces a person’s risk of transmitting the virus to others.

 

Increases in the use of pre-exposure prophylaxis, or PrEP, may also have played a role in preventing new infections in recent years. CDC issued interim clinical guidelines in 2012 for PrEP, a pill that people who do not have HIV can take daily to reduce their risk of infection from sex by more than 90 percent. The FDA approved PrEP for HIV prevention in 2012.

 

“Maximizing the power of these new prevention tools in conjunction with testing and education efforts, offers the hope of ending the HIV epidemic in this nation,” said Eugene McCray, M.D., director of CDC’s Division of HIV/AIDS Prevention. “Science has shown us the power of HIV treatment medicines in benefitting people with and without HIV.”

 

 

Progress must accelerate for people at greatest risk

 

Gay and bisexual men were the only group that did not experience an overall decline in annual HIV infections from 2008 to 2014. This is because reduced infections among whites and the youngest gay and bisexual men were offset by increases in other groups. Annual infections remained stable at about 26,000 per year among gay and bisexual men overall and about 10,000 infections per year among black gay and bisexual men — a hopeful sign after more than a decade of increases in these populations. However, concerning trends emerged among gay and bisexual males of certain ages and ethnicities, with annual infections increasing:

 

    35 percent among 25- to 34-year-old gay and bisexual males (from 7,200 to 9,700);

    20 percent among Latino gay and bisexual males (from 6,100 to 7,300);

 

These data also show regional disparities in southern states, which are home to 37 percent of the U.S. population but accounted for 50 percent of estimated infections in 2014. Future analyses will examine racial and ethnic disparities of annual HIV infections.

 

 “Unfortunately, progress remains uneven across communities and populations,” said Dr. McCray. “High-impact prevention strategies must continue to be developed and implemented at the state and local levels to accelerate progress. That means more testing to diagnose infections, increasing the proportion of people with HIV who are taking HIV treatment effectively and maximizing the impact of all available prevention tools.”

 

While HIV infections fell from 2008 to 2014 among people who inject drugs, this progress may be threatened by the nation’s opioid epidemic.

 

“The opioid epidemic in our country is jeopardizing the dramatic progress we’ve made in reducing HIV among people who inject drugs,” said Dr. Mermin. “We need to expand the reach of comprehensive syringe services programs, which reduce the risk of HIV infection without increasing drug use, and can link people to vital services to help them stop using drugs.”

 

 

CDC focuses on high-impact, cost-effective solutions

 

CDC is working to accelerate prevention progress by implementing its High-Impact Prevention (HIP) approach. HIP involves delivering scientifically proven, cost-effective, and scalable interventions, with particular attention to the most heavily affected populations and geographic areas.

 

As part of HIP, CDC is taking action with national, state and local partners to help ensure:

 

    HIV testing is simple, available and routine;

    People living with HIV get care and treatment, starting the day they are diagnosed;

    And that people who are not infected with HIV have prevention information and tools, such as comprehensive syringe services programs and PrEP, as indicated.

 

The bulk of CDC’s HIV prevention funding is provided to state and local health departments who tailor their programming to address the most urgent local needs.