読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『エイズ終結に関する国連総会ハイレベル会合の良かった点と悪かった点』(IASブログから) エイズと社会ウェブ版234

エイズと社会 国際感染症関係論

 国際エイズ学会(IAS)公式サイトからの紹介が続きますが悪しからず。ブログ欄に6月17日付で掲載された国連総会ハイレベル会合(6月8日~10日、ニューヨーク)に関する評価です。会合閉幕から1週間後の掲載ですね。この時期は日本語の仮訳を作っておきたい文書がなぜか立て込み、紹介が大幅に遅れてしまいました。悪しからず。

 ブログの筆者が誰なのか分からなかったので、IASとしての見解なのかどうかはちょっとはっきりしません。ただ、公式サイトに掲載されている以上、少なくともIASの見解から大きくかけ離れたものではないようにも思います。

 ブログは『振り返ってみると、この会合は良いことも悪いこともたくさんあったことが特徴であり、その意味では地球規模のエイズ対策の成功とギャップの両方を照らし出すものでもあった』として、その悪かった点と良かった点をそれぞれ上げています。さらにそれを圧縮して紹介すると、こんな感じでしょうか。

 

【良かった点】

HIV治療を受けられる人の数を今後5年間で倍近く増やすことを各国が約束するなど抗レトロウイルス治療への関心が高まった。

・多数の国が単なるレトリックではなく行動することを約束した。

・宣言の採択後の演説で、多数の国がキーポピュレーション関連のプログラムを支援し、それぞれの国内HIV計画に取り入れることを表明した。

・ハイレベル会合とは別に『HIV終結のための市民社会とコミュニティ宣言:人権を第一に考える必要がある』がまとめられ、市民社会の大きな連帯が確認された。

 

【悪かった点】

・男性とセックスをする男性、セックスワーカー、注射薬物使用者、トランスジェンダーの人びとといったキーポピュレーションのHIV流行に本気で取り組む姿勢を示せなかった。

・「権利」の尊重がHIV終結の前提となるという認識が、最終的な宣言には十分に反映しきれなかった。

エイズ対策における市民社会の役割に関して十分な認識に欠け、LGBTIやハームリダクション関連の組織など多数の市民社会組織のメンバーの参加登録を排除するかたちになった。

 

そのうえで、『理想的な宣言にはなっていないが、課題解決型のアドボカシーを強化するためのプラットフォームを提供し、世界的なターゲット達成への道筋をつけるものにはなった』とまとめ、『全体的には活用すべき宣言』と指摘しています。以下、日本語仮訳です。

  

www.iasociety.org

エイズ終結に関する国連総会ハイレベル会合の良かった点と悪かった点』

 国連加盟193カ国は先週、エイズ流行終結に関する国連総会ハイレベル会合でHIVエイズに関する政治宣言『HIVとの闘いを加速し、2030年にエイズ流行を終結させるための高速対応』を採択した。理想を言えば、宣言は世界が政治的な約束をし、私たちの時代の最も重大な流行を終結に導くための基礎となるべきものだ。だが、残念ながら、採択された宣言には数多くの課題が、ほとんど記述もされずに積み残されている。論争の的になり、混乱を招きそうな課題もその中には含まれている。

 ・より戦略的な部分でキーポピュレーションについて、名前をあげて言及すること

 ・性と生殖に関する健康と権利(SRHR)を焦点分野として含めること

 ・包括的セクシュアリティ教育(CSE)について明確に言及すること

・コミュニティの強化システムへの適切な投資

 振り返ってみると、この会合は良いことも悪いこともたくさんあったことが特徴であり、その意味では地球規模のエイズ対策の成功とギャップの両方を照らし出すものでもあった。

 

良い点

 質の高い抗レトロウイルス治療(ART)への注目; 生死にかかわるHIV治療を受けられる人の数を今後5年間で倍近く増やすことを各国が約束した。国連加盟国が初めて、治療の質のモニタリングを約束し、ART(抗レトロウイルス治療)を受けている人の90%が体内のHIV量を検出限界以下に抑えることを目指している。このことは生活の質を改善し、他の人への感染のリスクを減らすことになる。

 

行動を政治的に約束: HIVに関し、世界レベル、地域レベル、そして各国の国内レベルで政治的な約束を行うことは、対策の維持に不可欠である。この約束の履行状況をはかる指標は過去35年を通して進化し、多数の国が単なるレトリックではなく行動するようになった。宣言の採択に続き、各国代表団はそれぞれ、宣言を受けて自国がどうするかを明らかにする演説の機会を与えられた。多数の国が演説でキーポピュレーション関連のプログラムを支援し、それぞれの国内HIV計画に取り入れることを表明している。

 

 そのタイミングを生かし、米大統領エイズ救済緊急計画(PEPFAR)は先週金曜日、「キーポピュレーションを対象に効果が証明されているHIV感染予防と治療のサービスへのアクセスを拡大するために」1億米ドルのキーポピュレーション投資基金を創設することを発表した。この種の明確な政治的約束は重要だ。キーポピュレーションのための人権アプローチに取り組もうとしない政府は多くあり、PEPFARはそうした間違いに取り組む行動を示したことで評価されるべきである。

 

市民社会の大きな連帯:宣言はもっと強いものにできると最後まで信じ、市民社会はついに『HIV終結のための市民社会とコミュニティ宣言:人権を第一に考える必要がある』をまとめた。この文書には現在、150以上の組織が署名し、今後のHIV対策がどのようなものになろうとも人権が不可欠な要素であることを共通認識とする大きな連帯を生みだしている。このメッセージは疑いもなく、ダーバンの第21回国際エイズ会議で話題になるだろう。

 

悪い点

HIV流行の多様なシナリオにおけるキーポピュレーションへの認識の欠如:排除により、宣言は最終的に意味のあるかたちで、ゲイおよびバイセクシャル男性その他の男性とセックスをする男性、セックスワーカー、注射薬物使用者、トランスジェンダーの人びとといったキーポピュレーションのHIV流行に本気で取り組む姿勢を示せなかった。キーポピュレーション主導の予防、ケア、治療サービスに取り組む機関がコミュニティの能力強化策を資金面、活動面から支援することも明確には約束しなかった。  

 

HIV終結の前提である「権利」を重視していない: 宣言には「権利」の認識が大きく欠けている。とりわけCSE(包括的セクシャリティ教育)を含むSRHR(性と生殖に関する健康と権利)に本気で取り組む姿勢、キーポピュレーションとHIV陽性者に対するスティグマを強め、犯罪者として扱うような法的、政策的枠組みへの対応を重視する姿勢が欠けている。HIV予防、ケア、治療サービスへのアクセスを確保するためには権利を中心にしたプログラムを重視すべきことはエビデンスとして示されているのに、宣言はこの点で微妙に表現上の沈黙を保った。

 

市民社会の役割の認識に欠け、排除している: 市民社会の存在を率先して認め意味のあるかたちで参加を求めることは、多くの点でHIV対策がより広範な保健と開発分野に示してきた重要な教訓の一つである。皮肉なことに、HLMに先立って、保守的な加盟国は、LGBTIやハームリダクション関連の組織など多数の市民社会組織に対し、会合の登録証発行を拒絶した。排除はエイズ対策の基盤をなす価値と考え方を直接的に侮辱する行動である。

 

 理想的な宣言にはなっていないが、課題解決型のアドボカシーを強化するためのプラットフォームを提供し、世界的なターゲット達成への道筋をつけるものにはなった。いくつかのパラグラフは、そのために必要なエントリーポイントにもなっている。全体としては活用すべきである。アドボケートはより強力なプログラムの作成とインクルージョンの推進を目指すべきである。研究者、科学者は人権尊重を基盤とし、エビデンスに配慮した対応が引き続き、科学的な進歩を促す大きな力であることを確認すべきである。政策担当者はますますHIV資金はどこに、どのようなかたちで配置すれば最も有効に活用できるのかを大胆に判断すべきである。

 

 HIV対策の新たな時代は、堅実な科学的成果に基づき、流行の最前線に立つコミュニティの生きた現実に対応できる有効な政策を打ち出すことによって初めて訪れることになる。モーエンス・リュッケトフト総会議長が語ったように「平等とインクルージョンをもっと重視し、人権を支持し、スティグマや差別にははっきりと反対しなければならない」ということなのだ。

 

 

 

The highs and lows of the United Nations General Assembly High-Level Meeting on Ending AIDS        6/17/2016

 

Last week, at the United Nations General Assembly (UNGA) High-Level Meeting (HLM) on Ending AIDS, 193 member states adopted the Political Declaration (Declaration) on HIV and AIDS: On the Fast-Track to Accelerate the Fight against HIV and to End the AIDS Epidemic by 2030. Ideally, the Declaration should serve as a cornerstone that demonstrates the global political commitment to ending one of the most significant epidemics of our time. Unfortunately, many issues remained largely unaddressed in the final version of the Declaration. The anticipated ‘contentious’ issues that created the most amount of turmoil included:

 

    the naming of the key populations in more strategic places in the text

    the inclusion of sexual and reproductive health and rights (SRHR) as an area of focus

    explicit mentioning of comprehensive sexuality education (CSE)

    adequate investment in community strengthening systems

 

On reflection, the meeting was characterized by a number of highs and lows that succinctly spotlighted areas of both successes and gaps in the global AIDS response. 

 

The highs

 

 

A focus on quality anti-retroviral treatment (ART): Countries committed to nearly doubling the number of people who receive life-saving HIV treatment over the next five years. For the first time, the UN member states committed to monitoring the quality of treatment, with a goal of getting 90% of those receiving ART to reduce their viral load to the point where it is undetectable. This measure improves quality of life and reduces the risk of transmission.

 

Political commitment in action: Political commitment to HIV at the global, regional and national level is integral to a sustained response. Indicators of this commitment have evolved over the past 35 years, with a number of countries moving beyond the rhetoric. Following the adoption of the Declaration, UN delegations were offered the opportunity to make country position statements reflecting upon the Declaration. Multiple delegations delivered statements affirming support for programming related to key populations and inclusion in their national HIV plans.

 

Of particular note and timing, the United States President’s Emergency Plan for AIDS Relief (PEPFAR) announced last Friday the creation of a USD $100 million Key Populations Investment Fund, “to expand access to proven HIV prevention and treatment services for key populations.” This kind of tangible political commitment is what counts, and PEPFAR should be commended for its action to address some of the wrongs in relation to the unwillingness of governments to truly defend human rights approaches for key populations.

 

Collective solidarity of civil society: Believing until the end that the Declaration could be made stronger, civil society eventually developed a Civil Society and Communities Declaration to End HIV: Human Rights Must Come First. This document has now been signed by over 150 organizations and brought forward collective solidarity on the need for human rights as an integral part of any future HIV response. This message will undoubtedly echo loudly at the upcoming 21st International AIDS Conference (AIDS 2016) in Durban.

 

 

The lows

 

Lack of recognition of the HIV epidemics among key populations across various HIV scenarios: Through exclusion, the final Declaration fails to meaningfully address the HIV epidemic among key populations, including gay and bisexual men and other men who have sex with men, sex workers, people who inject drugs, and transgender people. It also lacks an explicit commitment to support and finance community strengthening by key population-led agencies on tailored prevention, care, and treatment services.

 

Inadequate centrality of ‘rights’ as a precursor to ending HIV: The notion of ‘rights’ is largely absent from the Declaration, specifically around addressing SRHR, including explicit reference to CSE or highlighting legal and policy frameworks that stigmatize and criminalize key populations and people living with HIV. Despite the evidence, which shows that rights-based programming is central to ensuring access to HIV prevention, care and treatment services, the Declaration remained largely silent on some of the nuances.

 

Exclusion and lack of engagement of civil society actors: The proactive and meaningful engagement of civil society actors is, in many ways, one of the key lessons that the HIV sector has given to the broader health and development community.  Paradoxically, prior to the HLM, conservative member states rejected accreditation of a number of civil society organizations from LGBTI and harm reduction agencies to attend the meeting. This exclusion was a direct affront to the values and beliefs that the AIDS response was built on.

 

While the Declaration is not ideal, it provides a platform for strengthened issue-based advocacy and ensuring that the global targets are on track. Several paragraphs do provide the necessary entry points that, collectively, we should use. Advocates should push for stronger programming and inclusion. Researchers and scientists should ensure that rights-based and evidence-informed responses remain a key part of driving scientific advancement. And increasingly policymakers should be bolder in terms of where and how HIV funding is utilized most efficiently.

 

A new era in the HIV response will only become a reality when sound science informs good policy based on the lived realities of those communities at the forefront of the epidemic.  As General Assembly President, Mogens Lykketoft said, "We must pay greater attention to equality and inclusion, uphold human rights and speak out against stigma and discrimination."