ビギナーズ鎌倉

鎌倉警察署跡地がホテルに

日差しももちろん強いのですが、地表の空気そのものが温まってきたといいますか。季節が完全に移行した感じです。鶴岡八幡宮へ向かう若宮大路の段葛も、桜並木がすっかり新緑に変わっていました。 観光で訪れた方向けに貸衣装のお店もけっこうあるので、この…

軒先の 寒さ三月 花五月

すっかり初夏ですねと書いたとたんに風が冷たくなってきました。どうなってんの。おじさんは例によって愚痴をこぼすけど・・・。 強風にもめげず、花は咲くだけです。江ノ電和田塚駅近くの和田塚・・・といいますか、和田塚があるから和田塚駅という駅名もつ…

さくら散り 海棠も散り ほととぎす

鎌倉の桜もあらかた散ってしまいましたね。まだ、4月に入ったばかりだけど、こう暑くなったのでは・・・。 そうですか、そういうことなら、こちらにも考えが・・・もちろん、あるわけではありません。でも、ちょっと目先を変えて。 新緑の山に分け入るホトト…

町も人も 日傘びよりの さくら道

ついこの間まで、日の当たる場所を拾いながら歩いていたのに、今日は日陰に日陰にと足が向かいます。 山里の一軒家ではなく、鎌倉市川喜田映画記念館の庭園。『当記念館の地には、旧川喜多邸がありました。多くの国内外の映画人が川喜多夫妻を訪ねており、映…

花揺れて 後ろ姿の 侵入者

朝起きて、窓の外を見ると・・・。桜の枝が揺れています。風にしては少し変則的っです。 なにかいます。枝と幹が分かれるあたり・・・。 この後ろ姿はリスですね・・・。気温が上がり行動範囲も広がったか。6日前の春分の日には氷漬けだった桜のつぼみも、し…

降る雪や寒さ寒さも彼岸まで

「みぞれまじりの雨」という言い方は「もうおなかが満腹」と同様、適切な表現ではないそうです。 そもそも雪と雨がまじっているのが「みぞれ」なので、「みぞれ」は雨にはまじれない・・・。視聴者の問い合わせに対し、NHK放送文化研究所はこう答えてていま…

祈りたいと心底思った日

鎌倉では本日午後、長谷の鎌倉大仏殿高徳院で『東日本大震災 追悼・復興祈願祭』が執り行われました。本格的な春の到来を感じさせる日曜日とあって、境内には外国からもたくさん観光に訪れていました。 7年前とは隔世の感。でも、被災地から遠く離れた鎌倉に…

3月11日 高徳院 『東日本大震災 追悼・復興祈願祭』

宗教宗派を超えて被災地と被災した人たちに祈りをささげる鎌倉の東日本大震災追悼・復興祈願祭は震災1か月後の2011年4月11日、鶴岡八幡宮で開催されました。以後は鎌倉市内の仏教寺院、キリスト教会、神社と毎年、会場を変えながら震災のあった3月11日に開か…

花の影 メジロはどこだ 春うらら

朝のうちはまだ激しい雨と風が吹き荒れていたのが嘘のようですね。9月か10月だったら台風一過の秋晴れといったところでしょうか。一気に気温が上昇し・・・。 早咲きの桜だと思いますが、春爛漫であります。ああ、こんなに咲いていたんだと改めて驚く。もち…

尼寺の 塀の向こうに 春を待つ

2月最後の1日。今日は暖かいという触れ込みでしたが、油断はできません。2月はやっぱり2月ですね。 扇ケ谷の英勝寺です。鎌倉では現在、唯一の尼寺。水戸徳川家初代の息女が開山ということで、水戸家の姫君が代々、住職を務めたそうです。 花の寺としても人…

待ちかねて 素足の砂浜 水平線

今日はお天気がいいし、風も穏やかだし、材木座の魚屋さんでアジのお刺身でも買ってこよう・・・と海岸に出ました。 滑川河口も人が多いですね。使用言語から察するに中国、台湾からの春節旅行の方もけっこういらっしゃったようです。 水ぬるむといいますか…

絶景かな つかの間の春 大富豪

昨年5月のオープン以来、一度はと思いつつ何となく先延ばしにしていた鎌倉市扇ガ谷の鎌倉歴史文化交流館訪問を本日、敢行しました。 どうしてまた今日なの?と聞かれると、理由はありませんが、多忙を極める日常の中で、ちょっと隙間ができたというか・・・…

春よ来い ワカメ日和に誘われて

早春の鎌倉はワカメの天日干しから始まります。ブラタモリにも登場した材木座のお蕎麦屋さんで人気メニューの肉せいろをいただき、海辺に出ると・・・。 やってますね。夜明け前に船で沖へ出て、どっさりワカメを収穫し、砂浜の大釜でゆでて冷やす。以前、取…

夕空は 明るく寒く 春まだ浅く

というよりむしろ、厳冬が深すぎます。なんでこう冷えるんだろうね。おそろしく空がきれいなんだけど・・・外は寒いしなあ。 さすがに海岸まで出張っていくのはどうも、などとうじうじ迷ったあげく、屋上から東の空を望む。 反転して西方向。夕日が沈んでい…

凱旋してます 北斎肉筆浮世絵

もうほとんど会期末ですが、鶴岡八幡宮境内にある鎌倉国宝館で特別展「北斎と肉筆浮世絵―氏家浮世絵コレクションの至宝―」が開かれています。 https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kokuhoukan/28tennjikai.html 2月4日(日)までですね。鎌倉市の福寿手帳…

猛寒波 海辺は なぜか春めいて

日本列島は寒いという話題で持ちきりですね。でも・・・。 家にこもってばかりもいられないので、午後になって材木座海岸に繰り出すと、意外なぽかぽか陽気でした。風がなかったこともあって、砂浜を歩いていると汗ばむほど。海の向こうにうすら見えるのは伊…

海かすみ 雪解け道に 春はまだ

朝からの日差しで、雪は急速に溶けていきました。 午前中の江ノ電和田塚駅。雪解け水で濡れたホームが輝いています。 和田塚の石段も雪はあらかた消えて手すりが煌めき・・・石垣の上の黄色い花は? ロウバイですね。解説は小西得郎さん、なんと申しましょう…

さすがに積もってきました

今日はどこへ行っても同じような状態でしょうが、鎌倉も雪に閉ざされてきました。 この辺りは海に近いせいか、鎌倉の町の中でも比較的、温暖な場所だと思いますが、ひと冬に1回か2回、こんな日があります。 外出もままならず家にこもりきりの1日。懸案文献の…

海晴れて 稲村ケ崎 冬の富士

寒い、寒いと言われていたわりには穏やかなお天気でしたね。ぽかぽか陽気に誘われて稲村ケ崎に繰り出しました。元日には雲に隠れて見えなかった富士山に再チャレンジしよう・・・。 見えました。江の島、富士山、そして七里ガ浜。空には雲。ただし、ご覧の通…

いいことは それなりにある 年はじめ

明けましておめでとうございます。2018年が波乱の年になるということはたぶん免れないだろうし、元日のお天気に過剰な予測をしても仕方がないのですが、鎌倉はことのほか暖かく、穏やかな年明けとなりました。 こりやぁ、鶴岡八幡宮は大変な人だぞと思い、初…

年越しそばの後は、年明けうどんで温もるか・・・ 鎌倉年の瀬散策2

鎌倉の初詣といえば、鶴岡八幡宮ですね。お参りする人は毎年200万人をこえるということです。 おっと、こちらは材木座の元八幡。康平6年(1063年)に源頼義が前九年の役の後で陸奥から京に戻る途中で鎌倉に立ち寄り、建てた神社だそうです。あまり知ったかぶ…

大丈夫、妖怪はめったに出ません 鎌倉年の瀬散策

年の瀬寒波で今日も寒いぞ!と身構えつつ外出・・・あれ? 意外にあったかいね。風がないせいかな。民家の庭先でも、青空をバックに夏ミカンが光り輝いています。 ということで、老人性散策にはまずまずの日より。あわただしい街の様子をしり目に、鎌倉駅前…

大変だ、現世に戻ろう  

一日限定の暖かい土曜日でしたね。明日からはまた寒くなりそうです。 こういう日に限って電車が止まるといいますか。東京に出る予定があったので鎌倉駅まで行くと、なんと京浜東北線の川崎駅と鶴見駅の間で架線が切れましたということで、横須賀線も東海道線…

「栴檀(せんだん)」と「双葉」はどっちが芳しいかという話ではなくてぇ・・・

寒い日が続いていましたが、今日は少し穏やかなお天気でしたね。久しぶりにお散歩に繰り出しました。 鎌倉駅に近い本覚寺の境内。夷堂の前です。もう初えびすの準備が始まっていました。お正月には石段手前の赤い枠に提灯がずらっとぶら下がります。ところで…

大海に まだ見ぬ船を 浮かべつつ ちょっと違うか もの思う秋

台風一過の朝、というには少々、遅めですが・・・鎌倉上空は秋空に雲が輝いています(朝から輝いていたと思う、たぶん)。 海岸部に近い某集合住宅屋上より北方を望む。雲の下、低い山の向こうが北鎌倉でしょうか。まったく関係ないけれど、そういえば昔、雲…

再び台風接近中

昨日の午後は好転に誘われ、極楽寺のパン屋さんに食パンを買いにでかけました。地元では人気のお店なので、海岸沿いからもちょっと足を延ばして買いに来るお客さんが多いのでしょうね。ご主人から「台風、大丈夫でしたか」と尋ねられました。 「えっ? うち…

庭の句碑だけでしたが 鎌倉虚子立子記念館訪問記

10月の3連休初日、昨夜からの雨が上がり、午後はさわやかな秋晴れとなりました。鎌倉の中心部は予想通り大変な人・・・。サンマは目黒、混雑は避けるに限る、ということで午後の散歩は二階堂に繰り出しました。 ここまでくれば人も少ない・・・閑静な住宅街…

♪さよならは別れの~ あれは何の途中だったか

書き物仕事に疲れ、午後は散歩がてら北鎌倉へ。目的は食パンの買い出し(注)でしたが、夏の光に秋の雲といいますか、今日は空がきれいでした。 (注:本日の注文はブーンベーカリーの山ノ内トースト。鎌倉は小さいお店でおいしいパン屋さんが多い) 北鎌倉…

立ち止まって深呼吸でもしよう 昨日と同じ道

午後6時を過ぎると真っ暗だけど、午後5時過ぎはさわやかな秋の夕暮れでした。昨日の夜道と同じ場所です。明るいですね。 買い物帰り。海が見えます。 前にも書いたので、「またか」と言われてしまいますが、ゴジラは由比ガ浜海浜公園に上陸し、この道を通っ…

遮断機につるべ落としの秋の風 なぜか衆院解散の日に

9月も終わりになると、日が落ちるのが早いですね。午後6時にお寺の鐘がご~んとなるころにはもう真っ暗。江ノ電和田塚駅から海へ向かう道も。 世の中は解散で浮足立ち・・・というか、沈み込んでいくような気分でもあります。去年の今頃は、ヒラリーかドナル…