読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国連合同エイズ計画(UNAIDS)がエイズ流行終結に向けた高速対応の投資必要額を下方修正

 2030年のエイズ流行終結を目標に掲げる国連合同エイズ計画(UNAIDS)が、そのための直近5年間に必要な高速対応の資金需要見通しを下方修正しました。これまでは2020年時点の年間必要額を300億ドルとしていましたが、治療薬の価格引き下げなどにより260億ドルに引き下げられるということです。4月1日に公表された報告書『Fast-Track—update on investments needed in the AIDS response(高速対応―エイズ対策に必要な投資アップデート)』によると、以下の3点が下方修正の要因となっています。

 

f:id:miyatak:20160404224243p:plain

・Higher targets for combination HIV prevention services and several other programme areas within the UNAIDS Strategy. 

UNAIDS戦略の枠内でのコンビネーションHIV予防サービスおよびその他のいくつかのプログラムの強化。

・Adoption of the World Health Organization’s Consolidated guidelines on the use of antiretroviral drugs for treating and prevention HIV infection—what’s new, released in November 2015.

2015年11月に世界保健機関(WHO)が発表したHIV感染の治療および予防のための抗レトロウイルス薬使用統合ガイドラインの採用。

・Efficiency gains caused by further reductions in the prices of antiretroviral medicines and supplies, and a streamlined package of care recommended for stable patients

    抗レトロウイルス薬および医療用品の価格引き下げや安定した患者に対するケアの工夫がもたらす効率化。

 

まあ、そうかなと思う一方で、6月8~10日の国連ハイレベル会合に向けて加盟国が資金拠出にはかなり渋くなっていることを察知し、バーゲンを始めているような印象もあります。UNAIDSに対しては、エイズ流行終結の実現見通しがあまりにも楽観的に過ぎるのではないかということで、ICASO(国際エイズ・サービス組織評議会: International Council of AIDS Service Organizations)などから批判が出ていることを先月、当ブログでも紹介しました。

 http://miyatak.hatenablog.com/entry/2016/03/11/235428

そうした批判と今回の報告書との関係はどうなのか。この点も気になりますね。

 

 以下、今回の報告書公表に関するUNAIDSのプレスリリースの日本語仮訳です。

 

    ◇

 

国連合同エイズ計画(UNAIDS)がエイズ流行終結に向けた高速対応の投資必要額を下方修正

 HIV救命治療の価格引き下げと提供体制の合理化により、2020年の投資必要額は年間260億ドルに

http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2016/april/20160401_PR_fast-track-update

 

【2016年4月1日 ジュネーブ】 エイズ終結に向けた国連総会ハイレベル会合を前に、国連合同エイズ計画(UNAIDS)はエイズ対策高速対応の投資必要額を下方修正した。これまでは2020年時点で年間300億ドルが必要になるとしていたが、その見積額を262億ドルに引き下げている。新たな推計は、HIV新規感染とエイズ関連の死亡を防ぎ、差別をなくすという野心的な高速対応目標がより少ない資金で実現可能なことを示すものでもある。

 

 「高速対応アプローチのもとで、世界は急速に経費節減を進め、サービス受益者と取り残されている人のギャップを埋めようとしています」とUNAIDSのミシェル・シディベ事務局長は言う。「緊急に必要な資金を確保し、投資の前倒しを進めることが、多くの人の命を救い、2030年にエイズの流行を終結させるという目標の実現につながります」

 

 UNAIDSが新たに発表した報告書『高速対応―エイズ対策に必要な投資アップデート』によると、世界保健機関(WHO)によるHIV治療の2015年改訂ガイドラインに基づき、投資モデルの改善が進められている。新ガイドラインは、すべてのHIV陽性者が生命と健康を維持するために治療を受けられるようにすることを勧告しており、全体の治療コストは拡大することになる。ただし、ガイドラインは同時にケアと支援のサービスの合理化を進めることも勧告しており、患者一人当りにかかる年間コストは、サービスの質を低下させずに、従来のガイドラインより引き下げることが可能になる。

 

 この他にも、HIVの影響を大きく受けている国々で抗HIV薬や医療用品のコストをこれまでより安く見積もれるとするエビデンスも判断材料として含まれており、治療のカバー率向上に伴う費用増はそれで相殺されるとしている。

 

 高速対応に失敗すれば、新規HIV感染者が2016年から2030年までの間に世界全体で1760万人増加し、エイズ関連の死者は1080万人増えることになる。

 

 「行動しないことのツケは、極めて大きなものになります。エイズの流行を2030年までに終結に導く。私たちはいま、そのチャンスを手にしているのです」とシディベ氏は語る。「迅速に行動しなければ、死ななくてもいい何百万もの人が亡くなります。高速対応の失敗は、流行が果てしなく続く結果を招くのです」

 

 

世界は連帯し、責任を共有しなければならない

 

 報告書によると、投資の拡大は、経済状態にかかわらずすべての国に求められている。低・中所得国がエイズ対策に使える資金は、2014年には年間192億ドルだった。報告書に示された新たな見積りでは、2020年時点の国内資金と国際援助をあわせたHIV対策への投資はそのほぼ3分の1増の262億ドルとなる。このピークを超えると、投資必要額は着実に減少していき、2030年には223億ドルとなる。世界エイズ結核マラリア対策基金(グローバルファンド)は、三大感染症の投資ギャップを埋める資金として2017年から19年までの3年間に130億ドルの拠出を求めている。

 

 高速対応のターゲットを実現するには、HIV対策への国際援助を2014年レベルより年間総額で28億ドル増やす必要がある。この中には低所得国向けの追加資金18億ドルと下位中所得国向けの追加資金19億ドルが含まれている。ただし、上位中所得国への国際援助は減少している。上位中所得国向けに残されている年間国際投資額5億ドルは、2020年にはとりわけHIVの流行の打撃が大きい国に振り向ける必要がある。その際には、自立への移行、およびキーポピュレーションへのサービス提供が大きな課題となることが予想されている。

 

 世界的な連帯と責任の共有が重要なことを明確にしつつ、報告書は高速対応諸国の財政分析も示している。この分析によると、今後のエイズ対策資金で最も拡大が期待できる部門は、各国の国内保健予算であり、それぞれの国の疾病負荷に対する均衡を取りつつHIVサービスへの配分を増やすことが期待できるのだ。多数の国がこうしたかたちで高速対応アプローチへの資金確保が可能になるであろう。だが、最貧国およびHIVの流行の打撃が極めて大きい国は引き続き、国際支援が必要になる。

 

 

コミュニティへの投資

 

 高速対応アプローチには、市民社会およびコミュニティベースのサービス提供への投資の拡大が極めて重要になる。2020年には、低・中所得国におけるキーポピュレーションへのアウトリーチを投資全体の7.2%まで増やしていかなければならない。また、コミュニティベースで抗レトロウイルス治療を提供するための資金も投資全体の3.8%に拡大すべきである。社会的な対応 ― 権利擁護活動、政策への働きかけ、法律や政治の改革、人権尊重、スティグマの解消など ― にも2020年には全支出の8%を当てるべきである。

 

 HIV予防への投資― コンドーム普及、母子感染予防、曝露前予防投与(PrEP)、自発的な男性の割礼手術、キーポピュレーションへの適切なアウトリーチなどを含む ― に必要な資金は2016年の45億ドルから2020年には73億ドルへと拡大していく。

 

 高速対応アプローチを採用している国々のデータによると、滑り出しの段階ではうまく機能しているように見える。2012年以降、HIVサービスのカバー率は上がっており、新規HIV感染やエイズ関連の死亡は減少している。2012年末から14年末の間に低・中所得国でHIV治療を受ける人が360万人(37%)増え、母子感染予防サービスを受ける人も14万人(16%)増加している。同じ期間に優先対策国14カ国では、割礼手術を受ける男性が140万人(82%)増えている。

 

 

公衆衛生上の脅威としてのエイズ流行は2030年に終結

 

 新たな見積りにより、持続可能な開発目標(SDGs)の一部である「公衆衛生上の脅威としてのエイズ流行を2030年までに終結する」というターゲットの実現性は一段と増していくことになる。世界の新規HIV感染者数は2010年当時より90%減少し、エイズ関連の死亡は79%減少する。今後数年間の医学の進歩により、エイズ関連の死亡を90%減らすという将来見通しの実現も期待できるようになる。

 

 UNAIDSの2016-2021高速対応戦略は、2030年のエイズ流行終結を実現するため、人を中心に据え、2020年までに達成すべき3つのゴールと測定可能な10のターゲットを設定している。その中には、2020年までに90-90-90治療ターゲットを達成することも含まれている。HIV陽性者の90%が自らの感染を知り、そのうちの90%が抗レトロウイルス治療を受け、治療を受けている人の90%がウイルス量を検出限界以下に抑えられている状態を実現するという目標だ。他のターゲットには、子供の新規感染ゼロ、90%の男女とりわけ若者や最貧困状態で暮らす男女がコンビネーションHIV予防および性と生殖に関する保健サービスを受けられるようにすることなどが含まれている。いずれも人権を尊重し、誰も置き去りにしないというアプローチに立脚しているものだ。これらのターゲットが達成できれば、世界の保健状況は大きく改善されることになる。

 

 

UNAIDS announces lower price tag on investments needed to Fast-Track ending the AIDS epidemic

Projected price drops for life-saving HIV treatment and streamlined delivery are driving down costs—investment needs for 2020 are US$ 26 billion

 

GENEVA, 1 April 2016—Ahead of the United Nations General Assembly High-Level Meeting on Ending AIDS, UNAIDS announced new investment needs to Fast-Track the AIDS response. The projected need of US$ 26.2 billion in 2020 is down from a previous estimate of US$ 30 billion. New findings suggest that the world can reach ambitious Fast-Track targets for preventing new HIV infections, AIDS-related deaths and discrimination with fewer resources.

 

“Under the Fast-Track approach the world is driving down costs quickly to close the gap between people who have services and people being left behind,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “Urgently and fully funding and front-loading investments will save lives and lead us to ending the AIDS epidemic by 2030.”

 

The new UNAIDS reference document entitled Fast-Track—update on investments needed in the AIDS response explains improvements to the investment model with critical new inputs from the revised 2015 World Health Organization guidelines on HIV treatment. The guidelines recommend HIV treatment for all people living with HIV to reduce illness and deaths, which will increase the total cost of treatment. The guidelines also recommend streamlining care and support services that will contribute to lower costs per patient per year compared to earlier guidelines while retaining quality standards.

 

Other inputs include new evidence that projects lower costs for HIV medicines and supplies particularly in high burden countries that will further offset the increased investment associated with expanded treatment coverage.

 

Failure to Fast-Track would translate into an additional 17.6 million HIV infections worldwide and an additional 10.8 million AIDS-related deaths globally between 2016 and 2030.

 

“The cost of inaction is too high. We have a real opportunity to end the AIDS epidemic by 2030,” said Mr Sidibé. “If we do not quicken the pace of action, millions of people will die needlessly. Failure to Fast-Track risks prolonging the epidemic indefinitely.”

 

 

Global solidarity and shared responsibility

 

The report shows that countries from all economic levels will be required to invest more. Resources available for the AIDS response in low- and middle-income countries were US$ 19.2 billion in 2014. The new projections in the report show that combined domestic and international investment in HIV will need to increase by about one third, to US$ 26.2 billion in 2020. After this peak, projected investments steadily decrease to US$ 22.3 billion in 2030. The Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria has announced that it requires US$ 13 billion from 2017 to 2019 to close the investment gap for the three diseases.

 

To reach the Fast-Track targets, total annual international assistance for HIV must increase by US$ 2.8 billion compared with 2014 levels. This includes an additional US$ 1.8 billion for low-income countries and an additional US$ 1.9 billion for lower-middle-income countries, while upper-middle-income countries' international assistance declines. The remaining annual international investment in upper-middle-income countries of US$ 0.5 billion in 2020 is required for countries with a particularly high burden of HIV, and challenges are expected regarding the transition to self-reliance and the provision of services to key populations.

 

Building on the principles of global solidarity and shared responsibility, the report includes the results of an analysis of the fiscal space of Fast-Track countries. This analysis indicates that the largest potential increase in future financing for the AIDS response could be achieved by increasing domestic health budgets, with the allocation for HIV services proportional to national disease burden. This would enable the majority of countries to finance the Fast Track approach. However, countries with the lowest income and highest burden of HIV will continue to require international support.

 

 

Investing in communities

 

Greater investment in civil society and community-based service delivery is critical to the Fast-Track approach. Outreach to key populations in low- and middle-income countries should grow to 7.2% of total investments by 2020, and the estimated resource needs for community-based delivery of antiretroviral therapy should grow to 3.8% of total investment. Social enablers—including advocacy, political mobilization, law and policy reform, human rights, and stigma reduction—should reach 8% of total expenditure by 2020.

 

Investment needs for HIV prevention ¬¬– including condom promotion, prevention of mother-to-child transmission, pre-exposure prophylaxis, voluntary medical male circumcision and a proportion of outreach to key populations—increase from US$ 4.5 billion in 2016 to US$ 7.3 billion in 2020.

 

Data show early indications that country adoption of the Fast-Track approach is working. Since 2012, levels of HIV service coverage have increased and over the same time period there has been a decline in new HIV infections and AIDS-related deaths. Between the end of 2012 and the end of 2014, HIV treatment coverage increased by 3.6 million (37%) and the annual coverage of services to prevent mother-to-child transmission of HIV increased by 140 000 (16%) in low- and middle-income countries. During the same time period, annual coverage of voluntary medical male circumcision increased by 1.4 million (82%) in 14 priority countries.

 

 

Ending AIDS as a public health threat by 2030

 

The new projections bring the world closer to the Sustainable Development Goal target of ending AIDS as a public health threat by 2030. The annual global number of new HIV infections will fall by nearly 90% compared to 2010, and AIDS-related deaths will fall by 79% compared to 2010. Scientific advances in the next few years are expected to push future projections to attain the targeted 90% reduction in AIDS-related deaths.

 

The UNAIDS 2016–2021 Fast-Track Strategy has established a set of three people-centred goals and 10 measurable targets that must be met by 2020 to end the AIDS epidemic by 2030. This includes achieving the 90–90–90 treatment target for 2020 whereby 90% of people living with HIV know their HIV status, 90% of people who know their HIV-positive status are accessing antiretroviral treatment and 90% of people on treatment to have suppressed viral loads. Other targets include zero infections among children and that 90% of women and men, especially young people and people living in high-prevalence settings, have access to HIV combination prevention and sexual and reproductive health services. The targets are firmly based on an approach that leaves no one behind and that is grounded in human rights. If achieved, global health outcomes will be significantly improved.