読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイズ・感染症

 ローズパレードでPulse銃乱射事件の犠牲者を偲ぶ

カリフォルニア州パサデナのローズパレードは、米カレッジフォットボールの試合、ローズボウルの前に行われる盛大なパレードです。例年なら1月1日なのですが、今年は1日が日曜日だったため、翌2日に第128回ローズパレードが華々しく展開されました。ローズボ…

グローバルファンドのトップもかわります 今年の漢字は『外』追加編

HIV/エイズ分野では、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)のマーク・ダイブル事務局長が2017年5月末で退任します。もともと1期限りという約束での就任だったそうで、新事務局長の選出プロセスがすでに開始されています。グローバルエ…

2016年を振り返る TOP-HAT News第100号

東京都エイズ通信にも後ろの方に載せてもらっていますが、TOP-HAT Newsの第100号(2016年12月)をHATプロジェクトのブログにアップしました。 記念すべき100号ですが、いろいろあった2016年の総括も必要ということで、節目が重なってしまい、熟慮の末、年末…

【ノロウイルス】手を洗い水分補給しよう

おっと、日付が変わる前に紹介しておきましょう。本日(28日)付産経新聞の主張(社説)です。【ノロウイルス】手を洗い水分補給しよう 年末年始の休暇を控えて、体調の変化に注意したい。 医療機関の診療体制も手薄になるので、感染症の予防にも普段以上に…

予防指針と世界の動き 第1回エイズ・性感染症に関する小委員会 傍聴記3

予防指針改正に向けた議論はスタートしたばかりなので、外野席からあれこれ注文をつけるのもはばかられるのですが、憎まれっ子、世にはばかるというしゃれにならない現実もあります。この際、気が付いたこと、感じたことはメモにしておきましょう。 予防指針…

2つの指針はどう違う 第1回エイズ・性感染症に関する小委員会 傍聴記続編

昨日のエイズ・性感染症に関する小委員会の続きです。厚労省の冒頭説明には現在のエイズ予防指針と性感染症予防指針のそれぞれの項目も示されています。 どちらも2012年1月19日に直近の改正大臣告示があり、エイズ予防指針は9項目立て、性感染症予防指針は6…

第1回エイズ・性感染症に関する小委員会 傍聴記

ほぼ5年おきに行われるエイズ予防指針の見直し作業が始まりました。今回はエイズ予防指針と性感染症予防指針が改正に向け、厚生科学審議会感染症部会のエイズ・性感染症小委員会(岩本愛吉委員長)で同時に検討されています。 第1回エイズ・性感染症に関する…

国際公務員のアクティビスト魂 東京で世界エイズデーを過ごす

本日(12月13日)付のビジネスアイ紙に掲載されたコラムです。 ところで、コラムの内容からは少し離れますが、リチャードはHIV感染予防の有効策として抗レトロウイルス薬の曝露前予防服薬(PrEP)の普及に非常に熱心な印象でした。私は日本国内におけるPrEP…

HIV自己検査推奨のPolicy Brief(政策解説) 世界保健機関

世界保健機関(WHO)は2016年の世界エイズデーの直前(11月29日)にHIVの自己検査を推奨するガイドライン(Guidelines on HIV self-testing and partner notification)を発表しました。確か1年前に発表されている『HIV検査サービスに関する統合ガイドライン…

世界エイズデーを前に世界保健機関(WHO)がHIV自己検査に関する新たなガイダンス(手引き)を発表 

(解説) 検査サイトに行かなくても、自分の唾液や血液で、自ら検査を行える「自己検査」を推奨していくためにWHOが新たな手引きを発表しました。そのニュースリリースの日本語仮訳です。 HIVに感染した人が早期に治療を開始するには、検査の普及が大切であ…

『HIV予防の投資ギャップを埋める』 UNAIDS

国連合同エイズ計画(UNAIDS)のHands-Upキャンペーン、Week1(11月28~30日の3日間)はHIV感染の予防対策への投資がテーマです。予防への投資が少ないということでUNAIDS公式サイトに掲載された28日付Feature Storyの日本語仮訳。成人の年間新規HIV感染がこ…

キーポピュレーションのHIV予防

国連合同エイズ計画(UNAIDS)のキーポピュレーションに関するFeature storyの日本語仮訳です。前半は先日紹介したHANDS UPキャンペーンの「キーポピュレーションと予防」と同じ文章でした。後半もどこかで訳したような記憶がありますが、ともかく紹介してお…

【世界エイズデー】治療と支援で流行終結を

もうすぐ・・・ということで11月28日付け産経新聞に掲載された主張(社説)です。 【世界エイズデー】 治療と支援で流行終結を 12月1日の世界エイズデーは、世界で最も知名度の高い記念日といわれることがあった。だが、最近はその知名度が低下してきた。…

『個人的な健康情報の秘密保持と安全管理』 

国連合同エイズ計画(UNAIDS)の2016年世界エイズデー予防啓発キャンペーンは週替わりで予防のテーマを特集しています。そのテーマのひとつ「キーポピュレーション」に関連し、公式サイトに紹介されている特集記事の日本語仮訳です。 個人の保健医療データを…

「おしおき」よりも支援 UNAIDSキャンペーンWeek2は「キーポピュレーション」

手のひらにメッセージを書いて伝える国連合同エイズ計画(UNAIDS)の世界エイズデー・キャンペーン《Hands up for #HIVprevention》、Week2(11月21~27日)のテーマはキーポピュレーションです。 www.unaids.org 英語では複数になっていますね。そうしたポ…

『高速軌道に乗る:HIVに対するライフサイクル・アプローチ』 UNAIDS報告書

国連合同エイズ計画(UNAIDS)が11月21日、新たな報告書『高速軌道に乗る:HIVに対するライフサイクル・アプローチ』を発表しました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。 UNAIDSは毎年12月1日の世界エイズデーを前に世界のエイズの流行概要とともに報告書…

Week3は「検査を受け、ウイルス量を抑える」 UNAIDS世界エイズデーキャンペーン

世界エイズデー(12月1日)が近づいてきました。国連合同エイズ計画(UNAIDS)のキャンペーン《Hands up for #HIVprevention》はWEEK9、WEEK8 ・・・とカウントダウン式に週替わりテーマが設定されていて、14日(月)からは WEEK3(TESTING VIRAL SUPPRESSIO…

トランプ政権の保健医療政策はどうなるのか ローリー・ギャレットさんの論評を一部紹介 (上)

厚生労働省で国際保健(グローバルヘルス)を担当する方が、Facebookでトランプ次期政権がもたらす米国の医療政策の影響について、「グローバルヘルスのご意見番」(ということです)で米外交問題評議会のローリー・ギャレットさんによる論評を紹介していま…

イルミネーションでベンツにレッドリボン はままつフルーツパーク時之栖に登場

浜松市北区の「はままつフルーツパーク時之栖」で11月12日(土)からウィンターイルミネーションがスタートしました。来年1月15日(金)までの約2カ月間にわたって開催されています。 www.tokinosumika.com 日本最大級といわれる噴水イルミネーションショー…

Week4は「若い女性少女を力づける」

国連合同エイズ計画(UNAIDS)の2016世界エイズデーキャンペーンHands up for #HIVprevention(HIV予防に手を上げよう)のWeek4(11月7日~13日)は「若い女性、少女のエンパワメント」です。Empowermentは「力づける」と訳しました。日本語に訳しにくい単語…

『HIV予防の新手段の潜在力を最大限に生かす:PrEP』 UNAIDSキャンペーンから

国連合同エイズ計画(UNAIDS)の世界エイズデーキャンペーンで今週は、曝露前予防投薬(PrEP)の集中週間になっていることから、キャンペーン特設サイトには11月1日付けでPrEP解説のFeature Story(特集記事)が掲載されました。その日本語仮訳です。HATプロ…

Week5は曝露前予防投薬(PrEP)

国連合同エイズ計画(UNAIDS)の2016世界エイズデーキャンペーンHands up for #HIVprevention(HIV予防に手を上げよう)のWeek5(10月31~11月6日)は、曝露前予防投薬(PrEP)の集中週間です。曝露前というのはHIVに感染する前ということですね。つまり、HI…

米国内でクラミジア、淋病、梅毒の3つの性感染症報告が増加

ニューヨークのApicha コミュニティヘルスセンターのFacebookに10月20日のワシントンポストのサイトの健康記事がシェアされています。米国ではクラミジア、淋病、梅毒の3つの性感染症の報告件数が過去最高を記録して増えているという内容です。 https://www.…

3週目はVMMC UNAIDSキャンペーン 追記あり

国連合同エイズ計画(UNAIDS)の2016世界エイズデーキャンペーン『Hands Up for #HIV Prevention』、第3週はVMMCの特集です。え、何のことと思われる方もいるかもしれませんね。英語の『Voluntary Medical Male Circumcision』の頭文字です。『男性の自発的…

国連難民高等弁務官時代には日本記者クラブで7回、記者会見

国連のアントニオ・グテレス次期事務総長に関する追加情報です。 グテレス氏は国連難民高等弁務官時代にたびたび来日し、日本記者クラブでも7回、記者会見を行っています。 最後の会見は2015年11月26日でした。司会の共同通信、杉田弘毅さん(日本記者クラブ…

『UNAIDSは心からアントニオ・グテレス新国連事務総長を歓迎します』 国連合同エイズ計画プレス声明

国連の次期事務総長にポルトガルの元首相で、前国連難民高等弁務官のアントニオ・グテレス氏(67)が任命されました。今月6日に安保理が候補者を一人にしぼって国連総会に勧告、その勧告に基づき総会は13日、グテレス氏を次期事務総長として正式に任命する決…

今週はハームリダクション 

国連合同エイズ計画(UNAIDS)の2016世界エイズデーキャンペーン『Hands Up for #HIV Prevention』は、先週のコンドームに続き、今週はハームリダクションの集中キャンペーン週間ということで、その基本的考え方を示したリード的な文章を日本語仮訳で紹介し…

今週はコンドームの週でした

このところ国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトにコンドームの話題がやたらと目立っています。 www.unaids.org もちろん、HIVの性感染予防にコンドーム使用は有効です。有効ではありますが、この時期に突然、どうしたことなのかと思って、よく見ていく…

本当は、もう一つなどではない『闘い』について 

特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議(JASA)の根岸昌功代表が2016年9月28日(火)夜、東京・信濃町の慶應義塾大学病院で開催された東京都HIV/AIDS症例懇話会で「HIV感染症~もうひとつの闘い~」をテーマに講演しました。 その講演の資料として配…

《エイズ基本情報》を一部更新(東京都HIV/AIDS談話室) 

TOP-HAT FORUM公式サイトのエイズ基本情報欄の情報を一部、更新しました。 『エイズの流行 日本の現状』 平成27年動向年報では、岩本愛吉委員長が28年5月25日に厚生労働省で記者会見を行った際に以下のような委員長コメントを発表しています。1.新規HIV感…

増加傾向続く 東京都の平成28年HIV感染者・エイズ患者報告

メルマガ東京都エイズ通信第109号が発行されました。今年に入ってから9月25日までに東京都都に報告された新規HIV感染者数、エイズ患者数も紹介されています。 archives.mag2.com ◇ 平成28年1月4日から平成28年9月25日までの感染者報告数(東京都) …

『エイズ基本情報』を更新

TOP-HAT FORUM(東京都HIV/AIDS)談話室の『エイズ基本情報』欄を更新しました。『エイズの流行 日本の現状』のページを厚労省エイズ動向委員会の平成27年エイズ発生動向年報のデータにしたがって手直ししたものです。 TOP-HAT 変更は以下の2点です。1 新規H…

国立感染症研究所一般公開

意外にといっては失礼ですが、実は身近な存在。詳細はこちらでご覧下さい。 www.nih.go.jp 2016年10月1日(土)10:00~17:00(入場は16;30まで) 国立感染症研究所 戸山庁舎(東京都新宿区戸山1-23-1) 入場無料 当日は食堂も営業しているそうです。 A定食 名…

6人が立候補 世界保健機関(WHO)の次期事務局長選

世界保健機関(WHO)の次期事務局長候補者6人が9月23日、明らかになりました。加盟国からの推薦受付期間(2016年4月22日~9月22日)が終了し、確定しました。WHOのニュースリリースによると6人の候補者は以下の通りです(基本的知識が乏しいので、読み方は間…

『グローバルファンドへの全面的な支援をドナーが約束、UNAIDSは将来のHIV資金確保に期待』

繰り返しのような内容ですが、こちらも紹介しておきましょう。グローバルファンドの第5次増資会合閉幕後に国連合同エイズ計画(UNAIDS)が発表したプレス声明の日本語仮訳です。 グローバルファンドの増資会合は大成功でしたということで、歓迎の意が示され…

HIVに感染している人も、していない人も

TOP HAT Forum(東京都HIV/AIDS談話室)のトップページに掲載されている「What's New」欄では毎日、新着情報を更新しています。 TOP-HAT フォーラム(Talk Over Positive - HIV/AIDS Tokyo =東京都HIV/エイズ談話室)は、HIV/エイズに関する知識と情報を幅…

TOP-HAT News第96号(2016年8月)

掲載が遅れてしまいもうしわけありません。TOP-HAT News第96号(2016年8月)をエイズ&ソサエティ研究会議HATプロジェクトのブログにアップしました。 ◆◇◆ 目次 ◇◆◇◆1 はじめに 「依存」の意味を考える2 『レッドリボン大作戦』3 HIV陽性者対象に日本エイズ…

『グローバルファンドのドナーが、流行終結を助けるため、ほぼ130億ドルを約束』

世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)に対する来年(2017年)から3年間の資金拠出額を各国や民間のドナーが約束する第5次増資会合が9月16、17日の2日間、カナダのモントリオールで開かれました。その結果についてグローバルファンドの…

グローバルファンド第5次増資会合に向けて 国連合同エイズ計画(UNAIDS)、国際エイズ学会が(IAS)支援要請

グローバルファンド第5次増資会合に向けて UNAIDS、IAS 時差を考えると、カナダ東部のモントリオールはまだ、16日の未明でしょうか。♪夜が明けたら・・・一番早い列車に乗るから・・・じゃなかった。夜が明けたら、カナダ政府主催の世界エイズ・結核・マラリ…

『エイズ活動家はなぜ中国を去ったのか』 

本日(9月13日)のビジネス・アイ紙に掲載されたコラムです。http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/160913/cpd1609130500001-n1.htm ≪エイズ活動家はなぜ中国を去ったのか いまも続く「愛知行動」の受難≫ 中国のエイズ・人権活動家として知られる万延海…

第2四半期は減少傾向 エイズ動向委員会報告

厚生労働省のエイズ動向委員会が8月31日(水)に開催され、今年(2016年)第2四半期(3月28日~6月26日)の新規HIV感染者・エイズ患者報告数がまとまりました。 新規HIV感染者報告 239件 (前回250件、前年同時期267件) 新規エイズ患者報告 112件(前回102件…

気になる増加傾向 「東京都エイズ通信」第108号発行 

メルマガ「東京都エイズ通信」の第108号が発行されました。今年1月4日から8月21日までに東京都に報告された新規HIV感染者、エイズ患者報告数が掲載されています。 http://archives.mag2.com/0001002629/ HIV感染者 233件 (222件) AIDS患者 72件 (…

「知っていても、分かっていても」 早くもポスターに登場

もう立秋も過ぎ、空高く秋の雲が・・・と思っても地上は恐るべき暑さですね。ちょっと遅れ気味で恐縮ですが、TOP HAT News第95号(2016年7月)をエイズ&ソサエティ研究会議HATプロジェクトのブログに掲載しました。 http://asajp.at.webry.info/201608/arti…

『ケニア開催のTICADに参加し、アフリカと日本の人々の声を届けたい!』 続報

昨日お伝えした第6回アフリカ開発会議(TICADVI)参加のためのクラウドファンディングは、目標の125万円を突破したようです。 readyfor.jp 心なしか昨日は支援を申し出られる方が増え、ファンディングが加速したような印象も受けます。その何十分の一かはお…

『ケニア開催のTICADに参加し、アフリカと日本の人々の声を届けたい!』 稲場さんから

リオ五輪の影に隠れてあまり目立ちませんが、第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)が8月27、28日の2日間、ケニアで開かれます。TICADは日本が主導する開発分野の重要な国際会議で、1993年の第1回から2013年の第5回までは、5年に1度、日本にアフリカ諸国の指導…

ところで、aktaにも来ないかな・・・エルトン・ジョン卿続き

こちらはダーバンの第21回国際エイズ会議の公式サイトに掲載されたDaily Reviewの3日目の報告から。 AIDS 2016 Daily Review - Thursday, 21 July 「インクルージョンと人権の尊重がなければ、いくら科学的成果を積み重ねてもエイズの流行を終結させることは…

エイズ流行を終結させるには愛が必要だ 第19回国際エイズ会議(2012年7月)におけるエルトン・ジョン演説

(前置きの前置き) ダーバンの第21回国際エイズ会議(AIDS2016)が終わったばかりのこの時期に、紛らわしい投稿をして恐縮ですが、4年前に米ワシントンDCで開かれた第19回国際エイズ会議(AIDS2012)で英国のロックスター、エルトン・ジョンさんが行った演…

エイズ終結に関する国連総会ハイレベル会合の教訓

(解説) ダーバンの第21回国際エイズ会議(AIDS2016)が閉幕しましたね。遠い極東の島国からはなかなかフォローできませんでしたが、だんだん情報が入るようになってきました。国連合同エイズ計画(UNAIDS)が仕掛け人だと思いますが、6月の国連総会ハイレ…

英国のヘンリー王子とエルトン・ジョン卿が参加 第21回国際エイズ会議 

(解説)イギリスのヘンリー王子とエルトン・ジョンさんが21日、南アフリカのダーバンで開かれている第21回国際エイズ会議でHIV/エイズとの闘いにいま手を緩めてはならないと対策の強化を呼びかけました。遠く離れた極東の島国にも動画中継などは届くのです…

『恋のブギウギトレイン』をSDGsのテーマソングに 第25回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~の会場で記者会見

東京・南青山のスパイラルホールの正面に6色の虹の旗。7月9日(土)からシネマート新宿で開かれていた第25回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~が15日(金)からスパイラルホールでも始まりました。 http://rainbowreeltokyo.com/2016…