国際セクシュアリティ教育ガイダンスを改定 エイズと社会ウェブ版321

ユネスコが中心になってまとめたInternational Tchnical Guidance on Sexuality Education(国際セクシュアリティ教育ガイダンス)の改訂版が1月10日に発表されました。私は国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されたFeature Story(特集記事)…

第31回日本エイズ学会報告『治療の進歩がもたらす希望と試練』 エイズと社会ウェブ版320

本日発行の現代性教育研究ジャーナルのN082(2018年1月15日)に第31回日本エイズ学会報告『治療の進歩がもたらす希望と試練』を掲載していただきました。連載コラム『One Side/No Side』を1回お休みして学会報告に集中してほしいという編集部からのお許しも…

急がず、されど休まず 「はじめに」で綴るエイズ対策史その8

HIV/エイズ分野の話題を中心に毎月1回発行しているTOP-HAT Newsの巻頭報告を集めた《「はじめに」で綴るエイズ対策史》のその8をTOP-HAT Forum(東京都HIV/AIDS談話室)のサイトの資料室欄に掲載しました。東日本大震災の翌月の2011年4月号からエイズ流行30…

海晴れて 稲村ケ崎 冬の富士

寒い、寒いと言われていたわりには穏やかなお天気でしたね。ぽかぽか陽気に誘われて稲村ケ崎に繰り出しました。元日には雲に隠れて見えなかった富士山に再チャレンジしよう・・・。 見えました。江の島、富士山、そして七里ガ浜。空には雲。ただし、ご覧の通…

いいことは それなりにある 年はじめ

明けましておめでとうございます。2018年が波乱の年になるということはたぶん免れないだろうし、元日のお天気に過剰な予測をしても仕方がないのですが、鎌倉はことのほか暖かく、穏やかな年明けとなりました。 こりやぁ、鶴岡八幡宮は大変な人だぞと思い、初…

年越しそばの後は、年明けうどんで温もるか・・・ 鎌倉年の瀬散策2

鎌倉の初詣といえば、鶴岡八幡宮ですね。お参りする人は毎年200万人をこえるということです。 おっと、こちらは材木座の元八幡。康平6年(1063年)に源頼義が前九年の役の後で陸奥から京に戻る途中で鎌倉に立ち寄り、建てた神社だそうです。あまり知ったかぶ…

2017年を振り返る TOP-HAT News 第112号

いろいろあった2017年も間もなく最後の1日。どんな1年だったのか。TOP-HAT Newsの2017年最終号で振り返ってみましょう。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース) 第112号(2017年12月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆…

大丈夫、妖怪はめったに出ません 鎌倉年の瀬散策

年の瀬寒波で今日も寒いぞ!と身構えつつ外出・・・あれ? 意外にあったかいね。風がないせいかな。民家の庭先でも、青空をバックに夏ミカンが光り輝いています。 ということで、老人性散策にはまずまずの日より。あわただしい街の様子をしり目に、鎌倉駅前…

年間を通じて横ばい傾向 東京都の新規HIV感染者・エイズ患者報告

メルマガ「東京都エイズ通信」の第124号が発行されました。 archives.mag2.com 毎月発表されているHIV感染者・エイズ患者報告数の速報は以下の通りです。年間を通して横ばいの傾向でした。 ◇ 平成29年1月2日から平成29年12月24日までの感染者報告数(東京都…

キャンペーン資料日本語版をUNAIDSが正式採用 エイズと社会ウェブ版319

ご報告が少々、遅れてしまいましたが、国連合同エイズ計画(UNAIDS)の世界エイズデーに向けたキャンペーンのブローシュア日本語版がUNAIDS公式サイトに紹介されています。 https://trello.com/c/6T0IQYXd/3-world-aids-day-brochure-in-english-french-japa…

『デジタルとソーシャルメディアの2018年トレンドをさぐる』 米サイト HIV.govから

米国政府のHIV啓発サイト HIV.govのブログ欄に『Digital and Social Media Trends to Watch in 2018』というタイトルの投稿がありました。日本語に訳すと『デジタルとソーシャルメディアの2018年トレンドをさぐる』といった感じでしょうか。 投稿者はHIV.gov…

「Tシャツじゃないんだから」では少々、要約が過ぎますが・・・differentiated care エイズと社会ウェブ版318

国際エイズ学会(IAS)が『differentiated service』のベストプラクティスの事例報告を募集しています。英文のままで恐縮ですが、IASの特設サイトも設けられているので、ご覧ください。提出締め切りは2018年1月24日となっています。 http://www.differentiat…

大変だ、現世に戻ろう  

一日限定の暖かい土曜日でしたね。明日からはまた寒くなりそうです。 こういう日に限って電車が止まるといいますか。東京に出る予定があったので鎌倉駅まで行くと、なんと京浜東北線の川崎駅と鶴見駅の間で架線が切れましたということで、横須賀線も東海道線…

『隠されることで生まれる脆弱性』 エイズと社会ウェブ版317

現代性教育研究ジャーナルNo81に掲載された連載コラムOne side/No sideの第9回です。こちらでPDF版をご覧ください。 www.jase.faje.or.jp 今月号は巻頭が、第18回JFS性科学セミナー報告「これからのオチンチンの話をしよう 男性セクシュアリティへの理解と支…

2018年の助成対象事業を公募 エイズ予防財団

すいません。金額は控え目ですが・・・。 HIV/エイズ分野の支援や啓発活動を資金面から支える公益財団法人エイズ予防財団の助成事業が2018年度助成対象の公募を開始しました。 対象となるのは以下の2つの分野です。 (1)エイズ患者・HIV感染者等に対する社…

この部屋の片隅に星を エイズと社会ウェッブ版316

関西を中心に活動を続けるCHARM(Center for Health and Rights of Migrants)の公式サイトに《女性HIV陽性者交流会交通費のためのパロル販売と寄附のお願い》が掲載されています。 女性HIV陽性者交流会交通費のためのパロル販売と寄附のお願い – CHARM 受け…

『いま HIVでは 死にません』 エイズと社会ウェブ版315

大阪でHIV検査を受けるにはどこへ行けばいいのか、その検索ができるサイトです。トップページにはなぜか国立病院機構大阪医療センターの白阪琢磨先生が白衣姿で登場しています。HIVのIをやすやすと抑え込んでいる印象ですね。 osaka.hivkensa.jp 「死にませ…

来年は「チューリップ革命」かな エイズと社会ウェッブ版314 

それとも、チューリップ・バブル?・・・などと憎まれ口をたたいてはいけませんね。老人閑居してひと言余分。ぼちぼち来年の話も始めましょうか。もういくつ寝ると2018年になり、7月には第22回国際エイズ会議(AIDS2018)がオランダのアムステルダムで開かれ…

「栴檀(せんだん)」と「双葉」はどっちが芳しいかという話ではなくてぇ・・・

寒い日が続いていましたが、今日は少し穏やかなお天気でしたね。久しぶりにお散歩に繰り出しました。 鎌倉駅に近い本覚寺の境内。夷堂の前です。もう初えびすの準備が始まっていました。お正月には石段手前の赤い枠に提灯がずらっとぶら下がります。ところで…

『HIV予防と治療に過去最高の成果 新たなPEPFAR成果報告を発表』

ドナルド・トランプ大統領の声明と同じ11月30日に米国政府の大統領エイズ救済緊急計画(PEPFAR)の公式サイトには、PEPFAR最新成果報告のプレスリリースが掲載されました。その日本語仮訳です。大統領声明とあわせて一本!という感じでしょうか。 PEPFARの支…

2017年12月1日の世界エイズデーに寄せるドナルド・J・トランプ大統領の声明

トランプ政権の発足で米国のHIV/エイズ対策はどうなっちゃうのか。あるいはなっちゃったのか・・・。日本国内でもこの一年、HIV/エイズ対策関係者の間では「ほんとに、どうなっちゃうんでしょうねえ」といった会話が、かなり大きな懸念とともに交わされるこ…

『HIV陽性者はなぜ予防に取り組むのか』 TOP-HAT News 第111号

感染を公表しているかどうかは別にして、私の周囲には、そしておそらくは皆さんの周囲にも、たくさんのHIV陽性者が暮らしています。(あっと、しまった。もちろん、皆さんの中にはHIVに感染している人も、していない人も、しているかいないか知らない人もい…

男性は『Blind Spot(死角)』 UNAIDS世界エイズデー報告書

国連合同エイズ計画(UNAIDS)が2017年世界エイズデーに発表した報告書『blind spot』は男性に焦点を当てています。そのプレスリリースの日本語仮訳です。 『女性、少女のHIVリスクを高めている不平等に取り組むこと』が現在のHIV/エイズ対策の最優先事項で…

2018サッカーW杯のUNAIDS特別大使にビクトリア・ロピレヴァさんを任命

2018年のサッカーW杯ロシア大会のグループリーグ組み合わせは世界エイズデーと同じ12月1日午後6時日本時間2日午前零時)からモスクワ郊外のクレムリンパレスというコンサートホールで開かれるそうです。その前日の11月30日に同じくクレムリンパレスでUNAIDS…

「こけしオカン」はなぜ参上したのか エイズと社会ウェブ版313

コミュニティアクションのFeatures欄に昨日、《こけしオカン 一部で人気沸騰中》というニュースを掲載しました。さすがに沸騰しているのは『一部』なので、まだ知らない人の方が多そうですね。 www.ca-aids.jp 公益財団法人エイズ予防財団の「男性向けHIV検…

横ばいはコメントしづらい・・・などと言わずに

メルマガ「東京都エイズ通信」の第123号が発行されました。 archives.mag2.com 毎月発表されているHIV感染者・エイズ患者報告数の速報は以下の通りです。 ◇ 平成29年1月2日から平成29年11月26日までの感染者報告数(東京都) ※( )は昨年同時期の報告数 HIV…

ミシェル・シディベUNAIDS事務局長がメッセージ 2017世界エイズデー

12月1日の世界エイズデーに向けて、国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シディベ事務局長のメッセージが、プレスステートメントとして発表されました。 今年のエイズデー・キャンペーンのテーマである『健康の権利』がメッセージでも強調されており、…

極私的『BPM』試写会報告 エイズと社会ウェブ版312

TOKYO AIDS WEEKS 2017(東京エイズウィークス)のオープニングイベントとして、映画『BPM (Beats Per Minute)』の特別試写会が23日夜、なかのZEROホールで開かれました。 1990年代前半のACT UP パリの活動の様子を描いた映画です。といってもノンフィクシ…

どこであれ、健康の権利があいまいにされるところでは、HIVが広がる UNAIDSが新報告書

世界エイズデーを前にして、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が新しい報告書を発表しました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。 UNAIDSは毎年この時期に報告書を発表し、世界のどこかでそのお披露目の会合を開いています。プレスリリースを見ると、今年は南…

♪夜明けのコーヒー~  中野駅にもレッドリボン エイズと社会ウェブ版311

中野駅北口と駅前の中野サンモール商店街にレッドリボンのバナーが登場しました。こちらは駅の改札口の前。 シャッターが半分、降りています。いつもたくさんの人が行きかうステーションがしばしの休息にまどろむとき。状況から察するに18日の未明でしょうか…