読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

《先日の記事『 恐怖と感染性と検出限界以下について』のフォローアップ》GNP+

 2月8日付で『 恐怖と感染性と検出限界以下について』という声明を発表した世界HIV陽性者ネットワーク(GNP+)が1週間後の15日付で公式サイトにフォローアップの文書を発表しています。その日本語仮訳です。

声明の中で批判的に紹介しているU=U(Undetectable = Untransmittable)キャンペーンの関係者からかなり強く反発する意見が寄せられたのでしょうか。『この声明に対するキャンペーン支持者からの反応を受け、GNP+は改めてこの重要な課題に対する我々の立場を明確にするため、以下の追加声明を発表する』と書かれています。

    ◇

《先日の記事『 恐怖と感染性と検出限界以下について』のフォローアップ》

 http://www.gnpplus.net/follow-up-on-previous-article-on-fear-infectiousness-undetectability/

 

 GNP+は先週、体内のウイルス抑制を実現したHIV陽性者の非感染性に関するU=U(Undetectable = Untransmittable)キャンペーンなどのキャンペーンメッセージに対し、異なる視点を提供する声明を明らかにした。この声明に対するキャンペーン支持者からの反応を受け、GNP+は改めてこの重要な課題に対する我々の立場を明確にするため、以下の追加声明を発表する。

 『 恐怖と感染性と検出限界以下について』という私たちの声明がU=Uキャンペーンを不当に批判しているとの意見があることをGNP+は認識している。私たちはこの批判を真剣に受け止め、いくつかの点で不用意であったことをお詫びする。

 私たちは、U=Uキャンペーンの使命を傷つけようとする意図でが声明を発表したわけではない。私たちはここ数年、HIV治療の予防に対するエビデンスが明らかにされてきたことがHIV陽性者を大いに勇気づけていることを認識している:こうしたエビデンスはもっと広く伝えられ、理解されなければならない。感染のリスクをなくすうえでARVが有効なことをメッセージとして伝え、U=Uキャンペーンがスティグマや差別の問題に強く注意を喚起してきた側面もある。

 それでも私たちが声明を発表したのは、以下の3つの点でより広範な議論を促すためだった。

 

 1:治療の目的としては治療が優先すること、とりわけ治療のアクセスが限られていたり、HIV陽性の多様な人びとの間でアクセスが不均衡だったりするような状況のもとでは治療のための治療を優先させなければならないというメッセージと、予防としての治療に関するメッセージとのバランスを取る必要がある。

 2:予防としての治療のメッセージのみを強調することは、予防をひたすらHIV陽性者の責任とする不愉快な「陽性者による予防」プログラムを思い出させる。

3:予防としての治療の成果は世界の多くの地域で、多くの文脈において評価できるものだとしても、治療のアクセスは世界の半数以上のHIV陽性者にいまなお届いていない。しかも、治療が限られている地域では、多様なHIV陽性者の間でアクセスの不均衡が存在している。ウイルス量を測定できることはほとんどなく、多くの人が経済的にウイルス量検査など受けられない状態である。

 

 多数のHIV陽性者にとって、治療を開始し、継続し、ウイルス量を測定し、検出限界以下であることを確認するなどということは不可能以外の何ものでもない。そうした現実をもたらしている政治的、経済的な状況に取り組むことこそがHIV対策の緊急の課題であるとGNP+は確信している。

 U=Uキャンペーンだけを予防として治療のメッセージの見本として取り上げることの誤りは認めるものの、検出限界以下の達成を強調することが、治療を受けているかいないかにかかわらずHIV陽性者の取り上げ方として問題なのではないかという懸念は依然、私たちにはある。

 2020年まではあと3年しか残っていない。90-90-90ターゲット(HIV陽性者の90%が自らの感染を知り、その90%が治療にアクセスし、さらに治療を受けているうちの90%がウイルスを検出限界以下に抑制する)の実現に向けた進展は、世界の多くの地域で極めて遅れている。世界のHIV陽性者約3670万人の54%はARVs(抗レトロウイルス薬)が必要なのに治療へのアクセスを得られないでいる人たちなのだ。信頼のおけるHIV治療とケアを受けられる先進国のHIV陽性者には予防としての治療は歓迎すべきものかもしれないし、スティグマや差別と闘い、不合理で効果などない犯罪化法規を変えていく力になるものかもしれない。ただし、治療のアクセスが低く、保健基盤の弱体な国々の何百万というHIV陽性者には、予防としての治療のメッセージは、地元のHIV陽性者のネットワークと協力しながら注意深く広げていく必要がある。

 GNP+の声明は、批判を招く一方、治療のための治療へのアドボカシーおよび、強化に関する重要かつタイムリーな議論を復活させるものでもあった。同時に、いまや治療と予防との壁を取り払う科学的な成果とエビデンスが示されているとのメッセージも伝えていく必要もある。こうした議論は補完的なものであって、対立するものではない。

 私たちは自らの多様なコミュニティ内部で、対話や論争、意見対立とそれを乗り越える展望を継続的に生み出していくことができるよう、これまで以上に用心深く、安全な場所を守っていかなければならない。私たちはHIV陽性者への治療アクセス確保を擁護するU=Uキャンペーンのメッセージを認め、支持する。

 GNP+は、治療アクセスやポジティブな健康、尊厳、予防の枠組みの中での検出性にかかわりなく、すべてのHIV陽性者の健康と安全と幸福を重視し、引き続きインクルーシブな言葉を使っていくことを約束する。この線に沿って、すべての関係者がこの課題についてさらに建設的な対話を進めていくことを歓迎する。

 

 

 

Follow Up on previous article: On Fear, Infectiousness, Undetectability

 

Last week, GNP+ published a statement offering an alternative perspective on the messaging of campaigns on the uninfectiousness of people living with HIV who achieve viral suppression, including the U=U (Undetectable = Untransmittable) campaign. Following reactions from supporters of the campaign, GNP+ releases the following statement clarifying our position on this important issue.

 

GNP+ acknowledges that certain arguments made in our On Fear, Infectiousness, Undetectability statement were unduly critical of the U=U campaign. We take these criticisms seriously and apologize for the way in which some of our points were insensitively framed.

 

Our intention in publishing the statement was not to undermine the mission of the U=U campaign. We recognize the significant and important empowerment aspects for people living with HIV in knowing the advancements in evidence over the last few years in HIV treatment as prevention; evidence that should be communicated and understood more broadly. In some contexts, the U=U campaign brings much needed attention to issues of stigma and discrimination through the messaging on the efficacy of ARVs to eliminate the risk of transmission.

 

Our intention in publishing our statement was however to promote a broader discussion around three main areas.

 

One: the need for balancing messages on treatment as prevention with messages that reaffirm the prioritisation of treatment as treatment, in particular in contexts where treatment access is limited and/or unequally accessed by all people living with HIV, in all their diversity.

 

Two: treatment as prevention messages as a stand-alone bring uncomfortable reminders of ‘prevention with positives’ programmes that put the responsibility of prevention solely on people living with HIV.

 

Three:  that while treatment as prevention benefits can be celebrated, in much of the world, and in many contexts, treatment access remains far out of reach for more than half of people living with HIV. Further, where limited treatment is available, there exist inequities in access among the diversity of people living with HIV. Moreover, viral load diagnostics are scarce and, for many, viral load tests are unaffordable.

 

GNP+ believes the response to HIV needs to urgently address the current political and economic limitations that make it all but impossible for many PLHIV in many contexts to get on treatment, stay on treatment, demand viral load testing and achieve undetectable status.

 

While we were wrong to single out the U=U campaign as the example of treatment as prevention messaging, we stand by our concern that the attainment of undetectability remains, for many, a problematic manner by which to describe PLHIV, regardless of whether or not they are on treatment.

 

With less than 3 years left until 2020, progress towards the 90-90-90 targets (90% of people living with HIV knowing their HIV status, 90% of people who know their HIV-positive status accessing treatment and 90% of people on treatment having suppressed viral loads) remain seriously off track in many parts of the world. Approximately 54% of the roughly 36.7 million people worldwide living with HIV who are in need of ARVs but lack treatment access. For PLHIV in the developed countries who currently may have reliable and uninterrupted access to HIV treatment and care – treatment as prevention is to be celebrated, is empowering, and can fight stigma and discrimination and challenge irrational and ineffective criminalisation laws. For millions of PLHIV in countries with low treatment access and weak health systems, however, treatment as prevention messages must be developed carefully in collaboration with local networks of people living with HIV

 

GNP+’s statement, while controversial, has revived important and timely discussions about the need for increased advocacy for treatment for treatment for those who need it; as well as for the need to amplify the messages that we now have the science and evidence to bring down the wall of dichotomy between treatment and prevention. These arguments are complementary, not contradictory.

 

We must remain ever vigilant to preserve safe space within our diverse community for ongoing dialogue, debate, disagreement and alternative perspectives. We recognise and support the empowering message that the U=U campaign champions for PLHIV whose access to treatment is assured.

 

GNP+ remains committed towards advancing the use of inclusive language that prioritises the health, safety and wellbeing of all PLHIV, regardless of their treatment access and/or detectability status within a framework of positive health, dignity and prevention. In this line, we would like to invite all relevant stakeholders into constructive dialogues to further discuss these issues.