読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週はハームリダクション 

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の2016世界エイズデーキャンペーン『Hands Up for #HIV Prevention』は、先週のコンドームに続き、今週はハームリダクションの集中キャンペーン週間ということで、その基本的考え方を示したリード的な文章を日本語仮訳で紹介します。

f:id:miyatak:20161011123159p:plain

 ハームリダクション 2016.10.10

http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2016/october/20161009_harmreduction

 

 注射薬物使用者はHIV感染のもっとも高いリスクを持つキーポピュレーションに含まれている。同時に、薬物使用者に対するステイグマと差別のため、HIV予防、ケア、治療サービスへのアクセスがもっとも小さい人たちでもある。

 薬物使用者の健康改善と生命を守るための手段および戦略は広く知られており、実際に採用可能でもある。注射針・注射器プログラムはHIVC型肝炎ウイルス、その他の血液由来のウイルスの感染拡大を抑えることができる。オピオイド代替治療その他のエビデンスに配慮した薬物依存治療は薬物使用を抑え、感染症への脆弱性を下げ、保健、社会サービスも利用しやすくなる。

 刑務所や他の閉鎖された環境下を含め、ハームリダクションの効果に対するエビデンスは圧倒的に大きく、HIV感染の拡大防止および薬物使用に伴うその他の被害軽減のための世界保健機関(WHO)、国連薬物犯罪事務所(UNODC)、国連合同エイズ計画(UNAIDS)の勧告の基盤となっている。

 

 

Harm reduction

   2016.10.10

 

People who inject drugs are among the key populations most at risk to acquire or transmit HIV. Yet they are also among those with the least access to HIV prevention, care and treatment services because their drug use is often stigmatized and criminalized.

The tools and strategies required to improve the health and lives of people who use drugs are well known and readily available. Needle–syringe programmes reduce the spread of HIV, hepatitis C and other bloodborne viruses. Opioid substitution therapy and other evidence-informed forms of drug dependence treatment curb drug use, reduce vulnerability to infectious diseases, and improve uptake of health and social services.

The overwhelming body of evidence on the effectiveness of harm reduction, including in prisons and other closed settings, is the basis for a comprehensive package of interventions recommended by the World Health Organization (WHO), the United Nations Office on Drugs and Crime (UNODC) and the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS) for preventing the spread of HIV and reducing other harms associated with drug use. Few countries have achieved sufficient coverage of harm reduction services, however.