HIV感染報告減少の背景は・・・

メルマガ東京都エイズ通信第150号が発行されました。今年に入って2月16日まで約1カ月半の東京都への新規HIV感染者、エイズ患者報告数は以下の通りです。 ************************************* ● 令和2年1月1日から令…

『容易ではないが可能性はある』 COVID-19封じ込めについて(中島教授のFBから)

新型コロナウイルス感染症COVID-19の流行について、実地疫学の専門家である大東文化大学の中島一敏教授が、厚労省の発表など現時点で得られる情報をもとに国内の状況と今後の対策の可能性について、ご自身のブログで分析を行っています。非常に勉強になり、…

COVID-19アウトブレークの間、HIV陽性者が治療を継続できるようUNAIDSと中国が協力 UNAIDSプレスリリース

中国のCOVID-19の流行について、UNAIDSが2月19日、プレスリリースを発表しました。HIV陽性者が受けている影響についての調査報告です。内容はしっかり取り組んでいますというアリバイ的な印象もありますが、やらないよりはまし。その日本語仮訳です。 COVID-…

COVID-19臨床経過 高山さんの概念図が分かりやすい

著名な臨床医であり、現在は厚労省で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策にあたっている高山義浩さんが、これまでの各種報告に基づき、「典型的な臨床経過」を概念図にまとめ、Facebookに公開されました。ほ~っと感嘆のため息をつきたくなるほど分か…

『ゴールなき闘いは続く』 エイズと社会ウェブ版454

現代性教育研究ジャーナルの連載コラム『多様な性の行方』の第34回(2020年2月15日)です。No107(2020年2月15日)の10ページに掲載されています。 www.jase.faje.or.jp オーストラリア女子ハンドボール代表のハンナ・マウンシー選手については、連載第29回…

21世紀HIV/エイズ関連年表2(2006~2008)

2006年から2008年まで3年間の主な出来事です。 2001~2005年は年表1でご覧ください。 miyatak.hatenablog.com 【2006年】 1月13日 国連総会議長がコミットメント宣言検証のハイレベル会合に市民社会の参加を呼びかける書簡 https://asajp.at.webry.info/2006…

寒空に陽が差す日々を待ちわびて

春まだ遠く、新型コロナウイルスが気になる2月ですね。 昨日の日曜日は風が冷たかったけれど、好天に恵まれ、材木座海岸から見た富士山も見事でした。真っ白ですね。 少し方角を変えると、沖合には遠くかすかに伊豆大島。手前の海では水鳥のようなサーファー…

ランセット誌が中国Stringer(現地レポーター)の「絶望的なお願い」を掲載 エイズと社会ウェブ版453

英国の医学専門誌ランセットのウェッブ版にリチャード・ホートン編集長が《新型コロナウイルス(2019-nCoV)流行下における「絶望的なお願い」》と題した論評を掲載しています。 Offline: 2019-nCoV—“A desperate plea” https://www.thelancet.com/journals/…

国立国際医療研究センターのスタッフが症例報告 新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染症

連日の報道が続いている新型コロナウイルスについて、日本感染症学会の公式サイトに『新型コロナウイルス(2019-nCoV)への対応について』という特設ページが開設されています。 www.kansensho.or.jp このページでは医療従事者向けと一般市民向けにそれぞれ…

中国における新型コロナウイルスの流行についてUNAIDSがプレス声明 エイズと社会ウェブ版452

中国における新型コロナウイルス(2019-nCoV)の流行について、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が2月6日、プレス声明を発表しました。このところプレス声明がUNAIDSの得意技になってきたような感じもします。 www.unaids.org 書き出しの部分では、新型ウイルス…

残念ながら効果なし HIVワクチン臨床試験HVTN702は中止に エイズと社会ウェブ版451

南アフリカで進められていたHIVワクチンの大規模臨床試験HVTN702の中止が2月3日、米国立衛生研究所(NIH)の国立アレルギー感染症研究所(NIAD)から発表されました。 中間評価の段階で、対象となるワクチン候補にはHIV感染の予防効果はないという結論に達し…

おお、白星発進 サンウルブズ 36 - 27 レベルズ

サンウルブズにとってはスーパーラグビー最後のシーズンが1日、幕を開けました。なんと初戦は、同じオーストラリアカンファレンスのレベルズに快勝。最終航海は幸先の良い船出となりました。 www.sanspo.com スーパーラグビーのサイトにはさっそくハイライト…

引地川富士鮮やかに春近く

昨日に続いて暖かい一日だったので、江ノ電で鵠沼海岸に繰り出しました。 芥川龍之介晩年の短編『蜃気楼』に出てくる引地川河口付近です。富士山の存在感が見事。鎌倉の稲村ケ崎付近から見るより、ひときわ近くに見えます(ま、ズームで撮ったということもあ…

日本記者クラブ会見シリーズも追加 HIV/エイズ関連年表

1月19日に掲載した21世紀HIV/エイズ関連年表1(2001~2005)はその後、新たに把握できた項目を少しずつ継ぎ足しています。通して読まれる方は少ないと思いますが、初出に比べるとかなり項目が増えました。 miyatak.hatenablog.com 大口は東京・内幸町の日本…

『健康は富裕層の特権であってはならない』UNAIDSリリース エイズと社会ウェブ版450

1月21日から24日までスイスのダボスで開かれている世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の開会に際し、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が発表したプレスリリースの日本語仮訳です。 今年のダボス会議のテーマは「Stakeholders for a Cohesive and Sustain…

いまだからこそ:経験を生かすには エイズと社会ウェブ版449

たまたまではありますが、HIV/エイズ関連年表作成の下調べを細々と続けていたら、『エイズと新型インフルエンザ 警告と持続的報道の難しさ』という拙文が見つかりました。日本記者クラブ会報No.469(2009年3月10日)のワーキングプレスというコラム欄に載っ…

『HIV感染症の専門医が徹底解説!』(akta youtube channnelから) TOP-HAT News137号(2020年1月)

2020年も1月の半ばを過ぎると、いろいろと動き出しますね。中国の新型コロナウイルスによる肺炎のアウトブレークでは、日本国内でも発症例が報告され、新聞やテレビのニュースでさかんに取り上げられるようになりました。 国内においては久しぶりの新興感染…

21世紀HIV/エイズ関連年表1(2001~2005)

HIV/エイズ対策に関連して、こんなのがあったらいいなとかねがね思っていたものの一つに、21世紀に入ってからの年表があります。 ただし、いまどきエイズの年表なんて・・・ということで、必要性を感じる人は、私のようなもの好きを除けば、そう多くないのか…

『カミングアウト10年の時差』 エイズと社会ウェブ版448

引き続き昨年の話で恐縮ですが、現代性教育研究ジャーナルの連載コラム『多様な性の行方』第33回(2020年1月15日)はラグビーW杯の話題をもう一つ。なにせ国内でラグビーに対する関心があれほど盛り上がるとは思わなかったもんで・・・。田中史朗選手でなく…

昨年の東京の新規HIV感染者・エイズ患者報告数は?

メルマガ東京都エイズ通信第149号が16日(木)、配信されました。月の終わりに出ることが多いのですが、1月はかなり早めに配信されています。 昨年1月1日から今年1月5日までの東京都への新規HIV感染者、エイズ患者報告数は以下のようになっています。***…

U=U国際シンポ報告 感想編 エイズと社会ウェブ版447

前日の報告に続き、U=Uというコンセプトを日本の国内でどう受け止めていったらいいのかについて考えてみます。 13日の国際シンポで、コメンテーターとして発言した日本HIV陽性者ネットワークJaNP+の高久陽介代表は、その発言の趣旨をもとに整理した考え方をF…

U=U国際シンポ報告 エイズと社会ウェッブ版446

U=Uに関する国際HIVシンポジウム in Tokyo ~「感染しない」は 本当か?~ 2020年1月13日(月・祝)14:00~16:30、国立国際医療研究センター大会議室 『U=U』は、Undettectable(検出限界値未満)= Untransmittable(感染しない)の頭文字であり、HIVに感染…

スタンドは2万を超える大観衆 トップリーグ開幕

前日の大学選手権決勝に続き、12日はトップリーグの開幕戦8試合が全国で行われました。 しかも、BS各局では以下の3試合の中継放送もありました。 パナソニック - クボタ(熊谷、観客1万7722人) BSテレ東 神戸製鋼 - キャノン(神戸、観客2万3004人)BS日テ…

ラグビー大学日本一は早稲田

ラグビーの全国大学選手権決勝は、早稲田大が45-35で明治大学を破り、令和最初の大学王者となりました。新しい国立競技場で行われた最初のラグビーマッチです。人気カードということもあって、スタンドは5万7345人の観衆で埋まりました。 www.sanspo.com 早…

HIVと人権・情報センターが解散

HIVにかかわる全ての人々に支援や働きかけを行ってきた特定非営利活動法人HIVと人権・情報センター(JHC)が、昨年末で事業を終了しました。公式サイトに掲載されたお知らせによると、『2019年9月30日に法人を解散し、同年12月を以て事業を終了させていただ…

米国のPrEP薬無償配布プログラム『Ready, Set, PrEP』 エイズと社会ウェブ版445

鳴かないホトトギスを前にして、殺すのでも待つのでもなく、鳴かせてみようといったのは戦国のどの指導者だったでしょうか。米国のトランプ政権はHIV感染のPrEP(曝露前予防)という予防手段の普及拡大をはかるため、感染リスクの高い人を対象にしたPrEP薬の…

冬空に飛行機雲のすれ違い

お正月の三が日は過ぎたものの、鎌倉の中心部は初詣客で大変な人です。ちょっとお昼を食べようと思っても、お店はどこも満員です。 しょうがないなあということで、少々、すきっ腹を抱えて海辺に出ました。ま、お昼は力餅家で買ったお餅が残っているし・・・…

大学ラグビー決勝は早明伝統の一戦に

正月2日は東京・秩父宮ラグビー場で全国大学ラグビーフットボール選手権の準決勝2試合が行われました。ただし、この寒さでスタンドに行ったら、たちまち風邪をひいてしまうので、私は例によってTV観戦です。結果は・・・。 早稲田大 52 - 14 天理大 明治大 2…

『LGBTヒストリーブック 絶対に諦めなかった人々の100年の闘い』 読後感想文

アメリカでジェローム・ボーレン著『Gay & Lesbian HISTORY FOR KIDS』が刊行されたのは2016年のことだった。副題は『The Century-Long Struggle for LGBT Rights』となっている。この部分を訳者の北丸雄二さんは『絶対に諦めなかった人々の100年の闘い』と…

年の瀬に海輝いて波を待つ

年末年始のお休みがスタートしました。さすがに師走の風は冷たいけれど、昼前に海岸に出てみると、日差しはまぶしいほどでした。 由比ガ浜沖。海面の照り返しで、とくに海辺は暖かいですね。写真だと逆光気味になって周りが暗く見えますね。でも、実際には底…