読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ダーバンへの道とその先』 国際エイズ学会(IAS)年次書簡2016 その2

『ダーバンへの道とその先』(国際エイズ学会IAS年次書簡2016)日本語仮訳の2です。

 

◎ダーバン2000から2016へ

   私たちはどこまで来たのか

 

ケアしてください、受け入れてください ― 僕たちはみんな人間なのです。

 ―ヌコシ・ジョンソン君 ダーバンのAIDS2000開会式で

 

 第13回国際エイズ会議は2000年にダーバンで開かれ、11歳のヌコシ・ジョンソン少年が南アフリカHIV陽性者を代表して開会式の壇上に立った。少年の母はHIV陽性であり、お金はほとんどなく、感染予防の手段にも治療にもアクセスはなかった。ヌコシ少年はHIVに感染して生まれた。HIV感染がコミュニティの人たちに分かれば追放されるのではないかとびくびくしながら、母子はヨハネスブルグ東部の小さなタウンシップで暮らしていた。HIV陽性者が歓迎されるような雰囲気ではなかったのだ。母親の健康状態は急速に悪化し、息子をケアしようという親戚もいなかったので、ヌコシ少年は市内にあるエイズセンターに預けられた。センターのボランティアの一人ゲイル・ジョンソンが少年の世話をし、彼女は後に里親となった。ダーバン会議の開会式で壇上に立った当時、ヌコシ少年はHIVに感染して生まれた子供の中で最も長期の生存者になっていた。少年は穏やかに、しかし、強い決意をもって語り、エイズ患者が他の人と変わらない人間であり、他の人と同じようにケアと治療を受ける資格があるのだということを聴衆に思い起こさせた。少年の訴えは、その当時も、いまも変わらない真実である。

 

 2000年当時、高所得国では、子供の新規HIV感染はほぼなくなろうとしていた。だが、途上国では何十万という子供たちがHIVに感染して生まれていた。南アフリカのAIDS2000は、世界が先進国と途上国の2つに分かれていることを鮮やかに描き出す会議だった。子供だけでなく、何百万という成人もまた、不当な政治的関与を含む様々な理由で、延命に必要な治療薬へのアクセスを拒まれていた。世界の専門家がダーバンに集まったときにも、南アフリカ政府の最高指導者は抗レトロウイルス治療へのアクセスを阻み、科学的なエビデンスよりも作り話を信じたがっている状態だった。

 

 AIDS2000の参加者は、おそらく国際保健史上、もっとも重要な運動を開始した。ケアについて、豊かな国にしか適用できない唯一の基準があるわけではなく、他のどこでも適用可能な別の基準もあるということを初めて、私たちのコミュニティが認め、その実現を約束した。生まれた場所によって、科学研究の成果がもたらす恩恵を受けられるかどうかが決まる。そんなことはもう容認できないということだ。

 

 16年後のいま、HIVをめぐる風景は劇的に変わっている。様々な生活条件にある千数百万もの人がHIV治療へのアクセスを得ている。そして、数十カ国がHIVの母子感染廃絶にもうひと息のところまで来ているのだ。世界最大の抗レトロウイルス治療プログラムを有する国となった南アフリカでは、平均寿命がこの10年で10歳も延びている。

 

 2000年時点で有効性が証明されていたHIVツールは限られていた。世界的な対策も不十分だった。したがって当時は、最も楽観的な会議参加者ですら、エイズの流行を終わらせようなど考えることはできなかった。2016年のいまは、HIV予防、ケア、治療の普及がもたらした大きな成果を振り返ることができる。だが、その成果はいまなお、本当に必要としている人すべてに届いているわけではないし、それだけでエイズの流行を終結に導けるわけでもない。エイズの終わりを現実の課題として語れるようになるには、まだなすべきことが数多く残っている。社会から排除され、スティグマの対象となっている人たちが、科学とコミュニティと政治が生み出した成果を共有できるようにならなければ、エイズの流行に終わりが訪れることはない。

 

 

◎国際エイズ会議 HIV対策の大きな節目

 

AIDS2000:ダーバン

『沈黙を破れ』

 参加者がHIV治療への平等なアクセスを求め、HIV原因説否定論を批判。アフリカにおける治療普及のきっかけを作る。

 

AIDS2002:バルセロナ

『行動のための知識と約束』

製薬業界に対し、治療薬の価格引き下げとアクセス確保を求める活動を支持。一連の行動が抗レトロウイルス薬の価格の劇的な引き下げをもたらす。

 

AIDS2004:バンコク

『すべての人へのアクセス』

 臨床試験へのコミュニティの参加が注目を集め、世界中の数多くの研究機関に方針転換を促す。また、薬物使用者に対するタイ政府の非人道的取締への批判が高まる。

 

AIDS2006:トロント

『分配のとき』

 禁欲一辺倒のHIV予防対策に対し、時代遅れだとして批判が巻き起こる。医学的な予防の新技術が注目される。

 

AIDS2008:メキシコシティ

『いまユニバーサルアクションを』

 パナマ大統領が会議で同性愛を犯罪として扱う法律の廃止を宣言。ラテンアメリカ諸国では最後まで残っていた同性愛犯罪法だった。中国はHIV陽性者の渡航規制を撤廃。

 

AIDS2010:ウィーン

『いまここで人権を』

 局部への抗レトロウイルス薬使用がHIVを予防できるとする最初の研究成果(CAPRISA 004)が発表され、スタンディングオベーションを受ける。女性主導のHIV予防手段を探る動きが強まる。

 

AIDS2012:ワシントンDC

『力を合わせて流れを変えよう』

 AIDS2012開催の合意事項の一部として、米国政府は22年間にわたって続けていたHIV陽性者への渡航規制を撤廃。

 

AIDS2014:メルボルン

『ペースを上げよう』

 HIV陽性者に対する不公平な扱いやスティグマ化が批判され、ヴィクトリア州政府はHIVを犯罪視する州法の廃止を約束。

 

 

◎ペースを速め、規模を拡大

 エビデンスから実践へ

 

 大きな科学的成果があがるごとに、HIVコミュニティは、国内および国際的な指針に新たなエビデンスを反映させ、政策決定者に影響を与えて戦略の具体化を迫るというかつてない役割を果たしてきた。

 

 だが、こうした政策の変更が、予防、ケア、治療のプログラムを実際に進める医師、看護師、検査技師、コミュニティワーカー、アウトリーチスタッフといった現場の保健医療従事者にはなかなか浸透していかないこともよくある。新しいツールが効果的に使われ、多数の人の生命を救うことが出来るかどうかは、結局のところ、こうした人たちの努力にかかっているのだ。HIV対策のこうしたギャップは早急に解消しなければならない。

 

画期的な発見の成果が人びとの利益になるよう、私たちは必要なステップを簡潔な頭文字の略称で示した:GREATである。

 

 ガイドライン(Guideline)

  国際的および国内的な指針を早急に作成し、広く実行する。

 規制(Regulation)

  新たなツールの迅速な承認が可能になるよう規制当局間の調整を行う。

 エビデンス(Evidence)

  エビデンスに基づき、科学の成果を現場の従事者や影響を受けているコミュニティに役立てられるよう基礎、臨床、実施科学を含め、新たな研究を進める。

 機関(Agency)

  予防と治療を続けていけるようクライアントと保健医療従事者が具体的に協力できる機関をつくる。

 ツールキット(Toolkits)

  成功事例を広め、エビデンスにあわせてプログラムを修正していけるようツールキット(用具一式)と使用法、同僚間で学べる機会を常に利用できるようにする。

 

 

 

 

Durban 2000 to 2016:

HOW FAR WE’VE COME

 

CARE FOR US AND ACCEPT US – WE ARE ALL HUMAN BEINGS.

– Nkosi Johnson at the opening ceremony of AIDS 2000 in Durban

 

When 11-year-old Nkosi Johnson took the stage at the opening ceremony of the 2000 International AIDS Conference in Durban, he was representative of many of those living with HIV in South Africa at the time. His mother was HIV-positive, with little money and no access to quality HIV prevention tools or treatment. Nkosi was born with the virus. In their small township east of Johannesburg, they lived in fear that the community would find out about their illness and chase them away. The environment could not have been less welcoming of people living with HIV. With Nkosi’s mother’s health rapidly deteriorating and no direct family willing to care for her son, she sent him to an AIDS centre in the city. He was cared for by one of the centre’s volunteer workers, Gail Johnson, who later became his foster mother. By the time he took centre stage at the conference in Durban, he was the longest-surviving child born with HIV. Speaking softly but with strong resolve, he reminded the world that he and other people with AIDS were no different than anyone else and all were equally deserving of care and treatment. His plea rings as true today as it did then.

 

 In 2000, high-income countries were on the road to eliminating new HIV infections among children. But in developing countries, hundreds of thousands of children still began their lives with HIV. AIDS 2000 in South Africa vividly illustrated this tale of two worlds – developed versus developing – and not just for children. Millions of adults were denied access to lifesaving medicines for a variety of reasons, including questionable political commitment. As delegates met in Durban, the country’s senior-most political leaders were still blocking access to antiretroviral therapy, heeding myths rather than scientific evidence.

 

Delegates at AIDS 2000 launched perhaps the greatest movement in global health history. For the first time, our community vowed that there would no longer be one standard of care in rich countries and another one everywhere else. Whether someone benefited from the fruits of scientific research, it was agreed, would no longer depend on an accident of birth.

 

Sixteen years later, the HIV landscape has dramatically changed. Millions of people from all walks of life now have access to HIV treatment, and scores of countries are on track to eliminate mother-to-child transmission. South Africa, now home to the world’s largest antiretroviral treatment programme, has seen life expectancy rise by nearly a decade in only 10 years’ time.

 

In 2000, neither the limited array of proven HIV tools nor the state of the global response permitted even the most optimistic conference attendee to contemplate the end of the epidemic. Now, in 2016, we look back on a string of successful advances and approaches in HIV prevention, care and treatment. But these advances are still not reaching everyone most in need, and they are not enough on their own to end the epidemic. Much more remains to be done before we can realistically talk about the end of AIDS. Until those who are the most marginalized and stigmatized can meaningfully participate in scientific, community and policy gains, the end of AIDS will remain elusive.

 

INTERNATIONAL AIDS CONFERENCES

Landmark Moments in the HIV Response 

 

AIDS 2000: DURBAN

Breaking the Silence

Delegates demand attention to both the in equality of access to HIV treatment and denialism about the origins of the virus. The meeting sparks treatment scale-up across Africa.

 

AIDS 2002: BARCELONA

Knowledge and Commitment for Action Delegates push for intensified activism on drug prices and access from the pharmaceutical industry, adding to a wave of actions resulting in dramatic reductions in the price of antiretrovirals.

 

AIDS 2004: BANGKOK

Access for All

Cmmunity engagement in clinical trial development receives increased attention that leads to policy changes in many global research institutions, while advocates shine a spotlight on inhumane persecution of people who use drugs in Thailand.

 

AIDSS 2006: TORONTO

A Time To Deliver

A heavy focus on outdated interventions brings overwhelming condemnation of abstinence-only HIV prevention and renewed attention to new biomedical prevention technologies.

 

AIDS in 2008: MEXICO CITY

Universal Action Now

At the conference, the President of Panama announces the repeal of the last remaining law in Latin America criminalizing homosexuality, and China lifts its ban on people with HIV travelling to the country.

 

AIDS in 2010: VIENNA

Rights Here, Rights Now

The first positive demonstration that topical antiretrovirals can prevent HIV (CAPRISA 004) receives a standing ovation and adds momentum to the search for female-controlled HIV prevention options.

 

AIDS 2012: WASHINGTON D.C.

Turning the Tide Together

As part of agreeing to host AIDS 2012, the United States lifts its 22-year travel ban that prevented people living with HIV from entering the country.

 

 

AIDS 2014: MELBOURNE

Stepping Up The Pace

After being criticized for unfairly targeting and stigmatizing people living with HIV, the Victorian State Government pledges to repeal the state HIV criminalization law.

 

 

 

At Pace and to Scale:

FROM EVIDENCE TO PRACTICE

 

With each scientific breakthrough, the HIV community historically has done an exceptional job of influencing policymakers to change national and international guidance to reflect new evidence and incorporate emerging strategies.

 

Too often, though, these policy changes have not filtered down quickly enough to frontline health workers – physicians, nurses, laboratory technicians, community workers and outreach staff – who implement essential HIV prevention, care and treatment programmes, and whose efforts ultimately determine whether new tools are put to effective use and translated into lives saved. We must urgently close this gap in the HIV response.

 

We have developed a simple acronym to stress the important steps that move us from groundbreaking discovery to individual impact: GREAT.

 

Guidelines

Rapid development and at-scale implementation of normative international and national guidelines.

 

Regulation

Coordination across regulatory agencies that leads to swifter approval of new tools.

 

Evidence

New research – including basic, clinical and implementation science – that builds the evidence base and translates science for frontline workers and affected communities.

 

Agency

Meaningful client and frontline health worker agency and collaboration to ensure optimal retention in prevention care and treatment.

 

Toolkits

Ready access to toolkits, tactics and peer-to-peer learning opportunities, to roll out best practices and adapt programmes as evidence evolves.