読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『後退した国連宣言など拒否すべきだ』 GNP+も激しく怒っています エイズと社会ウェブ版229続き

 世界HIV陽性者ネットワーク(GNP+)の公式サイトにも6月6日付で以下の見解が示されています。こんなドラフトのままじゃあ話にならない。百害あって一利なし、断固拒絶だという見解ですね。

 

   ◇

 

市民社会は後退した国連宣言など拒否すべきだ

   世界HIV陽性者ネットワーク(GNP+) 2016.6.6

 

 HIVエイズに関する2016政治宣言の最終交渉は現在、続けられており、ニューヨークで6月8日~10日に開催される国連ハイレベル会合で最終的な宣言がまとまる見通しだ。最新のドラフトはしかし、世界のHIV対策からキーポピュレーションの関心もニーズも権利も理解もすべて消し去るものになっている。市民社会組織は国連宣言のこうした後退の可能性にどう対応するかを議論しているところだ。その議論の一環として、現在のドラフトは拒否すべきだという私たちの考えを明らかにしておきたい。

 

GNP+の見解

 「私たちGNP+ファミリーはHIVに関する国連2016ハイレベル会合宣言の現行ドラフトは拒否しなければならないと考えている。私たちにとっての宣言の意味を考えてみよう。それは世界全体および各国の政策、法律、規制、資金、プログラム作成の指針を提供するものだ。宣言が取り上げたことを実行するよう市民社会が求めるための手段を提供するものでもある。この宣言でそれが可能だろうか。HIVのさらなる感染の拡大を防ぎ、HIV陽性者がよりよい人生をより長く生きていくための指針を提供するものなのだろうか。

 有効に機能すると分かっている対策について述べることを宣言が故意に避けるのだとしたら、ゲイ男性その他の男性とセックスをする男性、セックスワーカートランスジェンダーの人たち、薬物使用者、受刑者ら ― HIVエイズにより最も大きな打撃を受けている人たち ― を具体的に列挙することを故意に拒んでいるのだとしたら、そして、故意に関心を他にそらせようとしているのだとしたら、宣言が有効に機能することなど期待できない。とりわけ、社会の中で最も弱い立場に置かれている人たちにとっては百害あって一利なしである。キーポピュレーションをあからさまに排除するような宣言には、交渉の余地もない。世界のエイズとの闘いを節操もなく妨げるものだ。このような宣言は拒絶しなければならない。それもはっきりと拒絶しなければならない」

 

#HLM2016AIDS をフォローしてください。

 このツイッターで情報を入手し、議論に加わることができます。 

 

 

Civil Society Should Reject Regressive UN Declaration

 

Final negotiations are currently taking place for the 2016 Political Declaration on HIV and AIDS, which will be finalized during the United Nations High Level Meeting in New York from June 8 to June 10. The current draft however all but eliminates the concerns, needs, rights and recognition of key populations from the global HIV response. Civil society organisations are discussing ways forward to deal with a potential regressive UN statement. As part of the discussion, we articulated our belief that the current draft Declaration should be rejected.

 

GNP+ Stance

 

“We at GNP+ firmly believe we must reject the draft 2016 U.N. High Level Meeting on HIV Declaration as it currently stands. Let us ask ourselves what the Declaration is meant to do — provide a compass for global and national policy, law, regulation, funding and programming; provide a tool for advocacy so we, civil society, can demand implementation on what the Declaration addresses. Can this Declaration perform these functions? Can it provide the compass we want to prevent further HIV infection and ensure people living with HIV can live long and in wellbeing?

 

If the Declaration deliberately fails to state what we know works in the AIDS response, if the Declaration deliberately refuses to name gay men and other men who have sex with men, sex workers, transgender people, people who use drugs and prisoners—the people who bear the highest burden of HIV and AIDS—and deliberately draws our attention away from them, then this Declaration cannot perform its functions. It can, in effect, only be harmful, especially to the most vulnerable people in our communities. The explicit exclusion of key populations in this Declaration is a non-negotiable, unprincipled setback in our global fight against AIDS. We must reject it and reject it resolutely.”

 

Follow #HLM2016AIDS

 

You can keep yourself informed and join the discussions by using twitter and following the hashtag #HLM2016AIDS.