読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「2030年のエイズ流行終結には緊急行動が必要」 国連事務総長が新報告書

 HATプロジェクトのブログに掲載したUNAIDSプレスリリースの日本語仮訳を再掲します。

(解説) 世界のエイズ対策の進捗状況について、国連では毎年、事務総長が総会に報告書を提出することを義務づけています。2001年のHIV/エイズに関するコミットメント宣言、2006年、11年の政治宣言が、言いっぱなしの宣言に終わってはいけない。きちんと約束を果たして実行に移すようにしなければならない・・・という考えに基づく報告ですね。その2016年版報告が公表されたことを伝える国連合同エイズ計画(UNAIDS)のプレスリリースの日本語仮訳です。

今年は前回の政治宣言から5年の節目であり、6月にはエイズ流行終結に向けた国連総会ハイレベル会合があるため、総集編的な内容になっています。ただし、プレスリリースを読んだ範囲では、最近のUNAIDSの主張などとほぼ同じことを繰り返している印象です。世界のエイズ対策は大きな成果を上げているけれど、ここでがんばらなければ流行はまたリバウンドしてしまう。ただし、資金をさらに確保し、対策を一段と強化すれば公衆衛生上のエイズ流行終結を2030年に実現させることは不可能ではない。今後5年間が勝負であり、各国はUNAIDSが提唱する高速対応実現に努力してほしいという感じですね。

(注:あくまでプレスリリースだけ読んだ範囲の感想です。レポートを読めばもっと突っ込んだ内容だとは思いますが・・・)。

 

 

2030年のエイズ流行終結には緊急行動が必要 国連事務総長が新報告書

 新たに報告された報告書の中で、国連事務総長は、今後5年間に行動を加速しなければ、これまでの大きな成果も失われてしまう恐れがあると警告し、各国に投資の前倒しと対策の強化を求めた

http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2016/may/20160506_SGreport

 

【ニューヨーク、2016.5.06】 今後5年間の緊急対応を怠れば、エイズの流行は延々と続くことになる。潘基文国連事務総長は新たに発表した報告書でこう警告している。『エイズ流行終結のための高速対応』と題した報告書は、前例のない努力によって実現した過去15年の成果も失われてしまう恐れがあると訴え、2030年に公衆衛生上の脅威としてのエイズ流行を終結させるため、すべての関係者に対策の強化と投資の前倒しを求めている。

 

 「エイズ対策はこれまでの以上の成果をもたらすことができます。2030年までに流行を終結に導くことができるという展望を切り開き、そのための基盤を提供しているのです」と潘事務総長は報告書で述べている。「しかし、現状のままで満足していれば、低・中所得の中には流行が再燃する国もでてくるでしょう。これまでの膨大な投資も、健康の権利を求めてきた世界でもっとも素晴らしい運動も、すべて無に帰してしまうのです」

 

 報告書はこれまでの成果、とりわけHIVエイズに関する2011年国連政治宣言以降の成果を検証し、まとめている。2015年を目標年にした野心的なターゲットを設定して以来の成果である。事務総長は報告書で「その成果は素晴らしいものだ」と述べている。「締切りに設定された2015年12月の9カ月も前に1500万人が抗レトロウイルス治療を受けられるようになっています。これは世界の大きな勝利です」。報告書は急速な治療の普及がもたらした成果を概括している。年間のエイズ関連の死者はピークだった2004年当時より42%も減少しており、HIVの流行に最も深刻な影響を受けてきた国々でここ数年、平均寿命が急速に延びているのだ。

 

 報告書は市民社会およびHIV陽性者のリーダーシップがその成果の達成に大きな役割を果たしてきたことを強調している。コミュニティの活動はエイズ対策の拡大を妨げる数多くの障壁を取り除き、HIV感染の最も高いリスクにさらされた人たちにサービスを届け、HIV陽性者の治療継続を助け、様々な保健サービスを強化するうえでキーとなる役割を担ってきた。

 

 最も大きな成果があった分野は、子供の新規HIV感染の減少だった。国連合同エイズ計画(UNAIDS)とパートナー機関は2011年の国連総会エイズ・ハイレベル会合で、2015年までに子供のHIV新規感染をなくし、母親が生きられるようにするための世界計画を発表した。その効果もあり2009年から14年までの5年間で、世界のHIV陽性妊婦の90%を占める国々で新規HIV感染が半減しているのだ。現状は世界の約85カ国が実質的に子供の新規HIV感染をなくすことが可能なところまでこぎつけている。

 

 だが、潘基文事務総長は報告書の中で、2011年HIVエイズに関する国連政治宣言が必ずしも期待通りに実施されているわけではないとも述べている。新たなHIV感染予防のツールや方法が使えるようになったのに、HIV予防プログラムはここ数年、適切なリーダーシップが得られず、説明責任も果たされず、資金は減少しているためにむしろ弱体化しているのだ。2010年と14年の新規HIV感染を比べても減少はわずか8%にとどまっていると事務総長は指摘している。

 

 報告書は、HIVの新規感染が依然、増加を続けている地域があることに注意を促している。主に注射薬物使用者の感染により2000年と2014年の比較で新規HIV感染が30%も増えている東ヨーロッパ・中央アジア、そして中東・北アフリカ、アジア太平洋地域である。

 

 不平等を温存するジェンダー規範が世界中の様々な社会に残っており、女児および若い女性がとりわけHIVの影響を大きく受けていることも報告書は指摘している。サハラ以南のアフリカにおける15-24歳のHIV陽性者280万人のうち、63%は女性で占められているのだ。

 

 抗レトロウイルス治療は拡大したものの、いまなお約2200万人が治療へのアクセスを得られないでいることも報告書は強調している。HIV治療の拡大を妨げている最大の原因は診断の遅れであり、HIV陽性者の約半数が自らの感染を知らずにいるという。HIV検査へのアクセス拡大、とりわけ感染の高いリスクにさらされている人たちへの検査の普及が強調されるのはこのためだ。

 

 報告書はさまざまな課題を示しつつも、世界が現状を変えようとすれば、公衆衛生上の脅威としてのエイズの流行を2030年までに終結させることは可能だと述べ、将来が希望に満ちたものであることを指摘している。そのためにはインクルーシブで利用しやすく、人権尊重を基本にして、最も必要な人と場所にサービスが届くようなかたちで対策を進めていく必要がある。報告書はまた、同性間の性関係や薬物使用者、セックスワーカーを犯罪舎として扱うような懲罰的な法律や抑圧的な政策は、サービスへのアクセスを閉ざすことになるので、撤廃する必要があることも強調している。

 

 「人権尊重を基本にして、ジェンダーの平等を進め、女性の地位向上をはかるアプローチを強化する必要があります」と潘事務総長は報告書で述べている。「サービスは、最も必要とする人、排除されがちな人、差別されている人が利用できるようにしなければなりません。HIV陽性者やサハラ以南のアフリカの若い女性とその性パートナー、世界中の子供たちや10代の少年少女、ゲイ男性および男性とセックスをする男性、セックスワーカーとその客、薬物注射使用者、トランスジェンダーの人びと、受刑者、障害者、移住労働者、難民といった人たちです」

 

 報告書はHIV対策と持続可能な開発目標(SDGs)の成功との関係をとくに強調している。とりわけSDG3(すべての人に健康な生活を保障し、福祉増進をはかる)、SDG5(ジェンダーの平等を実現し、女性・女児の地位を高める)、SDG10(サービスや製品の提供における不平等の解消をはかる)、SDG16(公正かつ平和でインクルーシブな社会を実現する)、SDG17(持続可能な開発のための協力関係を強化する)が重要である。

 

 最近のHIV対策の成果を支えたのは資金の拡大であることを報告書は指摘している。2014年には低・中所得国のエイズ対策に推定192億ドルが投じられている。そして、2030年のエイズ流行終結という目標を達成するには、その資金を2020年までに推定で年間262億ドルに拡大する必要がある。

 

 報告書は各国がUNAIDSのエイズ流行終結に向けた高速対応に加わるよう求めている。新規HIV感染者数、およびエイズ関連の死者数を年間50万人以下に減らすこと、HIV関連の差別をなくすことなど、2020年を目標年とする一連の野心的目標の達成を求めるものだ。これらの目標を実現するためのターゲットには、HIVに感染している人の90%が自らの感染を知り、そのうちの90%が治療を受け、さらにそのうち90%がウイルス量を検出限界以下に抑えられるようになるという90-90-90治療目標を2020年までに実現することが含まれている。

 

 

 

New report shows that urgent action is needed to end the AIDS epidemic by 2030

 

New report from the United Nations Secretary-General warns that major gains could be lost if action does not accelerate over the next five years and urges countries to react by front-loading investments and increasing action

 

 

NEW YORK, 06 May 2016—A new report released by the United Nations Secretary-General, Ban Ki-moon, warns that the AIDS epidemic could be prolonged indefinitely if urgent action is not implemented within the next five years. The report, On the Fast-Track to end the AIDS epidemic, reveals that the extraordinary acceleration of progress made over the past 15 years could be lost and urges all partners to concentrate their efforts to increase and front-load investments to ensure that the global AIDS epidemic is ended as a public health threat by 2030.

 

“The AIDS response has delivered more than results. It has delivered the aspiration and the practical foundation to end the epidemic by 2030,” said Mr Ban in the report. “But if we accept the status quo unchanged, the epidemic will rebound in several low- and middle-income countries. Our tremendous investment, and the world’s most inspiring movement for the right to health, will have been in vain.”

 

The review of progress looks at the gains made, particularly since the 2011 United Nations Political Declaration on HIV and AIDS, which accelerated action by uniting the world around a set of ambitious targets for 2015. “The progress made has been inspiring,” said Mr Ban in the report. “Reaching 15 million people with antiretroviral therapy nine months before the December 2015 deadline is a major global victory.” The report outlines that the rapid treatment scale-up has been a major contributing factor to the 42% decline in AIDS-related deaths since the peak in 2004 and notes that this has caused life expectancy in the countries most affected by HIV to rise sharply in recent years.

 

The report underlines the critical role civil society has played in securing many of the gains made and the leadership provided by people living with HIV. Community efforts have been key to removing many of the obstacles faced in scaling up the AIDS response, including reaching people at risk of HIV infection with HIV services, helping people to adhere to treatment and reinforcing other essential health services.

 

A major area of success has been in reducing new HIV infections among children. In 2011 UNAIDS and partners launched the Global Plan towards the elimination of new HIV infections among children by 2015 and keeping their mothers alive at the UN General Assembly High-level meeting on AIDS and in just five years, from 2009 to 2014, new HIV infections have been halved in the countries that account for 90% of all pregnant women living with HIV. Some around 85 countries are now poised to virtually eliminate new HIV infections among children.

 

In the report, however, Mr Ban also calls the shortfalls in the implementation of the 2011 Political Declaration on HIV and AIDS distressing, revealing that even as new HIV prevention tools and approaches have emerged, HIV prevention programmes have weakened in recent years owing to inadequate leadership, weak accountability and declining funding. He notes that new HIV infections declined by just 8% between 2010 and 2014.

 

The report draws attention to regions where new HIV infections are continuing to rise—eastern Europe and central Asia, where new HIV infections rose by 30% between 2000 and 2014, mostly among people who inject drugs, the Middle East and North Africa and the Asia–Pacific region.

 

It notes that gender norms that perpetuate inequality continue to prevail across many societies and that girls and young women remain particularly affected by HIV. Of the 2.8 million young people aged 15–24 years living with HIV in sub-Saharan Africa, 63% were female.

 

The report highlights that despite the progress made on expanding access to antiretroviral therapy, around 22 million people still do not have access to treatment. The report attributes the most substantial barrier to scaling up HIV treatment as late diagnosis, highlighting that around half of all people living with HIV are unaware of their HIV status—this underscores the urgency of increasing access to HIV testing, particularly for people at higher risk of infection.

 

Despite the challenges outlined in the report, it does offer substantial hope for the future, stating that if the world can alter the status quo, the AIDS epidemic can be ended as a public health threat by as soon as 2030. To do this, the report outlines that the response needs to be inclusive, accessible and grounded in human rights and that it must focus on scaling up services for the people and places most in need. The report also emphasizes the necessity of repealing punitive laws and repressive policies that criminalize same-sex sexual relations, people who use drugs and sex workers, since they impede access to services.

 

“We must reinforce rights-based approaches, including those that foster gender equality and empower women,” said Mr Ban in the report. “Access to services must be ensured for the people most affected, marginalized and discriminated against including people living with HIV, young women and their sexual partners in sub-Saharan Africa, children and adolescents everywhere, and gay men and other men who have sex with men, sex workers and their clients, people who inject drugs, transgender people, people in prison, people with disabilities, migrants and refugees.” 

 

The report gives strong emphasis to the links between the response to HIV and the success of the Sustainable Development Goals (SDGs), underlining the strong links to SDG 3 (ensure healthy lives and promote well-being for all), SDG 5 (achieve gender equality and empower women and girls), SDG 10 (reduce inequality in access to services and commodities), SDG 16 (promote just, peaceful and inclusive societies) and SDG 17 (revitalize the partnership for sustainable development). 

 

The report notes that the scale-up of resources in recent years has been a strong driving force behind the progress made in responding to HIV. It estimates that in 2014 US$ 19.2 billion was available in low- and middle-income countries for the response to HIV and that by 2020 resources need to increase to an estimated US$ 26.2 billion to achieve the 2030 target of ending the AIDS epidemic.

 

The report urges countries to embrace the UNAIDS Fast-Track approach to ending the AIDS epidemic, which will require reaching an ambitious set of goals by 2020, including reducing the numbers of people newly infected with HIV and people dying from AIDS-related causes to fewer than 500 000 per annum and eliminating HIV-related discrimination. Targets to reach these goals include reaching the 90–90–90 treatment target for 2020, which calls for 90% of people living with HIV to know their status, 90% of people who know their HIV-positive status to access treatment and 90% of people on treatment to have suppressed viral loads.