読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『HIV予防の投資ギャップを埋める』 UNAIDS

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)のHands-Upキャンペーン、Week1(11月28~30日の3日間)はHIV感染の予防対策への投資がテーマです。予防への投資が少ないということでUNAIDS公式サイトに掲載された28日付Feature Storyの日本語仮訳。成人の年間新規HIV感染がこの五年間、190万人で横ばい状態になっている現状を打開するために、焦点をしぼり有効な対策に資金を集中させること、エイズ支出全体の4分の1は予防対策に向けることを呼びかけています。

 

f:id:miyatak:20161129233819j:plain

HIV予防の投資ギャップを埋める 2016.11.28

 http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2016/november/20161128_closingHIVpreventioninvestmentgap

 

 過去15年のHIV対策の成果および効果が証明された予防、治療の方法があるにもかかわらず、成人の新規HIV感染者数は2010年から年間190万人で横ばいのままだ。しかも世界の一部ではキーポピュレーションの新規HIV感染が再燃している。

 予防対策への投資が不適切なこと、および最も大きな影響を受けている人口層や地域に投資の焦点があてられていないことが、予防ギャップの大きな要因となっている。地域の異なる4カ国で異なるタイプの流行を分析した結果では、効果的で焦点を絞ったHIV予防プログラムに対する資金はわずかしか確保されていない。ブラジルではHIV対策資金全体の6%、カメルーンで4%、ミャンマーで15%、南アフリカで10%だった。米大統領エイズ救済緊急基金(PEPFAR)および世界エイズ結核マラリア対策基金(グローバルファンド)によるHIV予防(母子感染予防および自発的HIV検査とカウンセリングを除く)への配分はHIV支出全体の15%となっている。

 予防対策への資金確保は治療資金の確保額より少なく、HIV感染の高いリスクにさらされている人たちのうち、予防プログラムへのアクセスがある人は5分の1以下である。国連合同エイズ計画(UNAIDS)が作成したモデルでは、コンドームプログラムや曝露前予防(PrEP)、自発的男性器包皮切除、ハームリダクション、若い女性・少女の地位向上プログラム、キーポピュレーションへの基本的なサービスパッケージの活用といったHIV予防対策に必要な資金を確保するには、エイズ対策支出の25%を予防に向ける必要がある。

 予防への投資を増やすことは、治療プログラムを支えることにもなる。HIVに関する情報の提供やコンドーム配布、若者やキーポピュレーションへのアウトリーチは、HIV検査と治療を受ける入口になることがしばしばあるからだ。コミュニティにおけるピア主導の予防プログラムは、スティグマと差別を解消するためにも非常に重要である。一方で、治療へのアクセス拡大は、HIV感染の高いリスクにさらされている人たちが自らHIV検査を受けることを促す効果もある;そして、検査で陰性となった人たちには、今度はそれが予防プログラムにつながる機会にもなるのだ。HIVに新たに感染し、治療が必要になる人の数を減らせば、抗レトロウイルス治療プログラムの持続可能性もより高まることになる。

 UNAIDSのミシェル・シディベ事務局長は2015年12月、資金の25%を予防に投資するよう呼びかけた。2016年6月には、国連加盟国がエイズ流行終結に関する2016政治宣言で、予防への資金が世界のエイズ支出全体の4分の1以下にならないようにすることを約束している。

 HIV予算の30%を成人と子どものHIV予防に投資することを約束したナミビアをはじめ多数の国が国内のHIV予防資金を増やすために行動を開始している。

 

 

Closing the HIV prevention investment gap

 

28 November 2016

 

Despite the progress made against HIV over the past 15 years and the availability of proven prevention and treatment methods, the annual number of new HIV infections among adults has remained static, at an estimated 1.9 million a year since 2010. Moreover, there has been resurgence of new HIV infections among key populations in some parts of the world.

 

Inadequate investments in prevention and unfocused investments that do not reach the most affected populations and locations are among the reasons for the prevention gap. An analysis of four countries in different regions and with different types of epidemic found that the funding of effective and focused primary HIV prevention programmes was low—6% of total HIV investments in Brazil, 4% in Cameroon, 15% in Myanmar and 10% in South Africa. Country allocations for HIV primary prevention (excluding mother-to-child transmission of HIV and voluntary HIV testing and counselling) by the United States President’s Emergency Plan for AIDS Relief and the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria have accounted for roughly 15% of total HIV expenditure.

 

With funding for prevention falling behind funding for treatment, fewer than one in five people at higher risk of HIV infection today have access to prevention programmes. UNAIDS modelling has shown that investing around a quarter of all the resources required for the AIDS response in HIV prevention services would be sufficient to make possible a range of prevention programmes, including condom programmes, pre-exposure prophylaxis, voluntary medical male circumcision, harm reduction, programmes to empower young women and girls, and mobilizing and providing essential service packages for and with key populations.

 

Investing more in prevention will also support treatment programmes to achieve their targets. Prevention programmes—including providing HIV information, condom distribution and outreach to young people and key populations—are often the first entry point for individuals to HIV testing and treatment. Community peer-led prevention programmes are also critical for reducing stigma and discrimination. Meanwhile, expanded access to treatment gives people at higher risk choices and encourages them to find out their HIV status; this, in turn, provides the opportunity to retain people who test negative in ongoing prevention programmes. Reducing the number of people who acquire HIV and will need treatment makes antiretroviral therapy programmes more sustainable.

 

In December 2015, the UNAIDS Executive Director, Michel Sidibé, called for investing a quarter for HIV prevention. In June 2016, United Nations Member States committed in the 2016 Political Declaration on Ending AIDS to ensuring that financial resources for prevention are adequate and constitute no less than a quarter of AIDS spending globally on average.

 

A number of countries have already taken action to increase their domestic funding for HIV prevention, including Namibia, which has committed to investing 30% of its HIV budget in preventing HIV among adults and children.