読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイズ流行終結に関する国連総会ハイレベル会合が閉幕 エイズと社会ウェブ版231

エイズと社会 国際感染症関係論

 エイズ終結に関する国連総会ハイレベル会合最終日の6月10日(金)に出された国連合同エイズ計画(UNAIDS)のプレスリリースです。考えて見れば国連の会議なので、これから15年間の持続可能な開発目標(SDGs)という大きな旗印の下で、加盟国間あるいは加盟国の国内(当然、日本国内も含む)におけるエイズ対策の軽視傾向は何とか防ぎたいという切ない目標は果たしたという感じです。その点はよかったと思います。

 ただし、よかったですませてしまうわけにもいかないぞという印象も残ります。

 たとえば、プレスリリースでは、最近の成果として「抗レトロウイルス治療を受けられる人が1700万人を超えたこと、エイズ関連の死者と子供のHIV新規感染が大きく減少したこと」があげられています。エイズによる死者も大きく減っています。

 ところが、新規HIV感染者数そのものは、治療の進歩で減った、減った、とお医者さんたちが言い募るほどには減っていません。この前のハイレベル会合が開催された2011年当時と比べると、ほとんど減っていないということはUNAIDSの年次報告でも認めているし、政治宣言にも書かれていると思うのですが、このプレスリリースでは言及されていません。

 「予防としての治療(T as P)」戦略は、見るも無惨に自信を失っていた医学者の自信回復(カラ元気ともいう)には有効かもしれませんが、それだけではエイズの流行を抑えることも、終結に導くこともできない。もう、いい加減にその程度のことは認めるべきでしょう。

 個人的な意見で恐縮ですが、「予防としての治療」は「予防としての支援(S as P)」が前提としてなければ成立しません。困難な社会的課題に一つ一つ辛抱強く対応しつつ、対策は複合的、包括的に進める必要があるというごくごく当たり前の結論になってしまうのですが、その当たり前の努力に向けたモチベーションはかろうじて今回の政治宣言の中で確保できたのではないかと思います。

 あとはそれぞれの立場にある人が、この宣言をどう使うか、ですね。SDGs体制のもとでも「エイズはもういいだろう」感覚はかなり強く、そもそもと説明を始めると、エイズ対策もSDGsに入っていたの?と意外な顔をされることもあります。これはなかなか大変な作業かもしれません。

 日本国内ではどうかという検討を進める必要もあるので、どんなにうんざりするような悪文でも一応、日本語に訳しておかなければだめかなあ(最初の方にちょっと目を通しただけでもゼロドラフトからはかなり変わっている印象なので、訳すとなると時間がかかりそうです)・・・やれやれ。

 

f:id:miyatak:20160612204928p:plain

 大胆な行動を約束 エイズ終結に関する国連総会ハイレベル会合 

 加盟国は新たな政治宣言を採択し、公衆衛生上の脅威としてのエイズ流行を2030年に終結させるための海図を示す    UNAIDSプレスリリース

www.unaids.org

【ニューヨーク国連本部 2016.6.10】 国連総会は6月8~10日、ニューヨークでエイズ終結に関するハイレベル会合を開いた。加盟国はその中で、2030年のエイズ流行終結に向けた大胆な課題の実行を約束した。行動指向の新政治宣言には、2020年までに達成すべき具体的で締切りを明示した一連のターゲットと行動が盛り込まれている。世界は持続可能な開発目標(SDGs)の枠組みの中で、2030年のエイズ流行終結を目指し、高速対応で臨むためにこの約束を実現しなければならない。

 

 エイズ終結に関するハイレベル会合は国連総会議長が招集し、スイス、ジンバブエ大使が進行役を務めた。開会式でモーエンス・リュッケトフト議長は加盟国に行動を約束するよう求めた。

 

 「すべての関係者はいまこそ積極的に行動しなければならない。2030年のエイズ流行終結を世界が約束するのは今日なのです」とリュッケトフト議長は語った。「平等と包摂性を重視し、人権尊重を確認し、スティグマと差別への反対をはっきりと表明しなければならないのです」

 

 開会式で潘基文国連事務総長は、エイズ対策が「世界を動かし鼓舞してきた」と述べた。また、UNAIDS事務局長は、抗レトロウイルス治療を受けられる人が1700万人を超えたこと、エイズ関連の死者と子供のHIV新規感染が大きく減少したことなど最近の成果の概要を報告した。

 

 「史上初めて、アフリカでは新規HIV感染者数よりも、新たに抗レトロウイルス治療を開始する人の方が多くなりました」とUNAIDSのミシェル・シディベ事務局長は述べた。事務局長はまた、包摂性を高めることの重要性を強調し、「国連の扉はすべての人に開かれていなければならない」と語った。

 

 会合には市民社会代表も多数参加し、発言した。ジンバブエから参加したHIV陽性の若い女性、ロイス・マツルさんは、HIVに感染して育ってきた自らの経験を開会式で語った。「HIV陽性の若い人たちが将来に夢と希望をもてるようになってほしい」と彼女は訴えた。

 

 ネルソン・マンデラ南アフリカ大統領の孫のンダバ・マンデラさんはHIV陽性の家族と暮らした経験について心を込めて語り、すべての人が2030年のエイズ流行終結に力を合わせようと呼びかけた。「私の祖父、ネルソン・マンデラの遺産:結束とリーダーシップという遺産を受け継いでください」

 

 全体会議参加者600人を含め、国家元首、政府首脳10人、各国閣僚60人以上、HIV陽性者、市民社会代表、国際機関代表、民間企業、科学者、研究者らが新政治宣言を行動に変え、結果を残すための5つの公式会議と30以上のサイドイベントに参加した。

 

5つの公式会議のテーマは以下の通りである。

・持続可能な開発目標の中でのエイズエイズ終結を社会変革と持続可能な開発に生かす

エイズ終結への資金確保と支援:機会を開く窓

・治療の危機を超えて:90-90-90実現のための行動課題

・だれも置き去りにしない:社会正義と包摂的な社会によるスティグマと差別の解消

・子供、10代の少女、若い女性:新規HIV感染を防ぐ

 

 参加者は包括的なセクシャリティ教育とハームリダクションサービスを求めた。また、若い女性と10代の少女へのアウトリーチ、男性とセックスをする男性、セックスワーカー、注射薬物使用者、トランスジェンダーの人たち、受刑者を含むキーポピュレーションおよび移住者へのアウトリーチの強化を求めた。

 

 エイズ終結に関するハイレベル会合の期間に、2030年のエイズ終結を支援するいくつかの重要な発表があった。

 

 セックスワーカー、ゲイ男性その他の男性とセックスをする男性、注射薬物使用者、トランスジェンダーの人たち、受刑者らがHIVサービスを利用しやすくなるようにするため、米国政府は1億米ドルのキーポピュレーション投資基金の創設を発表した。この基金スティグマと差別の解消、サービスの設計と提供に関するコミュニティのリーダーシップの強化、キーポピュレーション関連の質の高いデータの拡充などに力を入れていく。

 

 インドの製薬企業、シプラ社のユスフ・K・ハミード会長はアフリカにおける治療薬製造を促進するためのアフリカ諸国に対する援助パッケージを発表した。

 

 米大統領エイズ救済緊急計画(PEPFAR)は、2015年に子供の新規HIV感染をなくし、母親を健康に保つことを目指す世界計画の最終報告書を発表した。国連総会が2011年に前回のHIVエイズに関するハイレベル会合を開いたときに始動した計画だ。

 

 2009年以降、最もエイズの影響が深刻なサハラ以南のアフリカ21カ国における子供の新規HIV感染は60%減少している。子供の新規HIV感染予防を大きく前進させるために、UNAIDSとPEPFARおよびパートナー機関は子供、10代の若者および若い女性のエイズ終結に向けた枠組み ― スタート・フリー、ステイ・フリー・エイズ・フリー ― を発表した。この計画は子供の新規HIV感染をなくし、HIV陽性の子供全員に治療を提供し、10代の若者と若い女性の新規HIV感染を防ぐことによって、世界の若い女性、10代の若者、子供のエイズの流行を終結軌道に乗せるという野心的なターゲットを設定している。

 

 アルメニアベラルーシ、タイがキューバに加え、公式に世界保健機関(WHO)から子供の新規HIV感染排除の確認証を受けた。タイは深刻なHIV流行国(2014年現在のHIV陽性者数45万人)で初めて確認証を受けた国となった。

 

 エイズ、エボラ、ジカ熱といった新興感染症の流行への対応から学んだ教訓、包括的ケアサービスへのアクセスによる10代の少女と若い女性の能力強化など広範な保健課題に関するイベントも開かれた。後者はエイズと闘うアフリカ・ファーストレディの会(OAFLA)が開催した。

 

 ニューヨークではこの一週間、いくつかの会議や支援イベントが開かれている。ニューヨークのビル・デブラシオ市長とパリのアンヌ・イダルゴ市長はニューヨーク公共図書館に世界の約30都市の市長を招き、都市部における流行をエイズ終結の高速軌道に乗せるにはどうしたらいいかを議論した。この会議では持続可能な開発目標の達成に向けたスマートシティの改革についても話し合われた。

 

 新華社通信との協力により、ニューヨークのタイムズスクエアでは、UNAIDSのエイズ終結に向けた高速対応の屋外広告が掲示された。宗教宗派を超えたサービスやエイズ対策における女性のリーダーシップの役割の重要性に焦点を当てた多数のイベントも行われた。

 

 エイズ終結に関するハイレベル会合の前夜には、ファッションデザイナーで、エイズ研究財団(amfAR)会長のケネス・コールさんがUNAIDSの国際親善大使に任命された。同じくUNAIDS国際親善大使のアニー・レノックスさんはこの一週間を通じ、様々なイベントに参加した。

 

 

 

 

Bold commitments to action made at the United Nations General Assembly High-Level Meeting on Ending AIDS   UNAIDS Press release

The new Political Declaration adopted by United Nations Member States charts a course to end AIDS as a public health threat by 2030

 

UNITED NATIONS, NEW YORK, 10 June 2016—United Nations Member States have committed to implementing a bold agenda to end the AIDS epidemic by 2030 during the United Nations General Assembly High-Level Meeting on Ending AIDS, held in New York, United States of America, from 8 to 10 June. The progressive, new and actionable Political Declaration includes a set of specific, time-bound targets and actions that must be achieved by 2020 if the world is to get on the Fast-Track and end the AIDS epidemic by 2030 within the framework of the Sustainable Development Goals.

 

The High-Level Meeting on Ending AIDS was convened by the President of the General Assembly and co-facilitated by Switzerland and Zambia. At the opening, the President of the General Assembly, Mogens Lykketoft, urged Member States to commit to action.

 

“All stakeholders must now step up to the plate. Today is the day that we collectively say that we will end the AIDS epidemic by 2030,” said Mr Lykketoft. “We must pay greater attention to equality and inclusion, uphold human rights and speak out against stigma and discrimination.”

 

During the opening plenary, the United Nations Secretary-General, Ban Ki-moon, said that the AIDS response had been a “source of innovation and inspiration,” and the Executive Director of UNAIDS outlined the progress made in recent years, with 17 million people accessing antiretroviral treatment and significant declines in AIDS-related deaths and new HIV-infections among children.

 

"For the first time in history we can say that in Africa there are more people initiating HIV treatment than there are new HIV infections,” said UNAIDS Executive Director Michel Sidibé. He also underlined the importance of inclusion, saying, “The doors of the United Nations should be open to all.”

 

Among many of the civil society representatives who participated in and spoke at the meeting, Loyce Maturu, a young woman living with HIV from Zimbabwe, shared her inspiring story during the opening plenary about growing up living with HIV. "I want young people living with HIV to be able to realize their dreams and hopes for the future," she said.

 

Ndaba Mandela, a grandson of Nelson Mandela, spoke passionately about his own family’s experience of HIV and urged everyone present to stand together to end AIDS by 2030. “I'm here to ask you to continue the legacy of my grandfather, Nelson Mandela: a legacy of unity and leadership.”

 

In addition to the plenary sessions around 600 participants, including 10 Heads of State and Government and more than 60 ministers, people living with HIV, representatives of civil society, representatives of international organizations and the private sector, scientists and researchers took part in five official panels and more than 30 side events to translate the new Political Declaration into action and results. 

 

The five official panels were under the following themes:

    AIDS within the Sustainable Development Goals: leveraging the end of AIDS for social transformation and sustainable development.

    Financing and sustaining the end of AIDS: the window of opportunity.

    Getting ahead of the looming treatment crisis: an action agenda for getting to 90–90–90.

    Leaving no one behind: ending stigma and discrimination through social justice and inclusive societies.

    Children, adolescent girls and young women: preventing new HIV infections.

 

Participants called for access to comprehensive sexuality education and harm reduction services as well as strengthening outreach to young women and adolescent girls and key populations, including men who have sex with men, sex workers, people who inject drugs, transgender people and prisoners as well as migrants.

 

During the High-Level Meeting on Ending AIDS, major announcements were made in support of ending the epidemic by 2030.

 

The United States of America announced the launch of a new US$ 100 million Key Populations Investment Fund to increase access to HIV services for sex workers, gay men and other men who have sex with men, people who inject drugs, transgender people and prisoners. The new fund will focus on reducing stigma and discrimination, empowering community leadership in the design and delivery of services and increasing the quality of data on key populations.

 

Yusuf K. Hamied, Chair of the Indian pharmaceutical company CIPLA, announced a package of assistance to African countries to facilitate the local production of medicines in Africa.  

 

UNAIDS and the United States President’s Emergency Plan for AIDS Relief (PEPFAR) released a final report on the progress made since the Global Plan towards the elimination of new HIV infections among children by 2015 and keeping their mothers alive was launched at the last United Nations General Assembly High-Level Meeting on HIV and AIDS, in 2011.

 

There has been a 60% decline in new HIV infections among children since 2009 in the 21 countries in sub-Saharan Africa that have been most affected by the epidemic. To build on the enormous progress made in stopping new HIV infections among children, UNAIDS, PEPFAR and partners released a framework for ending AIDS among children, adolescents and young women—Start Free, Stay Free, AIDS-Free. The initiative sets ambitious targets to eliminate new infections among children, ensure access to treatment for all children living with HIV and prevent new HIV infections among adolescents and young women in order to put the world on a path to ending the AIDS epidemic among young women, adolescents and children.

 

Armenia, Belarus and Thailand joined Cuba in receiving official certificates of validation from the World Health Organization for eliminating new HIV infections among children. Thailand is the first country with a major HIV epidemic (450 000 people living with HIV in 2014) to receive such validation.

 

Events were held on the wider health agenda, including learning the lessons learned from responding to emerging epidemics, such as AIDS, Ebola and Zika, and on empowering adolescent girls and young women to access integrated health-care services, which was organized by the Organisation of African First Ladies against HIV/AIDS.

 

During the week of the meeting, several supporting events took place across New York. The Mayor of New York, Bill De Blasio, and the Mayor of Paris, Anne Hidalgo, convened around 30 mayors at the New York City Public Library to discuss how they are getting on the Fast-Track to end AIDS in cities. They also shared how smart cities are implementing urban innovations to achieve the Sustainable Development Goals.

 

In partnership with the Xinhua news agency, a billboard showcasing the UNAIDS Fast-Track response to ending AIDS ran in the city’s iconic Times Square. There was also an interfaith service and a number of events that focused on the importance of women’s involvement in leadership roles in the AIDS response.

 

On the eve of the High-Level Meeting on Ending AIDS, fashion designer and amfAR chair Kenneth Cole was named as an International Goodwill Ambassador for UNAIDS. UNAIDS International Goodwill Ambassador Annie Lennox took part in events throughout the week.