読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当は、もう一つなどではない『闘い』について 

 特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議(JASA)の根岸昌功代表が2016年9月28日(火)夜、東京・信濃町慶應義塾大学病院で開催された東京都HIV/AIDS症例懇話会で「HIV感染症~もうひとつの闘い~」をテーマに講演しました。
 その講演の資料として配付された根岸代表作成の《HIV/AIDS年表 一臨床医の立場から》には詳細な注が付けられており、あわせて読めば『もうひとつ』などでは決してない重要なHIV対策の流れを把握することができます。東京都の委託を受け、JASAが運営するHIV/エイズ総合情報サイト『TOP-HAT FORUM』では、その高い資料性と現在の課題にも対応しうる今日性を重視し、《資料室》欄に『東京都HIV/AIDS症例懇話会から』というページを設け、注も含めその年表を掲載しました。
 皆さんの参考にしていただければ幸いです。

 

(追加)症例懇話会とも、この原稿とも直接の関係があるわけではありませんが、いまなお現実を直視すれば、こういうことになっています。事態は大きく変わったようでもあり、あまり変わっていないようでもあります。

f:id:miyatak:20160501232919j:plain