第2回調査結果のサマリー(概要)を公表 「Futures Japan~HIV陽性者のためのウェブ調査~」

HIV陽性者の大規模なウェブアンケート調査「Futures Japan~HIV陽性者のためのウェブ調査~」の第2回調査結果のサマリー(概要)がウェブ上で公表されています。 Futures Japan HIV陽性者のためのウェブ調査 HIV陽性者への支援ニーズを把握するために『HIV陽…

『ポジティブトークは何を伝えたか』 エイズと社会ウェブ版323

現代性教育研究ジャーナルNo.83(2018年2月)が15日からネット配信されています。 www.jase.faje.or.jp 6ページに連載コラム『多様な性の行方 One Side/No Side』の第10回目『ポジティブトークは何を伝えたか』が掲載されています。 昨年11月の第31回日本エイ…

絶景かな つかの間の春 大富豪

昨年5月のオープン以来、一度はと思いつつ何となく先延ばしにしていた鎌倉市扇ガ谷の鎌倉歴史文化交流館訪問を本日、敢行しました。 どうしてまた今日なの?と聞かれると、理由はありませんが、多忙を極める日常の中で、ちょっと隙間ができたというか・・・…

『#PEPFAR15:アメリカ人の寛容とパートナーシップが多くの人の生命を救った15年』 エイズと社会ウェブ版322

米国の国際的HIV/エイズ政策の基本となる米大統領エイズ救済緊急計画(PEPFAR)が発足から15周年を迎え、米国務省のサイトにデボラ・バークス大使(グローバル・エイズ調整官)が『#PEPFAR15:アメリカ人の寛容とパートナーシップが多くの人の生命を救った15…

春よ来い ワカメ日和に誘われて

早春の鎌倉はワカメの天日干しから始まります。ブラタモリにも登場した材木座のお蕎麦屋さんで人気メニューの肉せいろをいただき、海辺に出ると・・・。 やってますね。夜明け前に船で沖へ出て、どっさりワカメを収穫し、砂浜の大釜でゆでて冷やす。以前、取…

夕空は 明るく寒く 春まだ浅く

というよりむしろ、厳冬が深すぎます。なんでこう冷えるんだろうね。おそろしく空がきれいなんだけど・・・外は寒いしなあ。 さすがに海岸まで出張っていくのはどうも、などとうじうじ迷ったあげく、屋上から東の空を望む。 反転して西方向。夕日が沈んでい…

水ぬるみ お礼参りの 梅の花

立春の4日、あたたかな日差しに誘われて、二階堂の荏柄天神社を訪れました。京都の北野天満宮、福岡の太宰府天満宮と並ぶ日本三天神であります。 学問の神様、菅原道真をまつる神社ですね。 拝殿の周囲には受験生やその家族による合格祈願の絵馬がびっしり。…

TOP-HAT News 第113号(2018年1月)

毎月1回発行のTOP-HAT News 第113号です。 巻頭の「はじめに」は昨年11月に東京・中野で開かれた日本エイズ学会の報告です。少々、繰り返しの感がないこともないのですが、HI/エイズ分野の多様な論点が議論されたので、話題はつきません。今年は12月2日(日…

凱旋してます 北斎肉筆浮世絵

もうほとんど会期末ですが、鶴岡八幡宮境内にある鎌倉国宝館で特別展「北斎と肉筆浮世絵―氏家浮世絵コレクションの至宝―」が開かれています。 https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kokuhoukan/28tennjikai.html 2月4日(日)までですね。鎌倉市の福寿手帳…

報告数は究極の横ばい 昨年の東京都HIV感染者・AIDS患者報告速報値

メルマガ東京都エイズ通信の第125号(2018年1月号)が1月31日に発行されました。 http://archives.mag2.com/0001002629/ 今年1月1日から28日までの感染者報告数(東京都)は以下のようになっています。 ◇ HIV感染者 15件 (18件) AIDS患者 3件 ( 7件) 合…

エイズ予防指針を改正

わが国のエイズ対策の基本となる『後天性免疫不全症候群に関する特定感染症予防指針』(エイズ予防指針)が改正されました。厚労省の公式サイトのHIV/エイズ予防対策のページに「施策紹介」として改正の概要と改正指針の全文(2018年1月18日付厚生労働大臣告…

♪白鷺は~

小首かしげて、水の中~というわけで、高田浩吉・・・え、若い人には誰だか分かりませんよ。つまり、高田美和のお父さん・・・と言ってもますます分からないか。 連日の海辺の写真で恐縮です。昨日は暖かかったので、今日も・・・と思いましたが、海はそう甘…

猛寒波 海辺は なぜか春めいて

日本列島は寒いという話題で持ちきりですね。でも・・・。 家にこもってばかりもいられないので、午後になって材木座海岸に繰り出すと、意外なぽかぽか陽気でした。風がなかったこともあって、砂浜を歩いていると汗ばむほど。海の向こうにうすら見えるのは伊…

海かすみ 雪解け道に 春はまだ

朝からの日差しで、雪は急速に溶けていきました。 午前中の江ノ電和田塚駅。雪解け水で濡れたホームが輝いています。 和田塚の石段も雪はあらかた消えて手すりが煌めき・・・石垣の上の黄色い花は? ロウバイですね。解説は小西得郎さん、なんと申しましょう…

さすがに積もってきました

今日はどこへ行っても同じような状態でしょうが、鎌倉も雪に閉ざされてきました。 この辺りは海に近いせいか、鎌倉の町の中でも比較的、温暖な場所だと思いますが、ひと冬に1回か2回、こんな日があります。 外出もままならず家にこもりきりの1日。懸案文献の…

国際セクシュアリティ教育ガイダンスを改定 エイズと社会ウェブ版321

ユネスコが中心になってまとめたInternational Tchnical Guidance on Sexuality Education(国際セクシュアリティ教育ガイダンス)の改訂版が1月10日に発表されました。私は国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されたFeature Story(特集記事)…

第31回日本エイズ学会報告『治療の進歩がもたらす希望と試練』 エイズと社会ウェブ版320

本日発行の現代性教育研究ジャーナルのN082(2018年1月15日)に第31回日本エイズ学会報告『治療の進歩がもたらす希望と試練』を掲載していただきました。連載コラム『One Side/No Side』を1回お休みして学会報告に集中してほしいという編集部からのお許しも…

急がず、されど休まず 「はじめに」で綴るエイズ対策史その8

HIV/エイズ分野の話題を中心に毎月1回発行しているTOP-HAT Newsの巻頭報告を集めた《「はじめに」で綴るエイズ対策史》のその8をTOP-HAT Forum(東京都HIV/AIDS談話室)のサイトの資料室欄に掲載しました。東日本大震災の翌月の2011年4月号からエイズ流行30…

海晴れて 稲村ケ崎 冬の富士

寒い、寒いと言われていたわりには穏やかなお天気でしたね。ぽかぽか陽気に誘われて稲村ケ崎に繰り出しました。元日には雲に隠れて見えなかった富士山に再チャレンジしよう・・・。 見えました。江の島、富士山、そして七里ガ浜。空には雲。ただし、ご覧の通…

いいことは それなりにある 年はじめ

明けましておめでとうございます。2018年が波乱の年になるということはたぶん免れないだろうし、元日のお天気に過剰な予測をしても仕方がないのですが、鎌倉はことのほか暖かく、穏やかな年明けとなりました。 こりやぁ、鶴岡八幡宮は大変な人だぞと思い、初…

年越しそばの後は、年明けうどんで温もるか・・・ 鎌倉年の瀬散策2

鎌倉の初詣といえば、鶴岡八幡宮ですね。お参りする人は毎年200万人をこえるということです。 おっと、こちらは材木座の元八幡。康平6年(1063年)に源頼義が前九年の役の後で陸奥から京に戻る途中で鎌倉に立ち寄り、建てた神社だそうです。あまり知ったかぶ…

2017年を振り返る TOP-HAT News 第112号

いろいろあった2017年も間もなく最後の1日。どんな1年だったのか。TOP-HAT Newsの2017年最終号で振り返ってみましょう。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース) 第112号(2017年12月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆…

大丈夫、妖怪はめったに出ません 鎌倉年の瀬散策

年の瀬寒波で今日も寒いぞ!と身構えつつ外出・・・あれ? 意外にあったかいね。風がないせいかな。民家の庭先でも、青空をバックに夏ミカンが光り輝いています。 ということで、老人性散策にはまずまずの日より。あわただしい街の様子をしり目に、鎌倉駅前…

年間を通じて横ばい傾向 東京都の新規HIV感染者・エイズ患者報告

メルマガ「東京都エイズ通信」の第124号が発行されました。 archives.mag2.com 毎月発表されているHIV感染者・エイズ患者報告数の速報は以下の通りです。年間を通して横ばいの傾向でした。 ◇ 平成29年1月2日から平成29年12月24日までの感染者報告数(東京都…

キャンペーン資料日本語版をUNAIDSが正式採用 エイズと社会ウェブ版319

ご報告が少々、遅れてしまいましたが、国連合同エイズ計画(UNAIDS)の世界エイズデーに向けたキャンペーンのブローシュア日本語版がUNAIDS公式サイトに紹介されています。 https://trello.com/c/6T0IQYXd/3-world-aids-day-brochure-in-english-french-japa…

『デジタルとソーシャルメディアの2018年トレンドをさぐる』 米サイト HIV.govから

米国政府のHIV啓発サイト HIV.govのブログ欄に『Digital and Social Media Trends to Watch in 2018』というタイトルの投稿がありました。日本語に訳すと『デジタルとソーシャルメディアの2018年トレンドをさぐる』といった感じでしょうか。 投稿者はHIV.gov…

「Tシャツじゃないんだから」では少々、要約が過ぎますが・・・differentiated care エイズと社会ウェブ版318

国際エイズ学会(IAS)が『differentiated service』のベストプラクティスの事例報告を募集しています。英文のままで恐縮ですが、IASの特設サイトも設けられているので、ご覧ください。提出締め切りは2018年1月24日となっています。 http://www.differentiat…

大変だ、現世に戻ろう  

一日限定の暖かい土曜日でしたね。明日からはまた寒くなりそうです。 こういう日に限って電車が止まるといいますか。東京に出る予定があったので鎌倉駅まで行くと、なんと京浜東北線の川崎駅と鶴見駅の間で架線が切れましたということで、横須賀線も東海道線…

『隠されることで生まれる脆弱性』 エイズと社会ウェブ版317

現代性教育研究ジャーナルNo81に掲載された連載コラムOne side/No sideの第9回です。こちらでPDF版をご覧ください。 www.jase.faje.or.jp 今月号は巻頭が、第18回JFS性科学セミナー報告「これからのオチンチンの話をしよう 男性セクシュアリティへの理解と支…

2018年の助成対象事業を公募 エイズ予防財団

すいません。金額は控え目ですが・・・。 HIV/エイズ分野の支援や啓発活動を資金面から支える公益財団法人エイズ予防財団の助成事業が2018年度助成対象の公募を開始しました。 対象となるのは以下の2つの分野です。 (1)エイズ患者・HIV感染者等に対する社…